FC2ブログ
A D M I N

2020-03

1998年暮から1999年4月 - 1999.04.30 Fri


(メモ書きを集めて記録)

卯年にあたり,趣味の切り紙で500通ほどのウサギの入った切り紙で年賀状を送った。
感謝を込めて。

眉間の小さな赤みが,週単位でどんどん拡がっていく。

1999年1月末より,ちょっと大がかりな編曲。
スコア(総譜)が存在しないオペレッタ,ピアノの伴奏譜にして120ページほどの全曲を室内楽用に書き換える。フルオーケストラのCDを聴きながら,ピアノ伴奏譜には存在しない音をどんどん書き加えて行き,更にそれを室内楽(弦5部とピアノ)として相応しいそれぞれの楽器に配分し,パート譜を作る作業。春までに・・・と夫が引き受けてきた作業。何故私が一人で??と納得行かないながらも引き受けてきてしまったのだから仕方ない。夜中の2時までかかる日もある(切りの良いところまで続けないと,翌日全部最初からやり直しになる)

2月末
反対側乳房に小さいしこり多数。
頭のふらつきもあり,深く息を吸い込むと右胸~背中が痛む。
毎月1~2回気功師さんに来て頂くことに。

3月4日
夜中,どこを向いても左胸の奥全体の痛み。

3月~4月
紅斑が頬,右太腿へも広がり,筋肉まで痛み,正座が出来ない。
又,前の年と同じで階段を一階昇っただけで鈍痛と倦怠感。

紅斑は,ノルバデックスの副作用で起きることはあり得ない,と断言された。しこりも心配ないものであり,首のグリグリも乳癌と関連しているものではない,とも。(どこから来ているのかが一番知りたいところだ!!)
但し,有難いことに「編曲」はドクターストップがかかった。

紅斑用にリンデロンクリームが5本処方された。
かかりつけ医に報告をしたところ,「顔にリンデロンなんか使っちゃ駄目だよ」と言われたのは可成り後だったかも分からない。

4月17日
子供達がお世話になった「劇団若草」の50周年パーティーに息子と出向く。
「となりの芝生」や「細雪」の舞台が,つい先日の様に感じられるほど,親までタイムスリップ。子供たちを通じて,自分の知らない世界を沢山見せて頂いた結果に感謝。

5月4日の生徒達の発表会に向けてレッスンに余念がない。
乳癌で休みを貰った為,各自の弱点が戻り(最初どの様に習ったか,ということの重さを又しても感じる),基礎に立ち戻り,練習曲とバッハで練習方法や指~腕の使い方を再確認して頂く(全員)。
これは又詳しく改める。



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/115-b5ac52de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

膠原病の疑いへ «  | BLOG TOP |  » 退院

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する