FC2ブログ
A D M I N

2020-04

薬にまつわるあれこれ - 2015.07.17 Fri

(文脈を整えていませんが、送信します)

リリカを25mgに減らして、副作用は全く出なくなった。
但し、効いているのかも不明。痺れは時々ある。初期量を落としただけで、いずれ漸増(ぜんぞう)の予定だが。

この薬、夫は目下一体何mg服用しているかは知らぬが(お互い、薬は自己管理)、75mgを1日4カプセル服用していたと思う。もう2カプセルは増やせる、と言われたとか。実際増やしたのか、それとも別な薬を増やしたのか?…。
事の始まりは、ぎっくり腰が酷くなり、至ったのは「脊柱管狭窄症」と言われたり「椎間板ヘルニア」と言われたりした2011年。いずれにせよ酷い座骨神経痛を起こし、リリカが効くようになる前は毎日麻酔の注射を打ちに整形外科へ出向いたものだった。最近も時々「注射を打ってもらおうか…」と、ぼやく日もあり、何か又薬の種類を増やすとか。リリカが効くようになっただけでも御の字とすべきか。それにしても先日75mgを1カプセルぽっきりであんなに酷い副作用が起きた身としては考え込んでしまう。

それよりも何よりも、夫の目下一番問題になっている症状が、どうやら「アカラシア」という病名らしいことが分かった。当初は食道癌ではないか、何か腫瘍があるのではないか、と数年前から2つの医療機関で胃カメラを飲んだが、異常なし。潰瘍の痕があり、それがひっつれて食べ物がひっかかるのではないか、との意見も頂いたし、場合によってはバリウムを飲み込む瞬間をレントゲンで撮る方法も考えられる、と言われて1−2年が経った。
それでも、良い日と悪い日がある。病名が分かっただけで治療が出来るか、というと、余りに症例が少ないのだ。10万人に1人とか!?!?
他の専門サイト(今日の診療)を見ても似たような説明。ともあれ迷走神経と関係がある、とか末梢神経や中枢神経とも関係がありそうなことも書かれている。
「神経」!?!?前述のリリカも、私自身が初期量として75mgを使ってさえも、あの様な明らかに視神経を中心とした神経系の異常が副作用として出たのだから、・・・思い出してみれば夫の食道の不調はリリカを飲み始めて、それも増量してから頻繁に起きるようになった気がする。
神経系統が全部繋がっているとしたら??と又してもドシロウトは思う・・・
夫は副作用の出やすい体質のことも関係あるのではないか?
2003年には尿管結石の検査のために使用した造影剤で酷い目にあった。全身が火傷状態になり、一皮剥けた。同時期、帯状疱疹の薬ではシャックリが止まらなくなった。それも大きな酷いシャックリ。検索して薬を止めて、やっと止まった!!
(上記2つ、逆だったかもしれない)
キシロカインでも酷い目に遭った。
効く薬ほど副作用は酷い。私のプレドニゾロン然り。


