FC2ブログ
A D M I N

2020-04

私としてはお宝 - 2015.02.06 Fri

母が仕事をしていたので、特に通訳の仕事に出ていた頃は、私は(まだひとりっ子)父方祖母と過ごしていたように思う。
一番想い出すのが、分厚い何冊もある絵葉書集。
最後は海軍中将として亡くなった祖父が祖母に宛てて、海外の各地から投函したものばかりだった。
早くに未亡人となった祖母は、私にそのアルバムとも画集とも言える「絵葉書集」をよく見せてくれた。

それらをどこに入れたか、ずっと思い倦ねていたところ、義父母の物置の一番奥、しかも最下段より出てきた。

これは又見てみたい!!
一冊ずつ雑巾で拭いて、虫干しをした(物置そのものも何度かバルサンを焚いているが)。

8229846_2136381165_32large.jpg

分厚い物は厚さ10センチもあったり、父がファイルに入れたらしき物には、祖父のパスポートやヨーロッパの地図なども入っている。

8229846_2136381157_66large.jpg

8229846_2136381147_75large.jpg

まだ東西に分かれる前のベルリンの地図!
8229846_2136381166_143large.jpg

8229846_2136381199_30large.jpg

Unter den Lindenの文字が!
8229846_2136381153_230large.jpg
私は東西に分かれていた頃のベルリンしか知らない。演奏の仕事で何度も行っているが、ウィーンから東にアエロフロートで飛び、そこから西へバスで運ばれる。途中パスポートを持って行かれての検閲あり。今度ドイツに行く機会があったら、現在のベルリンに是非!と思っているのだが、もう行けないかもなぁ…


懐かしい、祖母が開いては見せてくれた数々・・・は、大量にてアップ出来ませんが、ひとつのページはこんなようであります。
8229846_2136381178_54large.jpg

8229846_2136381189_138large.jpg

8229846_2136381190_63large.jpg

8229846_2136381202_25large.jpg

8229846_2136381194_142large.jpg

ウィーンの解説書
8229846_2136381180_65large.jpg

8229846_2136381188_46large.jpg

8229846_2136381183_185large.jpg

8229846_2136381176_151large.jpg
まさにWien bleibt Wienであります。

少し落ち着いたら、葉書の裏面を読んでみようと思います。

取り敢えず送信。

関連記事

● COMMENT ●

Re: No title

♪みみ♪さん
いつも有難うございます。
もう7月も半ばを過ぎたというのに、まだまだ断捨離の真っ最中です。
祖父母、父母の文章はゆっくり読みたいと思うので、この部屋に段ボールごと積んであるだけ。
収納したい場所のものを片付けてから…と頭の中で順番は出来ているのに、実行は難しいですv-292

No title

すてきな絵葉書ですね。ずっと保管されて展示の機会があったら公開して欲しいと思います。
私も断捨離をはじめた所 いろいろ発掘しました。
大正 昭和初期と思われる絵葉書 写真等 
又両親の日記 卒業記念写真集等
父の日記は漢文調で母の日記はくずしひらがな?で読めないのが特徴です。
父の日記のはじめには 凡人は死を恐れて、、??
母の日記のはじめは ますらおがいくさのにわに、、??というような調子で書いてあるので難解です。
戦時下です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1139-04222644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あれも〜これも〜 «  | BLOG TOP |  » ・・・(追記あり)

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する