FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

今年も文明の利器に振り回される(3)- 車 - - 2020.02.20 Thu


(2020年6月に記載)

既に書いたかどうかすらも忘れた夫の検査。

3月3日にほぼ地元の大学病院にて全身麻酔で検査することになっている「上腕骨骨腫瘍」は、100万人に1人罹るか罹らないかという確率の疾病。

けれどもその前に、2018年2月に手術をした「食道アカラシア」の年1回の定期検査を20日に控えている。この病気は10万人に1人罹るか罹らないかという確率。
奇病にはよほど縁があるらしい・・

宝くじ当選の確率を使い果たしているのでは??

それは兎も角、食道アカラシアの検査、夫はキシロカインにアレルギー反応を起こすので、眠らせて調べる常。
だから往復はいつも電車。付き添う私が夫の車を運転出来れば良いのだが、自分の車が小さな小さな軽自動車となってからは、アルファードなど鼠から見た象に思えて、とてもとても・・かつて1984年頃から15年間ほどは夫のワゴン車しか運転せず、逆にボンネットのある車は怖くて敬遠していたというのに。

でも…去年買い換えたサイズの夫の車なら…20日はひょっとすると私が運転して往復出来るかもしれない!
事前に練習しよう!夫には助手席に座ってもらい、私の運転練習に付き添ってもらえば良いのだわ!と思い立った。
近所の車の教習所のコースは、教習の終わった夜の時間帯を「運転練習」として開放している。コース使用料は3000円位だったか?

直前になって夫の運転で教習所に出向いた。
着いて座席を左右替わり…夫のひと言目は「鍵はオレが持っているから」…??「貸してよ」…「いや、オレが持ってる」???そして「はい、エンジンかけて!」益々????
「ボタン押して!」と言われても、何のボタン?状態の私。夫はフキゲン。
やっっとボタンを押してエンジンをかける仕様であると判明。
事前に言ってよ…内心フキゲンな私…

ミラーも手動ではないのね。ボタンだかレバーだか、角度の感覚も掴めない。そもそも真っ暗な車内、何が何処にあるのかは全くもって不明。中古の「軽」だけを運転している間に、世の中の車はすっかり変わった模様。

「もっと右を走って!」に、え〜〜〜〜っ!?
停止する度にブロブロブロ…とエンジン音が止まる。
車庫入れの指示も画像見ながら指令されてもチンプンカンプン・・・目視は駄目〜??

という訳で、結局2日後に豊洲まで運転するなどとんでもない!!問題は発車と停止と車庫入れだけなのかもしれないが、こんなにしんどい作業は久々だったよ・・・

そして、当日はこれから検査の本人が運転をし、眠らされて受けた検査後、本人が運転をして何も問題なく帰宅となりました。
私は医師の説明を聞くだけの人。
眠り薬(?)が切れる時間も含めた待ち時間は、景色を眺めたり、翌週の勉強会の資料をパソコンで打つなど、余り意味のない付き添いとなったのでした。
検査結果は、「又1年後に」のレベル。さほどの悪化も無さそうでした。気になったのは「憩室がありますね」と言われた位でしょうか。

あ、車の話でしたね。

逸れついでに、購入したばかりのスマホで撮った写真でも載せておきます。

8229846_2329094747_129large.jpg

8229846_2329094746_170large.jpg

8229846_2329094745_19large.jpg

8229846_2329094740_130large.jpg

8229846_2329094739_23large.jpg

https://video.fc2.com/content/20200615Pk20ZyWa



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1422-3dd9a65a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020/02 勉強会 «  | BLOG TOP |  » 今年も文明の利器に振り回される(2)iPhoneのこと

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する