辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

まむし指(4歳児)のその後 - 2018.09.26 Wed


幼児の習い事は、一人で練習しなさい、という訳にも行かず・・・
その後の報告を兼ねます。もっと早くにアップしたかったのですが、充分な練習時間も取れない夏だったので。

とても小さな手です。しかもぐにゃぐにゃ。本来の私なら「5歳か6歳になるのを待ちましょう」と言ってしまうほどです。
こんなに小さな手で、あたかも相撲力士のような海外の男性ピアニストが弾くのと同じ楽器を弾くのですから…無理があります。でもこの子供は音を出すことで、様々な理論までも(というには大袈裟ながら)音として楽しんでいるところがあるので、工夫して進めています。
例えば、音を聴いただけで「半音」か「全音」かを即答する。「半音は悲しい響きなの」と。
また、「反進行」と「並進行」も音を聴いて即答する。「三部形式のBの部分はこうなの」、と物語を言う。
楽しんでいる以上、「ピアノはやめておきましょう」は良くない!と私自身に言い聞かせました。

・5度を同時に掴むことはさせない。
・好きな童謡を、無理な手の形にならぬよう伴奏を工夫したアレンジで弾かせる。
・5度の移動には手首を左右に(脱力して)使い、第5指が鍵盤と同じ向きになること(指だけを開いて第5指が湾曲してしまう例が多くあるので)。
・親指は勿論のこと、他の指も(動画の通り、2→4の時に第4指の第2関節が潰れるなど)、それに対しては「潰れずに出せる、できるだけ小さい音で! 優しい音で!」と。世の中で頻繁に行われる「大音量を出すためには手段を問わない」と全く反対のことをしています。

「大きくなるな」と言ってもいずれ成長はする訳で…どのくらい成長するかは個人差がありますが…
私自身も6度〜7度しか届かない手で、モーツァルトやハイドンのソナタを楽しく弾けるよう、母が育ててくれたものです。
オクターブが届くようになったのは小5の終わり頃、和音として掴めるようになったのはもっともっと先です。今でも9度は届きません。・・・と言うと、私のCDでのリストなどを訝しげに思う方も多いようです。オクターヴは、拙著『ピアノと向きあう』に掲載した「割り箸を使った練習」で随分楽に掴めるようになったものです。

話が逸れました。
仕上がった曲ではありませんが、その後の手の様子を貼り付けます。
打鍵時のまむし指は殆ど良くなっています。

[広告] VPS


(追記)
↑この曲を、今日のレッスンではバランスを整え、出る範囲で強弱をつけ、つまりは表情豊かに弾けるよう、苦心惨憺・・・とても大変なことです。いくら言葉で並進行が分かっても、この小さな軽い手指で使い分けるのは…大人でも苦労する人は苦労しているのですから。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1374-681a0b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「検査の秋」を決め込んで(2) «  | BLOG TOP |  » 「検査の秋」を決め込んで

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する