辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

信州行き(8) - 2019.04.13 Sat


(4月11日)
前の晩は、すっかり遅くなっての到着。
どんな景色なのかも全く分からないほどで。

瀟洒な、しかも必要なものは全て揃っているペンション。
早朝に目覚め、まずはカーテンを開け、網戸越しに外を見てみる。

8229846_2307460246_81large.jpg

8229846_2307460241_133large.jpg

8229846_2307460239_105large.jpg

朝食。
ピアノがある!
鳴らしてみた。ハンマーフェルトがモコモコになっているようだ。
調律・整音をしたなら、ここでちょっとした演奏会も出来そう。

可愛いくまさんの縫いぐるみが

8229846_2307460236_124large.jpg

美味しい春野菜の数々。(Instagramは習慣付かず、いつも食べてしまってから「あ!撮り忘れた!」と気付く。
それでも以下を記録。

8229846_2307460237_75large.jpg

8229846_2307460238_27large.jpg

アトリエに向かう。相変わらずの道順ながら、天気次第で1回として同じ風景は無い。

8229846_2307460235_9large.jpg

8229846_2307460233_122large.jpg

8229846_2307460232_203large.jpg

8229846_2307460231_192large.jpg

8229846_2307460230_230large.jpg


前の日に隣家のYさんが雪を掻いてくださったお蔭と、仰せの通りの地熱とで、難なく裏庭に車は上ることが出来た。

一晩寝ると頭は動くようになるものだ。
前日終わらせた状態の写真↓のみならず、まだまだ2階各部屋にも広いクローゼットにもキッチンにも山ほどの荷物、洗面所も風呂場も物に埋もれているが、「どうするか」と考えることが出来るようになり、ともあれ分別しながら片っ端からポリ袋に詰め込む・・・

8229846_2307460348_136large.jpg 8229846_2307460350_215large.jpg 8229846_2307460351_56large.jpg 8229846_2307426136_80large.jpg


家に持ち帰って使える物などは梱包。
段ボール箱も(Amazonなどの)今回のため捨てずにおき、緩衝材もガムテープと共に沢山持って来てある。
緩衝材にくるんで丁寧に入れ、ガムテープで封をしては中身をマッキーで上書き。

捨てるものは杉並区の分別に従って入れて、可燃ゴミの余りの多さに辟易していたところ、何と!隣家Yさんが、可燃ゴミは軒下にでも纏めて置いておけば少しずつ後日運んで下さる、と仰る。お言葉に甘えることにした。
よって普通の半透明の袋に入れ、宿に向かう時に大町市指定のゴミ袋を購入することにした。可燃ゴミの持ち帰りが無くなったので、そのスペースを「お持ち帰りの遺品」に充てることが出来るではないか!!感謝。常に「遠くの親戚より近くの他人」の有難さを痛感。

「五月人形」という大きな箱がある。開きかけたが、とても古い新聞紙に飾りがひとつずつ包んである様子。そのまま持ち帰り、東京で判断することに。作業の手は止めていられないから。
鍋釜食器の類いも、充分使える物は我が家で使っている割れかけた物や余りに酷く古い物と入れ換えるべく詰める。

火災で半分燃えたり溶けたり、開くことも出来ないようなアルバムは諦め、可燃ゴミに。きっと義父にとっては自分の歴史だったのだろうが、焦げと放水での傷み様…ページはぴったりくっついて開けない。義父の心を推し量ると筆舌に尽くせぬ。
途中で今回も娘にスマホで、杉並の「粗大ゴミ」の大きさや「不燃ゴミ」に大きさ制限があるのか、など尋ねながら。

・・・と、こんな作業を又しても黙々と夕方まで行い、疲れたね〜、疲れたよ〜・・・
軽く休憩をはさみ、もうひと踏ん張りして、車に詰む予測を立てる。

アトリエを後にする。

(順不同)

8229846_2307460347_165large.jpg

8229846_2307460328_223large.jpg

8229846_2307460329_160large.jpg

8229846_2307460344_32large.jpg

8229846_2307460337_231large.jpg

8229846_2307460339_52large.jpg


大町市指定のゴミ袋を買い、宿で頂いたすずむし荘の温泉半額券にて温泉に浸り、遅れて予約した宿の食事にありついた。
お馴染みのくまさんの縫いぐるみ。「美味しいですね」と話しかけて来そう!

8229846_2307460326_253large.jpg

Instagramはどうしても習慣付かず、半分以上食べてから「又撮り忘れた!!」の常。特に疲れていると夢中で食べてしまうから。

メニューは;
8229846_2307460324_30large.jpg

とても美味しかった。
(小学生の記録のようだ・・・)








関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1408-097ed1d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信州行き(9) «  | BLOG TOP |  » 信州行き(7)

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する