FC2ブログ
A D M I N

2020-03

タイトルを付けるほどもない日々 - 2016.01.30 Sat

昨日は日を間違えて病院に出向いてしまった。
手帳は確認したが、どうやら予約票から書き写し違えたらしい。
頑なに29日、と信じて出向いたら予約は26日だったそうで…受付で「予約外でお受けになりますか?」と訊かれたが、予約外だと何時になるか見当付かないそうで、午後は午後で予定があった為諦めて帰宅した。皮膚科の薬はまだあるし。
9と8と6、フォントによっては見間違えると思っていたが、目ではなく頭が心配。
帰りに近所の診療所でインフルエンザの予防接種を受けようと思ったが、途中で買い物をしたら疲れ、帰宅してしまった。

区の健診(朝食抜き)が今日まで。インフルエンザの予防接種もだ。
朝食は済ませてしまった。インフルエンザは予約が必要、と娘が言う。割引の期限を過ぎても受けるべきだし、徒歩数分の診療所に電話をして予約を取ろうとしたら、何せ今日が高齢者割引の最後の日、早く来られれば確保出来ますよ、と言われた。「直ぐに行きます!でも健診は朝食を摂ってしまったので諦めます」と加えると、「朝食を摂った」という数値で結果を出せるので是非お受けください、と受付嬢はいつもながら大変親切。
ずっと気になっていた健診もやっっっと受けることが出来、インフルエンザの予防接種も受けることが出来た。全て滑り込みセーフ!の人。
最後に診察があり、膵臓のその後(数年前に自己免疫膵炎疑いを見つけてくださった)を訊かれた。その時丹念に診て頂けたお蔭で、大学病院で定期的にIgG4を調べて頂ける結果となり、これも有難いことだった。お蔭さまで正常値が続いている、とお伝え出来た。
「他に何か気になる体調はありますか」と最後に訊かれて、何年も続く倦怠感を話すと、それは皮膚筋炎やシェーグレンから来る仕方のないものではないか、とのこと。疲れたら休んでくださいとの結論。



ところで下の「孫育て保爺」…

8229846_2196557122_62large.jpg

遙か30年前、子供達の通う幼稚園で購入した本。
とても良い内容だったので読み返したくなった。ところが家のどこを探しても見つからない。2週間ほど前にAmazonのユーズドで探した。あった!「23円」ですと!!それだけだってビックリですが、後で「本体にシミがございました。サイト上表記と差異がございましたこと深くお詫び申し上げます。他在庫及び系列店舗にて在庫調査を致しましたが、同一商品の在庫は見つかりませんでした。そのため、取り急ぎ商品金額の30%を返金させていただきました。」とのメール。私、1000円出しても2000円出しても読み直したい、と思っていた本だったのですよ…
こういう良心的な売り手も存在するのですね。毎日イヤなニュースばかりの中、心温まりました。そして「母」ではなく「婆」となって読み終わりましたが、心温まる内容でした。そのことはまた改めます。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1234-4a79e91f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昨日の続き «  | BLOG TOP |  » いつの間にか過ぎた新年

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する