FC2ブログ
A D M I N

2020-04

バタバタ過ぎるか朦朧としているか - 2016.03.22 Tue

ブログの1行も書けないほど、何かに集中しているか、疲れて所構わずうたた寝をしているか、今月も過ぎそう。
加えて大相撲に高校野球となると…

その後もボケ婆に婆馬鹿の日々。
ちょっとそこの郵便局まで…その後ついでにガソリンスタンドに寄ろうか、との思いは億劫にて帰宅。
帰宅したら生徒が門で待っていた。そうだった…メールでレッスンの候補日を挙げて返信をもらったのに、手帳に書き込む前にフォルダに入れてしまった!ガソリンなど入れていなくてよかった!!
前にもそんなことがあったような。それは1月から翌年3月までの手帳を使っていた頃、手帳を購入することなく年が明け、やっと購入したというのに古い手帳から新しい手帳に書き写し漏れワンサ…
我が生徒は皆さん優しい方ばかりで、本当に申し訳ない限り。

確定申告は、最終日だけは避けるべく前の日に出した。
これが雨で、傘をさしての長蛇の列・・日頃の行いの為せる業。
まぁ提出は並んでいれば終わることだから兎も角、記入までが常に大変。(いつも来年こそ、と反省するが)
一時期郵送していたこともあったし、最近はネットで申告出来るが、医療費の20万近い額の領収書が半端なく分厚い。そして返却してもらうための大きな封筒も出す。出向いてしまった方が早いのだ。
医療費は、公費のシステムが変更となり、膠原病の為の薬代が自己負担ゼロから3割負担になったこと、加えて去年は胸骨を折ったり頸椎のヘルニアを起こしたり。
夫はもっと凄まじい額。しかも最終日に出向いたら、道路にまで列がはみ出ていたそうだ。


一段落付いて、やっと月末の旅に頭が向く。
春休みの週末だ!飛行機は兎も角、2泊目の宿が取れない(1泊は息子の家)。検索している間にどんどん埋まってしまうのだ。もう、ここで良いわ!と「あと3点」に妥協。私一人だもの。


18日は、(前の日記の)車で出向いてしまったが故に受けられなかった検査、しっかり手帳に「車駄目!!眼科」と記入。
まずは視野の検査。パラボラアンテナを大きくしたような機械の中に顔をしっかり入れて、真っ直ぐ中心の印だけを見る。そして周りに丸い(と言われたが丸いかどうか、酷い不正乱視には分からぬ)灯りが見えたら手もとのボタンを押す。この丸が段々小さくなり、薄い色になり、最後は凸レンズを経由。片目ずつ、合計30分はかかったと思う。まさに神経をすり減らして疲れてしまった。
視力検査も。これが何とも・・・いつも思うが、レンズを嵌めた眼鏡でランドルト環を読むが、読めないともう1枚レンズを眼鏡にかざし、「あった方がよいですか?無い方がよいですか?」と訊かれる。ガラスって2枚重ねると、それだけで見えにくくなるんですけどしかも、レンズの中心と中心が合っていない
矯正視力は問題なさそうなので放置(うるさく言わない、の意)。
散瞳の点眼薬。
効いてくるのをひたすら待つ。
目の奥の断層写真を撮った。
次は眼底写真。
そして締めくくりは診察。
8方向に目だけ向けて眩しい光をかざしての検査。
白内障もドライアイも(多分目下の点眼薬で)悪化はしていない。
眼底も視神経も問題ない。
このまま地元の眼科で引き続きアフターケア、ということだった。
1月のあの酷い霞みや痛いほどの乾燥は何だったのだろう。いや、だから点眼薬が効いているのだろう、ってことに。


20日は教会の総会に出席した。雨が降るかもしれない珍しさ。
転入して8年になろうとしているのに、殆ど出たことがないか、出ても途中で私自身時間切れとなり退席。
教会の運営は知っておくべき、といつも思っているだけの人。
いやはや…又しても他人事。
朝9時半から孫娘のクラス、その後の大人の礼拝は舟を漕ぎ、結局総会も頭は追いつかない。
夕方生徒が入っているので、大急ぎで電車に乗り、下車した後はファミマのカツサンドを頬張りつつ帰宅。少しでも仮眠時間を増やすために。一体何をやっているのだか・・


今月は、何かと孫娘と遊ぶ機会が多く、嬉しいやら疲れるやら・・可愛さからいくらでも相手をしてしまう、真剣に。
じっとしていない年齢の孫娘。
それでも語彙は増え、意思の疎通も取れて、あぁ、幼児って凄いなぁ…
語彙がどんどん減るわ、会話もトンチンカンになりつつある私と裏腹に。
1年前は中に座ってお遊びしていた段ボール箱、もう入れません。両サイドに箱を持つために開いている穴から、箱の中に座っている孫娘にお手紙を入れていたのが、今は中に置いているぬいぐるみや人形に孫娘がお手紙を入れている。成長のスピード!そしてこちらは老化のスピードに愕然…
しかも、ばぁばんちに来れば、こんな廃物利用の遊び道具や子供たちが30年以上前に使った玩具ばかりなのに、コツコツと懸命に同じことを繰り返している孫。そして婆。
婆馬鹿は続く。大人の行動を如何に観察しているか…101匹わんわんちゃんのラッキーちゃんの縫いぐるみが大好きで、鼻水を自分が取られるように取ってやっている。つまりラッキーちゃんを寝かせ、吸引器の管の片方を口にくわえて片方の先端をラッキーちゃんの鼻に。この後ティッシューで鼻を拭いてやっては捨て、しかも「あらってくるね」と洗面台の方へ吸入器を持って走り、又戻ってくる・・・一体何回反復??
吝嗇なばぁばは、そのティシューの勿体なさから(だって「贅沢保湿」や「鼻セレブ」…)、とうとう「うそっこ用」のゴミ箱を作って、ラッキーちゃんのはこっちにね、と教える。そして孫娘が帰った後、私ら夫婦はこの中から紙を出して鼻をかむ・・・
8229846_2204370314_41_2large.jpg

息子が居た部屋にはブルータスの像が置いてある。
8229846_2204360174_212large.jpg

20年近く前の予備校時代(と書いて、えっ!?!?10年では?と数えたが、合っている…)デッサンにも使っていた。
8229846_2204365854_21large.jpg

そのブルータス、孫娘は以前よりいたく気に入っていて、最近は「ブルータス」とはっきり発音し、どうやら大きな縫いぐるみの類と思っているらしい。
ドアを開けて我が家に入ると、「あたし ほいくえん いってきたよーー ぶるーたすーー」と挨拶している。
タオル地のあれこれを掛けては「トントントン」と保育園の先生になり切っている。「ねんねしているねーー」と。
8229846_2204360176_213large.jpg

そろそろ今日はおしまい。(=自分で誤魔化している毛染め、そろそろ染み込んだに違いない、ということで

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1250-961eecf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年もイースターは関西へ(1日目) «  | BLOG TOP |  » 備忘録

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する