FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-10

帰京後 - 2015.04.11 Sat

4月5日の続き(記載は11日)
羽田には夫が車で迎えにきてくれており、甚だ助かった。
寒いし、雨まで降っており。

翌朝は食事抜きでの検査が待っているので、食べるなら今のうち、とばかり何やらその辺に積んであるお菓子などを食べまくった。(しまった!!中性脂肪がっ!)


4月6日
8時に家を出て、血液検査の順番は既に88番!(語呂合わせ?)
9時の整形外科は血液検査結果と無関係に早く呼ばれるので待機。
本来は全身の痛みや首周りのスジのこと、両手親指を何とかしたいことなども相談したいのだが、もう夏から痛みを無視しての作業は自分でも時間が解決するだろう、としか思えない。
呼ばれて、一応話してはみる。
整骨院に通った話などもし、生徒の1人が「圧迫骨折」を心配してくれている話もしたところ、レントゲンのオーダーを入れてくださった。但し6月 手も「母指CM関節症でしょ?」で、おしまい。
血液検査はALPが又低くなっていること。肝心の特別に調べた…名前忘れた……BAPみたいな名称……は今日間に合わなかったので次回結果を教えて頂ける。

それから6階のカフェにて朝食。
8229846_2147491242_91large.jpg
朝食セットのパンは2個選べるのだが、一番カロリーの低いものを選んだら甚だ小さかった

膠原病内科では、疲労困憊であることを訴えるのだけど(内心入院させて頂きたい位疲れている)、そのように色々行動しても検査データ(CRPもCPKも)に異常が出ないところまで回復しているのだから良かったですね、と言われてしまうのが毎度のこと。
以前リハビリを受けていた頃には、OTの先生が常に「田中さん(私の本名)はCPKが上がったら、もう寝返りも打てない状態だからね、そうなる前に自分で管理してね」と仰ったものだった。去年の夏から今にかけては、体調など無視。どこが痛もうが時間が待ってくれないという現実と向き合う作業。

どのように運転して帰宅したか、それも記憶にない。


4月7日
夕方から小学生1人をレッスン。
「悲愴ソナタ」第1楽章、あとは本人が練習するしかないところまで来たので、第2、第3楽章の一部ずつも宿題に。大人の生徒たちと一緒に勉強会で学ぶ「オーケストレーション」のために、シューマンのコンチェルトも可能なレベルまでで構わないと思い、部分的に宿題。バッハシンフォニアや残り少なくなったチェルニー40番と共に。
終わってから、何か身体がおかしい。
ガクガクブルブル・・・これが「悪寒」?
案の定熱がどんどん上がってきた。
夜中は39℃(平熱は35度台)に。咳も出て、その度に頭痛が酷い。

4月8日
富士見ヶ丘のお馴染みになった(なってしまった)内科へ。
「薬は助けるだけです。安静と休養が一番の薬です」と痛いところを突かれる。
このところ、いついつ何があるので何とか治したいのです…と無理難題を言っては薬で治して(=誤魔化して)きたからなぁ…

以降、今日(11日)に至るまでひたすら安静と休養。
熱も35.5℃まで下がった。
水曜以降、珍しく生徒を全面的にお休みにさせてもらった。

よく眠るのだが、生憎私の寝室の外は直ぐそこから新築中。トンテンカントンテンカン・・・
MRIの騒音の中でも爆睡する人なので、工事の音も何のその。けれども、目覚めている時間が長くなるにつれて「うるさい!!!」現実。
帰京当初は「いよいよ2階が始まるのか」と眺めていたところ、トンテンカンと共に我が寝室の前は板があるのみ。情報漏洩につき、板のみアップ。
8229846_2147972665_55large.jpg 8229846_2147972664_158large.jpg


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1155-d96d811a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ほぼ元気 «  | BLOG TOP |  » イースター

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する