FC2ブログ
A D M I N

2020-03

外来での摘出まで - 1998.09.30 Wed


5日
「音楽の捧げもの」とのタイトルでの大阪のザ・シンフォニーホールにてチャリティーコンサート出演。(青少年健全育成を目標とし,大阪府社会福祉協議会主催)
母が心配し,「荷物持ちに」を口実に(本音であろう!)前の晩から一緒に大阪入り。結局母の荷物も私が持つことになり,「悪いわねぇ」を連発しつつも,久々の親子の旅は楽しかった。
曲目は「英雄ポロネーズ」など有名な小品数曲。
後半はコーラスとなり,全プログラムが終わってから客席・出演者一体となってコーラスがある為,楽屋で遊びながら(ピアノで)待機。
終演後は毎度のことながら関西の親類たちに会えるのが楽しみ。ふと,これで最後かなぁ…と思ったりする。
その日の新幹線で帰京。

7日
細胞診。教授の「多分水が吸い上がってきますよ」との言葉とは裏腹に,殆ど何も(と言ってよいだろう)吸い上がって来ない!…ということは癌細胞の塊??

14日
細胞診の結果が出た。「2」(陰性)。しかし,しこりが大きく,針を刺した一部分が「2」でも全体が「2」とは限らないので,(そしておそらく,細胞診の時点で何か液体が吸い上がってくれていたら事情が違ったであろうが)外来でしこりのみ取り除くことになった。
しこりは相変わらず乳房内でよく動くタイプ。ピンポン玉というか,大きなビー玉というか,そんな感触だ。よく動くので細胞診の折,針を刺しにくかったそうだ。動く,ということは周囲の組織から離れているので「タチの良いタイプ」なのだろう。

15日
母の生徒さんたちの発表会でちょっとしたトークと演奏。苦にならず。

22日
外来での摘出。
長い髪の毛を纏め,手術用の前開きの寝巻に着替えてスタンバイ。
局所麻酔の為,教授他,医師・看護婦たちの会話が全部聞こえるのが嫌だ。何も見えずに…というのが益々。何をどうやっているのかが見えれば救われるのに。麻酔で感触が無いので尚更。
時々,「麻酔が足りないです」と聞こえる。その度に脈拍数の電子音が速くなる。「麻酔がなくなったら麻酔無しで切ったり縫ったり??」と思ってしまうではないか!
無事に摘出終了し,「血圧が上がりましたね」と言われても・・・
婦人科にせよ,どうして日本は本人に見えない様に視界を遮断するのだろう?
見せて貰ったしこりは,マロングラッセの様,と言ったらよいのか,桃の種,と言ったらよいのか・・色・形ともにそんな感じだった。
10月5日に結果が出るそうだ。

夜,傷口から大出血を起こした様で,パジャマ,シーツ,そして敷き布団まで真っ赤になっていた。
祭日明けに傷の診察。
そんなに出血したら救急で来てください,と言われたが,それだけ切ったのなら出血して当然,と疑問にも思わず。
いずれにせよ,車が渋滞すれば一時間以上かかる距離。揺れたら益々傷口が開くと思う。

それより隔日に電車で消毒に通うのが何とも・・・
帰宅して生徒たちのレッスンをしていたので,親御さんに半ば呆れられてしまった。

不思議なことに摘出後の体調は良い。夫は海外へ行ってしまった為に,日常の全部(子供達のことを含め)自分でしなくてはならない状況だったが ,何も苦になることがなかった。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/111-f55a77b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

入院生活へ «  | BLOG TOP |  » 辛うじて過ぎている

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する