辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

自分自身の記憶に替えて - 2016.04.20 Wed

えーーーっと・・どこ迄遡ればよいのだろう。

先ずは10日の勉強会。
プリントの表紙。(ぽちっと)

20160410hyoushi.jpg

その中に載せたのだが、某SNSで得た「千年の歴史を3分間で見る」というサイト。

3分間で1000年の国境の変遷を見る!

1600年代後半から、つまり我々が演奏するにあたり関連のある作曲家が生存していた頃のヨーロッパの国々はどうなっていたか、それを知るのに最適!!と思ったので、↑にも貼り付けました。
サイト別館にまで貼り付けました。
感じるところ多く。神聖ローマ帝国?ドイツ?オーストリア?という辺りのことです。

その勉強会の日は、4時間で終わらせるぞ!と固い信念を持って開始。
結局、もっと深く扱いたかった…という私自身の心残りと、何よりも余りに凝縮したことでの疲れ(つまり、もっと説明しておきたいことを堪えたストレス)が未だに残っています。演奏者8名を1回に詰めましたが、5名ずつ2回なり臨機応変にすべきだったかもしれません。或いは聴講者(会費は別に設定して)扱いもOKか・・そうすれば後で「私も聴きたかったのに」という意見は出ずに済む訳です。
今回も最初は「本番を控えた人の一発勝負」2名。
次に「練習方法の披露」2名。これはほんの1−4小節以内に絞って、どのように練習するか、各自の試行錯誤の発表。
そしてその後、今回は「練習中の曲の披露」。
本来、皆さんで意見を交わして欲しいのですが最近偏りがちで残念。でも全員が長々意見を述べていたら、深夜どころか夜が明けてしまう・・うーーーん・・・私の解説だけに留めるべきか。つまり非公開の公開レッスン(日本語として成立しない)。私と同意見なら安心してお帰り頂けるだろうし、別な意見があれば…それは放置出来ない…未だに迷う。


その数日後は大学病院の定期的な受診で皮膚科へ。
皮膚症状は何もないのだが、皮膚筋炎で入院していたのは皮膚科。
あれこれ雑談もして(私自身、雑談から生徒のあれこれが見えてくることもあるから、同じような意味で大切なのだろう)、現在のストレスに耳を傾けて頂いたり、薬(今回はアレグラとマーズレンのみ)の処方。

その時にも出た話。眼科の検査にせよ、ホルター心電図にせよ、オーダーを出した科はもっと早い時期に結果を知らせるだけの受診予約を入れてもよいのではないか、ということ。大問題ではなさそうだから数ヶ月先になっているのだろうが、万が一重大問題を含んでいたら?


娘から、東○で子供服のバーゲンをやっている。車を借りるか、運転してくれるか、との連絡。
私自身、子供服すら最近はインターネットでしか見ていない。実物が見たいから、と運転手をすることにして一旦帰宅。
孫娘も連れて3人で吉祥寺へ。
最近はネット注文が増えたのか、デパートだというのに閑古鳥・・(有難いことに)
ランチも待つことなくありつく。
レシートを帰宅後に見て吃驚。
「セット」は選択肢であった・・・セットにしてほんのちょっぴりの為の400円それぞれ追加はチョット高いわ


前にも書いたが、この孫娘、ブルータスが大好きで・・
九州の大地震前だったが、倒れてきては危なかろう、と背中を壁にピッタリ当てる角度に替えた。

8229846_2209168458_87large.jpg

8229846_2209168467_176large.jpg
(今現在は通路兼物置と化している息子の部屋)

そのままよく遊んでいたが、数日経ち、これではぶるーたすちゃんに寄りかかれない、と文句を言われ、その時だけ戻すことになった。石膏につき、可成り重いのだが。。。
実に面白い子だ。大きな着せ替え人形、と思っているに違いない。
目指すは「保育園の先生」だそうで、床にタオルのハンカチを敷いて、あるったけの(息子や娘や私の)お下がり縫いぐるみを寝かせ、更にタオルを掛けてトントン叩いて寝かしつけている。The Sound of Musicの中の「♬Stay awake don't rest your head……」という歌、母親が孫を寝かしつける時に使うこれを1人ずつ(一匹ずつ?)歌ってトントントン・・・

又婆馬鹿になりそうなので、ここで送信。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1259-92af91cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHKの「ストップ詐欺被害」を見るにつけ «  | BLOG TOP |  » 孫娘と音楽(婆馬鹿話)

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する