FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

信州行き(5) - 2019.03.29 Fri


(3月19日)
朝6時に起きてカーテンを開けたら・・・
まさか、目の前はこんな風景だったの!?


54194762_2102946689789457_305109438711201792_n.jpg

8229846_2306085115_1large.jpg

8229846_2306085116_126large.jpg

8229846_2306085120_72large.jpg

8229846_2306085119_47large.jpg

8229846_2306085121_205large.jpg

8229846_2306085109_95large.jpg

8229846_2306085110_98large.jpg

8229846_2306085111_173large.jpg

全て、義父の絵を眺めている様。。。いや、逆か。。。このような景色により、義父の画風も育てられた?


朝ドラも見ずに開店と同時の朝食バイキングへ。
そして車に乗り込み目指すはアトリエ。

8229846_2306103224_214large.jpg

8229846_2306102307_8large.jpg

8229846_2306102367_127large.jpg

8229846_2306102305_215large.jpg

8229846_2306102287_117large.jpg


アトリエの前の景色。昔子供達と写生などしたっけ。
8229846_2306539860_177large.jpg


早朝からいらしてくださり、焼却場を何往復もしてくださったお若い方々に心から感謝!!
8229846_2306102387_21large.jpg

8229846_2306102384_222large.jpg

そして、引き続き私たちは東京に持ち帰る品々の分別作業。
作業は続くよどこまでも…どこまでも…どこまでも……


本人の知らない間に載った音楽雑誌など、親はしっかり購入・保管してあったのですね…
8229846_2306102374_120large.jpg

8229846_2306102383_187large.jpg

8229846_2306102371_72large.jpg

時々東京の娘とやり取りして、「これは何ゴミになるの?」と尋ねて教えてもらう。
「これは要る?」なども。
義母作の木目込み人形などは絶対に持ち帰って、と。
8229846_2306102380_250large.jpg
この他にも沢山あり、まずは掃除機をかけて日光消毒だろうか・・・

食器なども丁寧に、割れぬようにティッシューや緩衝材を使って、持ち込んだ段ボール箱に入れる。
鍋釜も、(多分我々が)お祝いに頂いたBesteckのセットもあり、放置出来ない。
前回の鳩時計に続き、別な掛け時計、壁掛けの鏡、額縁・・・毛布やシーツにくるみ、・・・全て、持参した緩衝材で固定し、箱はガムテープで締め、持参したマジックインキで中身を記入。リサイクルひろばに差し上げるにしても。
押し入れ家具も「リサイクル広場行き」と「我が家行き」とに分けて、中に持ち帰るべき物を入れる。
何とまぁ・・
我々の断捨離も気になっているというのに・・

義父母の荷物は「アトリエ兼別荘」とは言え、2002年暮れに東京の家が全焼しただけに、義父は大切に使っていたに違いない。いつの間にか購入したと思しき物もあるが、30年の間、父親の「持って来てくれ」に夫は逆らえずに運んだ品々だと思う。

明日は朝一番、車に積み込む。
そして更に片付け、入るものは入れる。

昨日のように暗くならぬうちに宿に帰る。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1403-a2996a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信州行き(6)-1 «  | BLOG TOP |  » 信州行き(4)-2

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する