FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

井内澄子先生が亡くなられてしまった! - 2020.06.20 Sat


6月5日に井内澄子先生が亡くなられたとのこと、ショックを受けています。

大学時代にずっと「ピアノのおけいこ」(NHK)を拝見し、幼少期からピアノ演奏に関して具体的なことは何も教わらずに至った自分でしたから、井内先生のテレビでの指導法から「創意工夫」「試行錯誤」の大切さを学び、結局今に至っているようなものです。
師事したいと思っても、当時は外部の先生に習っていることがバレようものなら教授会で取り上げられましたから、テレビから自分の曲に置き換え、練習方法を考えたものです。

1989年、JPTA(日本ピアノ教育連盟)の公開レッスンで、娘が井内先生の指導を受ける機会を得ました。
度々「まぁ、小さい手で、何てお利口さんなんでしょう!」連呼。娘は年中さんの11月にピアノを始めたばかりの当時小1夏。J.S.Bachの小プレリュードBWV 935と927、辛うじて弾いたと言うのに、勿体ないような熱心なご指導を受け、30分で鳴るタイマーは無視、先生の方が楽しまれていたようなイメージでした(半分親馬鹿)。…当時のJPTAのオーディションは小1〜3で括られ課題曲が組まれていたので、難易度の高すぎるそれらの曲は本人共々苦労しました。私は、「直接井内先生のレッスンに触れさせたい!」以前に、「娘へのレッスンを通じ、私自身教え方の工夫を学びたい」だったのかも……💦
翌日にお礼の手紙をお送りし、お返事も直ぐに頂き、雑談に加え、「奥さんのお子さんだったのですね。疑問氷解です!」と書かれてあったのを憶えています。『親と子のピアノ教室』というご著書が同封されてあり、夢中で読みました。
素晴らしい内容はピアノ教師をしている生徒たちにも是非読んで欲しいと長年思い続けていましたが、便利な世の中になり、貸出用としてAmazonのユーズドで数冊入手したほどです。

オーディション以来、年賀状のやり取りだけは続いていました。いつも先に頂いてしまうものですから、今年こそ!!と先にお送りしました。第28刷にもなった『こどものチェルニー』の楽譜(学研)を購入したご報告、お返事には「私は年賀状作戦失敗しました」とのことでしたが、第 II、III巻をお贈りくださるとのこと・・II、IIIも27刷と7刷のものながら購入させて頂いており、その旨をお伝えせねば、と思っていたところに、1月22日には下のURL、「NHKのひるまえほっと」のご出演!
お元気そうでとても嬉しくて「今度こそお手紙を!!」と思うのに、世の中コロナコロナに移行…落ち着いてペンを取る気持ちのゆとりもなく、漸く「書こう!」と思い立ち、その後もお元気に違いないけれど……と何気なく検索したところ、お弟子さんの白水芳枝さんのブログでの書き込みに行き着き、ご逝去を知ったという次第です。厚かましくその後白水さんに、1月のテレビ以降から4月、5月あたりの井内先生のご様子もお尋ねし、教えて頂きました。

娘の公開レッスンのカセットテープは「過去のお宝」になってしまいました。

8229846_2329412977_3large.jpg


ご冥福をお祈りし、心から感謝を申し上げます。


昭和48年『ピアノのおけいこ』発掘!動画も公開!

今年の1月22日に拝見したNHKの『ひるまえほっと』は以下です。
1年でピアノがこんなに!?47年前『ピアノのおけいこ』


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1431-04000a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

更に井内澄子先生 «  | BLOG TOP |  » 服部克久氏を悼む

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する