以下、©「今日の診療」よりリリカの副作用;
【副作用】
〈重大〉
1)めまい:20%以上,傾眠:20%以上,意識消失:0.3%未満→中止又は減量等し処置
2)心不全:0.3%未満,肺水腫(特に心血管障害を有する患者)→心不全のリスクでは,観察を十分に行い,異常の際は中止し処置
3)横紋筋融解症(筋肉痛,脱力感,CK上昇,血中及び尿中ミオグロビン上昇等)→中止し処置.又,横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意
4)腎不全:0.1%未満→中止し処置
5)血管浮腫等の過敏症→直ちに中止し処置
6)低血糖:0.3%未満→中止し処置
7)間質性肺炎→中止し副腎皮質ホルモン剤の投与等処置
8)ショック,アナフィラキシー:0.1%未満→中止し処置
9)皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),多形紅斑→中止し処置
10)劇症肝炎,肝機能障害(AST,ALT上昇等):0.4%→中止し処置
〈その他〉必要に応じ,減量,投与中止等処置
1)血液及びリンパ系障害(好中球減少症,白血球減少症,血小板減少症)
2)代謝及び栄養障害(食欲不振,食欲亢進,高脂血症,高血糖)
3)精神障害(不眠症,錯乱,失見当識,多幸気分,異常な夢,幻覚,うつ病,落ち着きのなさ,気分動揺,抑うつ気分,無感情,不安,リビドー消失,睡眠障害,思考異常,離人症,無オルガズム症,激越,喚語困難,リビドー亢進,パニック発作,脱抑制)
4)神経系障害(浮動性めまい,頭痛,平衡障害,運動失調,振戦,注意力障害,感覚鈍麻,嗜眠,構語障害,記憶障害,健忘,錯感覚,協調運動異常,鎮静,認知障害,ミオクローヌス,反射消失,ジスキネジー,精神運動亢進,体位性めまい,知覚過敏,味覚異常,灼熱感,失神,精神的機能障害,会話障害,昏迷,嗅覚錯誤,書字障害)
5)眼障害(霧視,複視,視力低下,視覚障害,網膜出血,視野欠損,眼部腫脹,眼痛,眼精疲労,流涙増加,光視症,斜視,眼乾燥,眼振,眼刺激,散瞳,動揺視,深径覚の変化,視覚の明るさ,角膜炎)
6)耳及び迷路障害(回転性めまい,耳鳴,聴覚過敏)
7)心臓障害(動悸,第一度房室ブロック,頻脈,洞性不整脈,洞性徐脈,心室性期外収縮,洞性頻脈)
8)血管障害(高血圧,低血圧,ほてり)
9)呼吸器,胸郭及び縦隔障害(呼吸困難,鼻咽頭炎,咳嗽,いびき,鼻出血,鼻炎,鼻乾燥,鼻閉,咽喉絞扼感)
10)胃腸障害(便秘,悪心,下痢,腹痛,嘔吐,腹部膨満,消化不良,鼓腸,胃炎,胃不快感,口内炎,流涎過多,胃食道逆流性疾患,膵炎,舌腫脹,腹水,嚥下障害)
11)皮膚及び皮下組織障害(発疹,そう痒症,湿疹,眼窩周囲浮腫,多汗症,冷汗,蕁麻疹,脱毛,丘疹)
12)筋骨格系及び結合組織障害(筋力低下,筋痙縮,関節腫脹,四肢痛,背部痛,筋肉痛,重感,関節痛,筋骨格硬直)
13)腎及び尿路障害(尿失禁,排尿困難,尿閉,乏尿)
14)生殖系及び乳房障害(乳房痛,勃起不全,女性化乳房,射精遅延,性機能不全,無月経,乳房分泌,月経困難症,乳房肥大)
15)全身障害及び投与局所様態(浮腫,口渇,疲労,異常感,歩行障害,顔面浮腫,無力症,疼痛,圧痕浮腫,倦怠感,胸痛,発熱,冷感,悪寒,易刺激性,酩酊感,胸部絞扼感)
16)傷害,中毒及び処置合併症(転倒・転落)
17)臨床検査(体重増加,血中CK増加,ALT増加,AST増加,血中アミラーゼ増加,血中クレアチニン増加,体重減少,血中尿酸増加,血中K減少)

以上、(c)『今日の診療』
__________________

読んだところで「猫に小判」「馬の耳に念仏」「豚に真珠」。
座骨神経痛を完治させることが先ではないか?と、これまたドシロウトは思う。「アカラシア」を検索すると、先ず扱っている病院のサイトがヒットするので、受診出来るものなら…行動に移すのが先か?
う〜〜〜〜〜ん・・・・・

どなたか同じ症状がおありの方がおられ、経験談を聞かせて頂けましたら幸いです。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1182-53aa36ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あれこれ纏めて記載 «  | BLOG TOP |  » 先が見えるようでなかなか見えない

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する