FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

ひよこ組 - 2016.01.31 Sun

教会へ行った。但し、孫の付き添いとしての赤ちゃんクラス「ひよこぐみ」。

今のところうちの孫1人なのだが、出向くといつも入口に表札(!?)が貼られてあり、既にちゃんと小さな椅子が並べられ、こんな小さな子供一人のために準備がなされて…と感動を覚える。
今朝、父親は緊急呼出、娘は眩暈、私が車で連れて行った。
先生と3人出席の礼拝。
讃美歌を2曲歌い、お祈りをして、間に短いお話「光の子として歩みなさい」。
その後は、今日は羽子板と羽根を作った。本物の羽子板を見せて下さった。本物の取っ手の太さは孫には掴めないこと、重いことから、取っ手には割り箸が使われ、厚紙とで既に作られていた。そこに孫(と私と)が絵を描く。羽根は木の実とセロファンで作る。
いつも遊び道具を手で作る楽しさを知らず知らず教わっている。本当に有難いことだ。

その後は大人の礼拝となる訳だが、前回、孫は帰りたい帰りたい、となり結局途中で帰宅。
それも成長の証しと思う。去年の秋頃はおとなしく、時々一人でお喋りをしながらも私の横にちょこんと座っていたのだ。自我が出て来た証拠だし、無理強いして、その部屋が苦痛の場となってしまってはいけない。今日は礼拝開始前に部屋を出ることにした。
ところが孫は、建物の中をどんどん違う方向に歩いて行く。礼拝堂を挟んだ向こうのコート掛けのある方へ。
そうか!と気付いた。前回、礼拝途中で騒ぎ出したので、先生から頂いたお菓子を(部屋で食べる訳には行かないので)そのコート掛けのある一角に座らせて食べさせたのだった。今日は、欠席した先週行われた子供たちの集まりで配られたお菓子を、ちゃんと孫のために(そして両親の分も)取っておいて下さり、ひよこ組が終わる時に先生から頂いた。どうやらそれをその場所に行けば食べさせてもらえると思ったに違いない!!何という学習力だろう、と驚いたり感心したり呆れたり・・・車でね、と何とか言い聞かせて外に出た。

車に乗るや、食べる、食べる、と大騒ぎ。本当は母親から預かった物があったのだけれど、コート掛けのところに行くことを我慢したので袋を開いて手渡した。運転しながらの世話は、自分の子供たちの時は何ということもなかったのに……やはり婆は婆…

帰宅したら丁度父親も戻っていた。
作った羽子板と羽根で沢山遊んだそうだ。


「光の子として歩みなさい」
この聖句で、中高時代によく学校の礼拝で歌った「ひかりにあゆめよ さらばふかき みたまのまじわり たえずぞあらん」という讃美歌を思い出す。

その讃美歌を懐かしく思っていつぞや開いたら、アウフタクトで始まっていてひっくり返りそうになったのは全くの余談。アウフタクトに「ひ」、1拍目に「か」日本語の歌詞をはめ込むので無理があろう。職業柄ブツクサブツクサ・・・いつもアウフタクトには1拍目に入っている単語に向かうように演奏、外国語の歌ならアウフタクトには前置詞や冠詞など1拍目のための単語が入っているでしょう?と教えている手前・・

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1237-7a463b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

音源のコピーに苦戦 «  | BLOG TOP |  » 昨日の続き

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する