FC2ブログ
A D M I N

2020-04

涙点プラグ - 2019.02.20 Wed


シェーグレン症候群によるドライアイが酷く、どこの医者でも「あとは涙点プラグしかありませんね」と言われて20年近くが過ぎた。
年明けからお世話になっている眼科でも言われた。
涙点プラグとは、いくらヒアルロン酸や人工涙液を点眼しても直ぐ乾いてしまう目の場合、涙が涙管へ流れて行かないように涙点をシリコン製の小さな栓で蓋をしてしまう手術法。
検索したら、こんな感じのものがヒット。
実際にはとても小さいものだそうですが…

ruitenplag-228x300.jpg

その後、膠原病全体でかつてお世話になった先生に相談したところ、通える範囲での眼科を探してくださった。
でもなぁ…と躊躇っているうちに、地元の眼科から処方されている薬が無くなりつつあり、受診。
元主治医が、手術をしてくださる先生を探してくださった話をしたところ、「あら、うちでもやっていますよ」と、いとも簡単に仰る……こりゃぁ灯台もと暗し!!
しかも 以前のように涙点に固形物を入れるのではない方法と言われる。かつてのプラグは異物で蓋をするので、どうしてもゴロゴロした感覚を持つ患者さんが多いそうだ。ではどんな方法かというと、涙点に注射針(のようなもの)でゼリーを注入するのだそうだ。ゼリーと言えば、普通は体温で溶けるイメージだが、逆に体温で固まるそうだ。
へ〜〜〜〜〜・・・とぽっかり口が開いたままになってしまった。
自然に徐々に流れて行くこともあるし、冬の乾燥時だけ注入するなど、融通も利くそうだ。
取り敢えずは目下処方されているムコスタ点眼(ムチンの目薬)とヒアルロン酸に人工涙液で春を待ってみる、ということになった。
こうしてパソコンを打っていても、パソコンの位置を可成り下にして、目も半開きのようにして目の表面が空気に直接触れないようにしていれば、辛うじて打てる訳だし。(実は半ば実験かたがた頻繁に打ってみている)
ピアノの譜面台上の楽譜となると、目線は上向きでガバッと目を開いているし、しかも度々の瞬き必至(覚えてしまえば目を閉じて弾けばよいのだが)、初めて読むレベルの曲を避ければ済む事。

うん・・・差し当たっては、そういうつもりで過ごそう!



関連記事

● COMMENT ●

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1395-12816d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

解決した「踏んだり蹴ったり」 «  | BLOG TOP |  » 安室奈美恵さんの"Can You Celebrate?"をアレンジした想い出

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する