FC2ブログ
A D M I N

2020-04

心配性ながら - 2016.05.19 Thu

先週の土曜、分別ゴミの日(缶、瓶、プラスチックゴミ)。
集積所に出して戻る時、路肩に何か光る物が見えた。屈んで見ると、ガラスの破片が!それも1つ2つでもなく数個でもなく・・どうやら誰かが落として割ったか、その上を車が走って潰したか・・
集積所に持って行く時に落とした?とも一瞬思ったが、我が家が班の端なので、それはあり得ない。
以前だったら放置の私も、孫娘がここで転んだら!??と危惧し、箒とちりとりで掃除。ところが取れないどころか、集積所方向の隣家の家の前にもいくつか、娘たちの駐車スペースにも点在。
これはきっと道路で誰かが落とした破片を、婿殿が車庫入れの際にタイヤに付けたまま引き摺って行ったのだろう
タイヤのパンクにも繋がるので、落とした人は即刻拾い上げて持ち帰って欲しいもの。
しかも、奥深い駐車スペースは孫娘の遊び場になる時もある訳で・・・心配性のこの婆は掃除機を延長コードで繋いで、道路と溝と、駐車スペースと、延々掃除機をかけてしまいましたとさ。
娘が、念のためガソリンスタンドでタイヤを調べてもらったが、タイヤに異常はなく、ひと安心。

1週間も経ってこんな話を書いているのは、「箒が見つかった!」からであります。上の箒は、100円ショップの「卓上の掃除」程度の小さなちり取りと箒がセットになったもの。今さっき見つかった箒とて威張れるシロモノではなく、ちゃんと何十センチかの柄が付いているだけではありますが・・
掃除機を片付けついでに(中の塵や破片を一応確認)、長く気になっていた雪掻きシャベルの類、ずっと玄関に堂々と放置してあったのを、下駄箱の一段を空けて収納しました。本当に物置の無い生活って不便…雪掻きシャベル2個に普通の土を掘るシャベル、雪が降る前は屋根裏に保管してあったのでした。雪の度に屋根裏往復も何だかなぁ…と放置してあったものです。その3つのシャベルとビーチパラソルをどけたところ、何と!そこに箒が隠れていた次第…散らかし魔は居っても片付け魔の居らぬ我が家

       8229846_2213418387_155large.jpg       8229846_2212705672_182large.jpg
(一番左の青い棒は天井迄ある。物干し竿?どこのだろう??)  (ガラスの破片が混ざった土砂の一部)


ところで、今から60年近くも前のこと、道路でキラキラ輝く破片の山を見つけて嬉々とし、スカートを広げてそこに破片を乗るだけ乗せ、裾を両手で持って意気揚々と帰宅。気付いたら両手とも小さな切り傷だらけ!!忘れもしません。きっと交通事故で割れた車窓のガラス破片だったのでしょう。
子供たちの世話を引き受けていた祖母に叱られた記憶がうっすらと・・・こんな日記を書いていますが、かつては本当に考えない何とも馬鹿な子供でした・・・(あの破片だらけだったであろうスカートは誰が始末してくれたのだろう??と今頃気付いて不思議に思う

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1271-7c991b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

婆馬鹿 «  | BLOG TOP |  » ハシゴ(続き)

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する