FC2ブログ
A D M I N

2020-03

プロの業や洗濯機の話…原因も考えてみる - 2015.03.07 Sat

2004年にこの家が建って真っ先に購入した家電のひとつ、洗濯機。
2012年に壊れて急遽、(先月解体した)物置に眠っていた新品同様の亡き母の洗濯機を運んで使ってきた。
それが、このところどうも怪しく、一週間ほど前から「すすぎ」で止まったままになる回数が増えた。
折しも、建築のためにコンクリートを掘って新しく排水溝を作っていた頃だった。単純な私は、どこかで衝突したか、或いはコンクリート撤去の震動で洗濯機が壊れたか??と疑った。
日に日に酷くなったが、家族5人の洗濯物を洗わない訳には行かぬ。何とか動け!と家族一同念じるように強引に使っていた。

ところがとうとう昨夜、娘一家の洗濯中にウンともスンとも状態になったようだ。
排水口へのホースに水が溜まったままになって先に進まないことだけは、数日前からホースがタポタポと水で重くなっているので分かる。
そう言えば、洗濯機のゴミ取りネットに最近ゴミが殆ど溜まらない不思議さ。きっと繊維の細かな屑がゴミ取りネットまで届かず洗濯槽の裏に詰まっているに違いない・・・

これは買い換えるしかない、直ぐに届くとも限らないのでヨド○シへ急げ!とばかりに出向いた今日。今までとほぼ同じサイズで、使用方法も私ですら見ただけで分かる簡単なものを選んだ。
何と、今晩18時から22時配達の枠が空いているという。即決!

20時前に届いて、業者の若者2人で搬出・搬入をしてくれた。本当に「プロの業はかくも…」という手際の良さに感心。
けれども、洗濯機をどけてホースを外す時点で、これは洗濯機の問題ではなく、排水管や排水溝に問題がある、とのこと。綿屑のようなものが随分出た形跡。
よく市販されているゴミを溶かす液体のレベルではなく、水道管の業者に頼んで、高圧で押し出す類の作業が必要になるだろう、との話の通り、設置した新品でも脱水は出来ずに、ホースに水が溜まったままになった。

運搬はここまで。

次に「24時間対応する水のトラブル」系の業者に電話(○ースマイル)。
本当に即刻来てくれたことにびっくり。
そして、高圧で処理出来ないタイプなので、…と詰まったものを根気強くワイヤーを奥深く突っ込んでは取り除く・・・延々、ワイヤーに屑が付かなくなるまで反復。
かくして無事、新しい洗濯機で脱水可能となった。
又してもプロの業に感服!
本当に助かった!!

しかも、搬入・搬出の青年たちも、24時間トラブル対応の青年も、本当に爽やかで素早い判断と作業に嫌な顔ひとつ、どころか笑顔での対応。ひとつ学ばせて頂きました。


それにしても以前の洗濯機が壊れたのは・・・あれはいつだったっけ…と便利な「ブログ内検索」を使ったところ、真っ先にヒットした2012年12月10日の日記

上記日記も読み直し、どうやら原因は繊維の屑にありそうです。震動の所為でも何でもなく、使用方法の悪さと洗濯機の寿命。
あとは排水口(排水溝も?)の構造も、普通とは違うことを今日の両方の業者に指摘されたような・・・(もう忘れている私)

いずれにせよ、セーターやフリースなどを洗う時には、ネットを使用した方が良いかもしれません。特にフリースは洗濯機のために。(「え!?使っていないの?」と呆れられそうですが・・・)


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1150-dc219e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日々こんな… «  | BLOG TOP |  » 何とか間に合ったAppleCare

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する