FC2ブログ
A D M I N

2020-03

新しい和声の教科書 - 2015.05.11 Mon

藝高や藝大で使う和声の教科書が新しいものになった、それも難解な、と小耳に挟み、ネットで購入した。

パラパラ捲って、目に留まったところだけを斜め読みした段階、まだ問題を解いてみたわけでもないが、うん、これは難しい人には難しいだろう、と思った。でもこの新しい教科書を指導を受けながら学ぶなら、従来の3冊や黄色の分厚い1冊より要領良く学べるかもしれない。でも、あくまでもある程度の従来の知識あってのこと。
通奏低音を扱う楽器奏者にはうってつけの参考書と思う。

ヨーロッパより可成り遅れた(寧ろ禁じられていた時期もある)西洋の音楽教育。日本は「絶対音感」を付けることだけに躍起になり「相対音感」教育を疎かにしたので、あの繁雑なローマ数字による和声記号が必要になったのではないか?と常に思ってきた。それもドイツ古典派やロマン派の和声を考えるには便利な。近現代には通用しにくい。物によっては全く使えない。
讃美歌の四声体と共に育った人は、色々なきまり(並行5度とか並達8度などの禁止事項など)は耳と手が記憶していて、あの従来の教科書も苦ではなかったと思う。

その新しい教科書は、相対音感を持ち合わせていれば特に問題はないのではないだろうか。勿論絶対音感があることは前提で、書かれた和音が頭の中で鳴らなければ何も出来ないが。
至るところに「移調奏をおこないなさい」という課題があることに、「そうそう、こういう課題付き教科書が欲しかったのよ!!」と思った。
特に、「移調」のみならず「移旋」と「異旋」があり(教会旋法を含むから)、これは慣れるのに時間がかかりそう。


ただ、今から藝大を受験する人ならともかく…従来のローマ数字による和声記号も使い慣れてしまえば悪くもない。これから学ぶ人には回り道の気もするけれど。私自身は、この年齢になって改めて「新しい和声」を読むことは優先順位から外れている。必要に迫られる機会もないだろうし、何より老眼用の眼鏡をかけても肝心の数字が小さすぎ。
でも、「フォーレ終止」という進行、又それによる和声連結を「全調で移調奏しなさい」とか、食指が動くのも否めない。


人それぞれ、使う教材は違って構わないのではないか?
近年私のところに新しく来た生徒たちの中には(音大を出ているというのに)、「○調のカデンツを弾いて」と言って全く弾けない人も居て、そういう人たちには無縁すぎる教科書、と割り切って構わなさそう・・・・・
全くもう……大学は何を教えていたのか!?どうして卒業させたのか!?私大が故、月謝も高かったろうに



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1163-c40cd2a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

又しても雑記帳代わり(4) «  | BLOG TOP |  » 長寿と思ったBrahmsが…

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する