辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

膠原病での入院まで - 1999.07.13 Tue

6月18日
皮膚生検した場所の消毒。

6月22日
S大T病院に電話をし,状態の報告。それまで訴えていた股関節や肘関節の痛み,首のグリグリ,紅斑等々,「あぁ,膠原病だったらあり得ますよ」とこの時になって言われた。もっと早く思い付いて貰えなかったのだろうか?
餅屋は餅屋。特別上等の餅屋でも高級な霜降り肉は買えないものなぁ……
ノルバデックスは中止することになった。
顔の生検部分抜糸。

6月24日
脚の抜糸

6月25日
ずっと続いていた嗄声だが,飲み込みも悪い。
癌の有無を調べる為に,KR大学病院耳鼻科受診。

6月26日
胃カメラ。
嚥下作用が悪いのに・・と不満だった。案の定スプレー式麻酔(キシロカイン)でむせた上,夕方より蕁麻疹だ!でも,暫く受けられない検査だと思うので,早めに済ませてよかった。

7月1日
皮膚科のカンファレンス。
十数名の医師が私の症状を次々観察して勉強するらしい。見せ物会,と称しておこう。座っていれば良いだけなので苦ではない。

爪の周りは益々赤く(爪周囲炎というらしい),ピアノを普通に弾いていて隣接する鍵盤の角に触れただけでも甚だ痛い!まるでグリッサンドの練習をした後の様に!!
これだけでもとてもピアノどころではない。

7月8日
症状の増悪が甚だしいので,入院を早めることになった。
全身の紅斑の広がり,嗄声,目の周りの浮腫,日に日に激しくなる。
13日に入院が決まった。

7月12日
S大T病院に,手術に関する報告書を貰いに出向いた。
看護婦さんたちが,余りの私の変貌ぶりに驚いた。凄まじい顔の浮腫に紅斑。
声も他人の声となっている。それらはKR大病院では比較の元が無いので分からなかった様だが・・

夜に入院中主治医になる,という女医さんから挨拶の電話があった。「よろしくお願いしま~~す」と明るい声。よろしくお願いするのはこちらなのに・・・良い先生みたいで安心した。

7月13日
KR大病院へ入院。
「検査入院」との立前で,一応3週間。「3週間はあっと言う間ですよ」と長引くことをほのめかされた。※
皮膚筋炎だとすると悪性腫瘍が又潜んでいる可能性がある為,全身の癌の検査が最優先。
早速検査。
この日はレントゲン,呼吸機能検査,心電図,これらで3時には終わってしまった。
その他,採血がO医師によりあったが,採血中に紫斑が出た。悲鳴を上げたくなるほどギュッと縛って痺れが出た位なのだが,そして「あぁ,紫斑が出易いですね」はなかろう。
採血は今まで(妊娠中の頻繁な検査を含め)100回以上受けているがそんな経験は一度もない。下手な医師より,看護婦の方がよほど上手いのだ!!
※結局4ヶ月に及ぶ入院治療となった。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/117-8cd57fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

病名と,ステロイド服用開始まで «  | BLOG TOP |  » 膠原病の疑いへ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する