FC2ブログ
A D M I N

2020-04

餅は餅屋のAppleCare(備忘録を兼ね) - 2017.01.31 Tue

日々おかしな方向に向かう我が新しいMac。

自分で勝手にあちこち開いたり実験したり…は良くない!!
いよいよAppleCareだ!!と思い立った。問題は2つ。

受話器を左手に待つこと20分。右手は机の片付け。
やっと繋がり、先ずは「縦方向纏めてズリ〜〜」(!?)が出来なくなった件。
メールを纏めてフォルダに移動したり削除したりする際、親指でトラックパッドをクリックしたまま人差し指で「縦方向ズリ〜〜(ドラッグのことです)」にて大量に選択してきたが、それができなくなっていた。
考えもしなかったことで解決!!(OS10.7.?から一気にOS10.12.3を使うことになった所為もあろうが)Shiftキーを押しながらキーボード部分の▽を押し続けると、今までの「縦方向纏めてズリ〜〜」と同じになること。(同様に△を押し続ければ、選択したものから上方向を纏めてズリ〜〜)
これで受信画面に戻ってきてしまったメールを、それぞれのフォルダに纏めて格納可能となった

もう1点は、何もクリックすらしていないのに、勝手にアイコンなりメールなりが選択されてしまう件。
先日来「アクセシビリティ」(旧ユニバーサルアクセス)のチェック印をポチッ、ポチッと押しては解決がつくか試していた時に何かを起こしたらしい。「ポインタとクリック」の3つある四角、「タップでクリック 1本指でクリック」にチェックが入っていた。これが災いしたようだ。つまりチェックを入れてあると、本来は一本指で軽くトラックパッドに触れるだけでクリックしたことになる。だからトラックパッドに手の一部がちょっと触れただけでもクリックしたと同様に選択されてしまう。
そのチェックを外したことで、今までと同様にトラックパッドをガキッ、ガキッ、とクリック出来るようになった
勝手に選択されることもなくなった
その前に、スクロールが「慣性スクロールなし」になっていたのを「あり」に直し、「ドラッグを有効にする」のチェック印を外した。
数日の不具合が一気に治った!!


・・・う〜〜〜ん、ど素人は勝手にあれこれ実験すべきではない。それも何をどうしたかを記録すらせずに。

いくらAppleCareに入っているからとて、合計1時間半以上の時間を頂いてしまった!!!(すみません
試行錯誤とはかくあるべし、と学習もさせて頂いた。基礎知識あっての試行錯誤。新しいMacの情報も知識もなく、過去の経験だけを頼りに我流で…というのは、ピアノの生徒たちを通じて何十年も経験済みではないか!勿論「大切なこと」だが、同時に「マイナス方向に行った事柄をゼロに戻るだけでも時間を喰らう」と……OS10.7までの知識と経験だけでのOS10.12の操作はどうにもならないことがある!!

それにしても実に親切!丁寧!!どこ迄も噛み砕いて説明してくださる!!!

2つ解決したら、殆どのことが解決したも同様。
あとは使い慣れるだけ?いやいや、まだまだ処理する問題満載の気もするが・・・又何か生じたら早期治療だ



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1310-ace64743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

粗忽者の日々 «  | BLOG TOP |  » 流石にうんざりの文明の利器

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する