FC2ブログ
A D M I N

2020-04

日常のあれこれ(順不同) - 2015.11.13 Fri

10月末は少し荷物の片付けも捗った。捗る前には一旦散乱する。

生徒たちのレッスンだけは手抜きもせず、真摯な姿勢を心掛けている。辛辣な言葉を投げかけても素直に取り入れる大人の生徒さんたちの存在。一旦、それも長年に渉って付いた癖をゼロに戻せ、と要求するのも酷だが、私の本に出遭って、もとい、出会って「実際にレッスンを受けたい」と習いに来てくださるだけあって、レベルは様々なれど教え甲斐がある。
10月31日には自宅で生徒たちの勉強会を行った。
何ヶ月も空いてしまったので、練習中の曲の披露、その前に各自が行っている基礎練習について軽く述べて頂いた。

8229846_2185728874_120large.jpg

終わって翌日から一週間、偶々誰もレッスンが入っていない!!
よっしゃ!!片付けるぞ!!譜読みをするぞ!!

・・・

・・・

と思ったら、翌朝から鼻水がタラ〜〜〜・・それも鼻血のように垂れるタイプ(スミマセン)。
何も出来ない。30秒おきに鼻をかんでいた。譜読みも出来ないけれど、折角片付けようと散乱させた物を詰めることも不可なり。
時間と共に鼻も酷くなり咳も出て来て、数日後、結局かかりつけの耳鼻咽喉科に行った。
鼻は副鼻腔炎状態、喉も真っ赤。抗生物質のクラビット、咳にはフスコデとレスプレンと貼り薬のホクナリンテープ、炎症にはムコダイン、胃薬としてムコスタ、などを処方され、鼻と喉の吸入をして帰宅。
薬に頼るや、あっと言う間に治った!!余計な物をもらうかも、などと危惧せずさっさと行くべし、と今回も痛感。

結局譜読みもせず、片付けはとんでもなく(頸椎を新たに又捻ったか引っ張ったかしたようで)、一週間は瞬く間に過ぎた。

順不同
8日の日曜は受付当番もあり、孫が楽しみにしているひよこ組にも連れて行きたく、ばぁばと孫娘の2人は教会へ。
バザーに出す物品がこの日締切だったこともあり、娘が(ここ迄書いて固有名詞を思い出せないこと3分)「レジン」での作品を最近作り始め、バザーに出せるのではないか、と沢山預かった。
(この作品については後日宣伝を書かせて頂きます)
大人の礼拝も孫は一緒に受付をして、その後は一緒に子供専用のガラス張りの部屋にて出席。ひとりで何やら一生懸命お喋りをしたり歌ったりし、こういう時には「主は共に在り」の幸せを実感するが、礼拝堂まで聞こえそうで、「し〜〜っ!!」と何度もたしなめるほど沢山お喋りをしていた。風邪がなかなか治らずに心配するばぁばをよそに。
帰宅して1人レッスン。


13日の金曜(!)は、さっさと済ませたい運転免許証の更新で都庁に出向いた。

8229846_2186710133_66large.jpg

免許証はゴールドです!!
つまり・・・次回の更新は(何ごともなければ)「古稀」!!但し満年齢で。
あぁ、人生古来稀なり・・となれば良いが、つくづく日々の過ぎる速さを実感。
やりたい事が何も出来ていない・・・頸椎が何とか治ってほしい。

一旦送信。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1214-65a715f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

又しても順不同で «  | BLOG TOP |  » カテゴリ追加

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する