辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

ショパンコンクール真っ只中 - 2015.10.17 Sat

興味が全くない訳ではないのですが、この年齢。
パソコンの前に長く座っているしんどさ、ネットの繋がりの悪い日は悪い、等を言い訳に余り見ていない。

けれども先日、偶然2次の最初のグループ(でしょうか?)をライブで見る機会あり、その時のSeong-Jin Choという韓国のピアニストが素晴らしく、我が意志とは裏腹に吸い寄せられるように見てしまった。どの曲も芸術家として完成されているが、特に素晴らしかったのがSonate b-moll Op.35!!
そして今朝、某SNSを覗いてfinalistが決まった由知り。
勿論残っているだろうと思ったが、そこから飛んで3次の演奏に遡って視聴した。24 Préludes Op.28の素晴らしさ!!全部聴いてしまった。入賞しなかったら、次に弾いたスケルツォの最後の音が鳴らなかったことの揚げ足取りでしょう。
他の演奏者を沢山聴いた訳ではないから、全く何も言えないのですけれども。
そう言えば、他の演奏者でも幻想ポロネーズの最初の方のゆったりとした上昇形の上の2音が鳴らない(過不足なく)ケースが多々見受けられたのだが、あれは楽器の所為ではなかろうか。


Op.35とOp.28……
一昨年でしたかカワイ音楽振興会主催で佐藤卓史さんと共にブルクミュラーの講座を開催させて頂きました。それに際し、表参道のカワイをご挨拶かたがた訪ねました。その時、「ショパン協会の例会で演奏させて頂いたことがあるのです」という昔話になったので、担当の方が奥から分厚いフォルダーをお持ち下さいました。見せて頂いたところ、ありました、ありました!1979年5月のリサイタル!!演奏した曲目は、ショパンを入れることになっているので、ソナタのOp.35とプレリュードOp.28全曲を。その他にアルバン・ベルクのソナタOp.1にモーツァルトのキラキラ星変奏曲まで…という盛り沢山のプログラムでした。今の私には考えられないことです。そして関連して記憶は蘇る - - 2日空けて、NHK「午後のリサイタル」での収録をさせて頂き、そちらではアルバン・ベルクやモーツァルトの他、リストの超絶技巧の「鬼火」やスクリャビンのOp.42/5まで入れたことを・・(それがあって、リサイタルのアンコールに「鬼火」を弾いたことも蘇り)
だから潜在意識の中に、そのOp.35のソナタとOp.28は何か今でも大きく占めているもの、求める高みがあるのでしょう。


ショパンコンクールそのものは、妊娠、それも長きにわたる切迫流産での安静、出産、子育てで断念しました。子供に勝る宝は無いのです、私の場合には、ですが。

____________________

追記
上の本文でNHKの収録のことに触れましたので、【10月後半のBGM】として、その折の2曲をアップロードしました。
オープンリールのテープを頂き、それを数年経ってカセットにダビングし、更に数年後又してもカセットに移して、それをCD-Rでコピー・・
音の質は大変悪いのですが、そういう作業を経てということで。でも著作権はNHKであることを添えなくてはいけないのでしょうか。このままにしますが…

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1207-81f21c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久々に整骨院 «  | BLOG TOP |  » 餅は餅屋

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する