FC2ブログ
A D M I N

2020-04

ボケ婆のすったもんだ記 - 2015.11.18 Wed

先週土曜は、孫娘を連れて荻窪の耳鼻咽喉科へ。
私自身、鼻と喉の吸入を受け続けたいことがあり、予備の薬ももう少し欲しかったので。
折しも娘のみならず、孫娘が酷い鼻と咳を長くしていた。父親処方の薬で可成り改善したようだが、耳を一度診てもらった方がよいのではないか…と思い続けていた。新陳代謝の激しい1歳児(年末には2歳)、もっと耳垢が出る筈で、こればかりは専門医でないと判断が付かない。

孫娘を丁度預かっていたので、車で連れて行くことにした。
けれども大きなバッグは持ち歩けない。車と耳鼻科の間は最低限の荷物を私のリュックに入れて傘をさして、手を引いて往復。
1人だったらほんの2−3分の道のりがっ!幼い子を連れて歩くことは、頭の中には子供達が同年齢だった頃の「いとも簡単に出来る行動」としてインプットされている。傘さして抱っこして買い物など日常茶飯事だった筈。
ところが!!
駐車場から駅のエレベータまで、何と長い道のり!そしてエレベータを降りて、向こう側のエレベータまで、人混みをかき分けて行く。駅の地下道の(線路4本をくぐっているだけなのに)何と長い道のり!上りのエレベータを上がってから、耳鼻科までの何と遠い道のり!!あたかも15分歩いたかような行動。
あぁ・・・甘かった・・・自分1人でだって最近は通院していないのだから。
その耳鼻科は、実家の母、私や夫、息子や娘、に続いて孫まで、と4世代にわたりお世話になっている、とても親切な女医さん。

着いて、ざっと数えて20人以上の待ち人にめげて一旦帰ろうとしたが、孫娘の耳だけは何としても診て欲しい。
婆は頑張る
取っ替え引っ替え絵本を読み聞かせ、飽きてしまうと婆の口から出任せの「○○○ちゃん物語」。
待つこと1時間半、ぐずり始めた孫は漸く呼ばれた。

私の吸入の間、孫は何とか膝でおとなしく座っていた。
いざ、孫の受診・・
ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜!!・・・と泣いたって、宥め賺して(なだめすかして)何とでもなる、という30年昔の記憶は、単なる潜在的にあるだけで甚だ甘く、身体が言うことを聞かない。鼻水によだれ、痰にどろどろになりながらの受診。看護婦さんまで。申し訳なし…
耳と来ては、案の定耳垢が溜まりすぎ、固まって石と化している。今日は取れません、4日間耳に点す薬をお出しするので、その上で出向いてください、と泣き声に掻き消されまいという先生のお声。点耳薬(お!一発変換)を処方された。抗生物質の粉薬なども頂き、私の受診は薬の処方だけ端的に。泣きじゃくり続ける孫を抱っこしたまま、やっとのことで終了。
暴れる孫を押さえている間、どうやらボケ婆は「**ちゃん、もうちょっと、もうちょっと、がんばろうね」と娘の名前を呼んで声かけしていたようだ折しもその日は、娘の幼い頃と同じ髪型。顔もよく似ている…寧ろコピーしたような日すらある。

会計して薬を受け取り、必死で何とか孫のレインシューズを履かせたところ、よそのお子さんが「スリッパ、僕が後で片付けておけばいいやね」という声が耳に。そうだ、忘れていた・・と慌てて待合室に入り、スリッパを片付け、上がってきたエレベータに孫を必死で抱っこして1階に下りて気付いた。ボケ婆は何と!耳鼻科の名前が印刷されたスリッパのままではないか!又抱っこして5階へ上がり、自分の靴に履き替える。背後の待合室から「よかったね」の声が・・・

外へ出て、深呼吸をして来た道を傘さして駐車場に又ゆっくりゆっくり戻り、安全運転を心掛けて帰宅したのでした。

頭は30代のまま。いとも容易く出来ると勘違い。あぁ、哀しいかな、身体のみならず頭も正直。ボケに突入していますな・・
先日の運転免許更新の折の「次回は古稀」のショックに次ぐショック!!


ボケ話はまだありますが、長くなってしまったので続きは又・・・

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1218-a9abaf0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今度は爺婆の放浪記ならぬ朦朧記 «  | BLOG TOP |  » β-Videoの再生機

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する