辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

終わりよければ…で - 2015.02.10 Tue

日々刻々物置を空にすることに追われ、ゴミ収集の日数を数えて過ごした。
ノルマとして、概算によると可燃ゴミは1回につき15袋。何とか達成。
昨日が最後の可燃ゴミ、今日が最後の不燃ゴミと古紙。

今月は夫が家に居る日が多く、義父母たちの物は全面的に任せた。
こちらは実家の父母祖父母、子供達のあれこれ。
幼少時の物の選別もさることながら、中高時代の息子はデッサンに油絵、途中から塑像に変更となり、大学時代の作品はゴロゴロ…嫁さんも同様。どれがどちらの作品やら……と油絵やデッサンを眺めつつ、これは保存の価値あり、となると保管行き。
今朝は、残っていた保管する物を母の物置に集めてバルサンを焚いた。殆どが息子の油絵・・・
あとは布団一組をそれぞれ広げ、何と広い物置だ!?と「7桁額かけて建てて8年しか使わなかった勿体なさ」「物置の必要性」を主婦としては、そして自宅=仕事場の身としては、又してもグタグタと愚痴っぽく考えてしまう。

昨日今日、と、とても良心的な粗大ゴミ回収(本業はリサイクルのようだ)が来てくれた。
以前、電化製品を「出し放題で3000円」のチラシに誘われて出したのだが、どこでも引き取ってくれないような大型ゴミもトラック積み放題(詰め放題?)3万円で回収してくれる、という。

やっと出せる状態になったので連絡したところ、昨日軽トラックたったの1台で!!ところが、バール1つで母の大きな衣装ダンスを一枚ずつの板に解体し、他にも諸々不要なものは本当にバール1つで手際よく解体。夫のコントラバスの古いハードケースの中には、不要物を詰め放題にしてトラックへ。
私がちょっと出掛けていた間に、殆どがほぐされて板の状態で並んでトラックに載っているではないか!約束の時間内に約束の金額で。まだ若いであろうに、3つの物置に残っていた「お手上げのあれこれ」をたったの1人で。
夫もすっかり気に入り、一番の問題となっていた息子夫婦の制作物(塑像)が何とかならないだろうか、と相談したところ「相談してみます」と一旦は去ったが、今日早速電話があり午後に来てくれて、塑像全部と他にもあった不要物や物置のエアコン及び室外機も外して持っていってくれた。(エアコンは私の父の油絵保管のため設置してあった)
塑像は中が空洞のものはともあれ、金属の台座というか心棒というか(固有名詞は知らない。後で息子に訊く)、入っているものは、その金属だけでも1人で持てないほど重いのだ。

荷台の素晴らしい様子を写真に収めなかったことを後悔・・

物置は、ほぼ解体出来る状態になってきた。

これであとは家の中を片付け、10年居座っている不要物を捨てて、運び入れた物を出来るだけ2階の部屋に収める。期限は無いが、娘一家の家が建ったあかつきには多くの物がそちらに去るし、空いた部屋にも多くを見栄え良く移動出来る。
夏までには何とかなるか??
と同時に、半年かけて悪くし、もう諦めきって痛みも無視して作業に徹していた両手親指も、夏までには治せるか???
まだまだ演奏活動をしたかったのですよ〜!いや、過去形にしてはいけない。

取り敢えず送信。後で書き換えるかもしれませんが・・

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1141-7fb59e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やっと届いた公費関係書類 «  | BLOG TOP |  » あれも〜これも〜

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する