FC2ブログ
A D M I N

2020-03

婆馬鹿 - 2016.05.27 Fri

孫とは実に不思議な存在。

風呂嫌いな私は、夏冬を問わずシャワーだけで済ませることが多い。多分、留学時代の夜間電力による倹約時が尾を引いているのだと思う。夜中も練習出来るアパート住まいだった時は、1日合計30リットルのタンクでお湯を賄う日々だった。


ママの咳が悪化した。風邪ひきの夏日の週末、クーラーを後部座席に届くように点け、婿殿の実家まで何時間も車を運転した所為ではなかろうか。最近喘息すら思わせる咳の状態は、私の母譲りかもしれない。パパは仕事の都合で帰れない日も多い。
結局私が孫娘を風呂に入れることになる。
「ばぁば、いっしょにおふろはいろうね♡」(まさに♡付きの抑揚で)と言われれば、喜んででれ〜〜っと孫と一緒に湯舟にも浸かる。お湯で遊ぶ。
「ばぁば、いっしょにあそぼうね♡」と言われれば、普段なら早い夕食を済ませてうたた寝と相成るばぁばも、時間の過ぎるのを忘れて相手をしてしまう。逆か?相手をしてもらっているのかもしれない。

…と最近は、こんなことしか日記のネタもないのですが、決して孫娘の相手ばかりしている訳ではありません。孫娘も週の3−4日は保育園のお世話になっている訳ですから。私も昼間は生徒たちを何時間もレッスンし、自分の練習はささやかであっても指練習くらいはする(たとい15分であっても)。生徒たちに対しても、来た時だけがレッスンではなく、事前に考えておくことも多い(だから間際に宿題追加のメールが飛んで行ったりもする)。勉強会で扱うべき内容も考える。その合間に自分の耳鼻科や眼科を往復したり、諸々の用事を済ませたりしながら過ごしている訳です。本来ならそれで目一杯の筈が、「孫」となると無限に体力が出るようで、実に不思議です。

孫も、咳が止まらないママに優しくしなくてはいけない、でも甘えたい、という葛藤があるようで、私のところに来れば、抱っこされたり、勝手に膝に座ってきたり、あれが食べたい、あれが飲みたい、ピアノ弾いてちょうだい、歌ってちょうだい、踊るの、パソコンでおつきさまのお話を見るの、usw. usw..usw...「はいはい、いいですよ」と私・・・まさに三文安。でも、それが必要な時は三文安を心配することも逆効果ではないか。
case-by-caseで目一杯甘えさせます。私が孫に甘えているのか??


関連記事

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1272-abd29e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

孫娘、公衆トイレデビュー «  | BLOG TOP |  » 心配性ながら

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する