辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

安室奈美恵さんの"Can You Celebrate?"をアレンジした想い出 - 2019.02.20 Wed


1990年代は、生徒たちの発表会のため、その子供の可能性に合わせてアレンジ譜を作っていた。
そのことを思い出す機会が最近あった。特に連弾。ピアノは1台か2台。4手であったり8手であったり。

その1つに、安室奈美恵さんの"Can You Celebrate?"があった。
ピアノを習い始めて間もない小学3年生。その前も学校の放課後にピアノのクラスはあったものの、片手しか使わないとのことで(だったか?)、私のところに来た。習っていた筈の右手すら指関節がグニャグニャと潰れてしまって、鍵盤を押し下げられない。左手は推して知るべし。そのためのトレーニングをして、やっと何とか鍵盤を押し下げるレベルになった辺りで発表会と相成った。
「小室ファミリー」に熱く傾倒していた小3の男子、まだ楽譜も発売になっていない「Can You Celebrate?」をテープにダビングして持って来た。
早速再生させてみると、うっわ〜〜〜!!・・・今のレベルではとても無理。
でも私と2台ピアノで連弾をしたら可能かもしれない。夢を叶えてあげようじゃぁないの!!
・・・と、その日からオケパート(電子楽器パート?)の書き取りが始まった。
他にもそのように望みを叶える生徒たちのアレンジはいくつもあり、今思うと40代は若かった!

そして上記の生徒は、殆ど歌のメロディーをユニゾンで弾くだけ。弾くだけ、と言っても一応譜面の通りに読ませる。耳コピだけでは勉強にならない(逆に、どんなに楽譜が読めても「耳コピ」も出来るべき)、という私の主義主張。それ以外の音は私が全部弾くというアレンジ。

そしてめでたく発表会では本人は勿論、私まで楽しいステージと相成った・・・

その発表会の音源です。クリックで音は鳴ると思います。
プログラムも見つからず、出て来たら年月日を書きます。

"Can You Celebrate?”(ピアノ2台4手にアレンジ)

その1990年代の鉛筆による譜面は(伴奏が走り書きなので)2001年に楽譜入力ソフト「Finale」で一応清書した。
アーティキュレーションも強弱も書き入れることなく、パソコンに保管しておこう、ということで。
お使いになりたい方は、どうぞ下記をダウンロードなさってください。ご一報頂ければ有難いです。
今頃打ち忘れに気付く:第25小節からの16分音符2個組は「スイング」です。

"Can You Celebrate"のピアノ2台4手用アレンジ譜

風変わりな教師かもしれませんがね・・・そんな時間があったら演奏活動に充てたら良いのに!と仰る方も多かったのですが、生徒の喜ぶ顔見たさで・・・

以上、想い出話でした。

上記のリンク先、スマホでは何故か終わりの(大文字にします)</i></a>が表示されなくなり、文字列が表示されるという何ともな・・・お聴きになりたい、ご覧になりたいという場合には、大変お手数ですがパソコンでアクセスをお願い致します。

多分…スマホの謎が解けました。実験!!

音源
Can You Celebrate?(ピアノ2台4手)

楽譜
Can You Celebrate?(2台4手用アレンジ譜)

これで大丈夫のようで・・・何とも正直なスマホ!!寧ろ適当でも表示されるパソコン!!




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1394-ecbcdfaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

涙点プラグ «  | BLOG TOP |  » タイトルも付けられない日々

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する