辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

イヴリー・ギトリスの演奏会 - 2016.09.15 Thu

今年こそ聴いてきました。昨日。

ギトリスの存在は恥ずかしながら、2006年に母が亡くなった後、マンションから我が家に建てた物置に母の遺品を運んで以降のこと。CDラックから出てきた中に、何故かガムテープでプラケースが覆われたCDが出て来た(母好みではなかったのか??)。それがギトリスを初めて聴いた1枚だった。
私自身、聴くのはヴァイオリン音楽が一番好きで、勿論見つけて早速聴いた。凄い!凄い!!小品集なのだが…語彙の乏しい私には何て書いてよいか分からないほど感銘を覚えた。電車に乗ればイアフォンでiPodで聴いていた。ワクワクしてしまうほどの独特のボウイングや歌い回し。共演者の練木繁夫さんのピアノが又素晴らしい!(私が小5〜6、桐朋の音楽教室へソルフェージュだけ習いに通ったが、その時同学年にいらしたと記憶)ギトリスが自由さとどまるところを知らず、即興的にどんなにテンポを揺らそうともピッタリと合わせて行く。いや、ただ合わせるのではない。「こう弾きたいであろう」と先も見通してリードする、といった方が正しいかもしれない。
亡き父はおそらく知っていたに違いない。好んで聴いていたヴァイオリニストに違いない。もしやこのCDは父のもの?でも時代的に(大正12年生まれで63歳で他界)、当時CDの再生機は我が家にあったかしら?LP時代でも好んでSPを収集していた人ですから・・


その後も何枚か購入したり、iTunesでダウンロードしたり、購入可能なものはおそらくパソコンの中に全部持っている…と思う。

そのギトリスが今年は94歳とのこと。もっと早く生演奏に触れたかったものです。
実際、チケットを買うことには「やめた方がいいですよ」とか「がっかりするだけですよ」とのざっくばらんな意見も多く頂いたのだが・・でも聴けて良かった。

2011年の震災後には、被災地を訪れて岩崎淑さんと演奏されたことも何かで読んだ。
2013年の来日時は、我が家もバタバタとしていて演奏会は逃した。その時のDVDはある。もっと昔の、所謂Virtuoso時代のCDもDVDも手もとにある。

ともかく「ユーモア」「遊び」「心」・・・
今年は、春に来日予定だったのが入院で延期になったと何かで読んだ。あらまぁ…残念!と思っていたら、夏に今回への延期公演を知り、慌ててネットでチケットを1枚購入、一人で楽しんできた。
前半、あたかも弓の毛1本で弾いているかの如きモーツァルトとフランクのピアニッシモ。素晴らしい共演者も調律師も大変だったのでは?と思うほど。


楽しかったなぁ・・・特に後半の「当日発表」の曲々。
共演者と遊んでいましたね。

(予約購入遅れ、まさに天井桟敷と相成った)
8229846_2228661556_72large.jpg


8229846_2228661554_53large.jpg


8229846_2228661558_113large.jpg

国語は大切にすべき。疎かにしたがために、こういう感動を的確に伝えられないもどかしさ・・・あ、的確に伝えては支障が出るから、か?頭混乱。
又追って書きたい(手直ししたい)と思います。

いずれにせよ独特の弓の使い方。94歳の方ですから、今回初めて聴かれた方は吃驚なさったに違いありません。
10年前、20年前の、あのフラジオがかった音色でビブラートもかけない色がフッと別な色に変化したり、私は大好きです。素人の方でも、好みが分かれるところが、「凄い」という証拠。
若い頃のヴィルトゥオーゾとしての演奏となると、これはもう・・・言葉を失います・・・


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1282-1e578503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目のことだけ «  | BLOG TOP |  » 1ヶ月以上続く目の不調

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する