辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

まさにバタバタと過ぎ - 2014.10.21 Tue

何でこんなに慌ただしいのか分からないほど。

日曜。
納戸にある古い冷凍庫が霜だらけになってしまった。ずっと気になっていたが、今日こそ!と朝から解凍。洗面台山盛りのかき氷の如き霜と氷が取れた。
午後は生徒2人。小学生だが2時から始めて、2人目が終わって2階に上がったら8時近かった。時計が壊れた?
夫は仕事で他県から帰宅。渋滞に巻き込まれて今帰ったところ、と。
そのまま成田に車で行き、ホテルに一泊して海外に飛ぶことになっている。ホテルの駐車場を無料で使用できるため。
レッスンを終えて上がって行ったら、娘があり合わせの食事を夫に出してくれていた(霜取りから発掘した炒飯も含め)。私も、「明日は絶食で検査だ!」と慌てて夕飯……何を食べたのだっけ……認知症並…う〜〜ん…霜取りからの発掘物だったか?

火曜にエアロテックの整備が入っており、最後に各部屋の送風口の点検があるため、夫が出掛けたのを幸いに、長年掃除から遠のいている夫の部屋から順に、片付けつつミニ大掃除(又の名を「足の踏み場作り」と言う)。ベッドをたたんでの掃除機がけは何年ぶりか??掃除機のCM以上の収穫物!

月曜。
検査は、早く行くほど早い番号が取れる、と頑張ったが道路があちこち通行止めで、着いたら8時半を少し回り、番号札は199番。うーーーん、100人待ちか??
検査結果を待つから当然ずれ込む膠原病内科と整形外科の受診。
こんなに疲れているんですけど、と言えど、検査データは全て正常だから異常なし。
筋力も戻って良かったですね、と言われる。1999年には一旦しゃがんだら立ち上がれなかったので。
今は、動けなくなる迄の肉体労働を経て整骨院に通い、その後暫く休息したから元気になったろうし、荷物運びで筋力も付いたろうし……と不機嫌なわたくし…

整形外科では、骨粗鬆症の薬が今までの「エビスタ」から、1ヶ月に1回服用すればよいだけの薬「ベネット75mg」変更になった。
エビスタになる前は、毎朝空腹時に服用し、その後30分横になってはいけない、というタイプのものを取っ替え引っ替え使った。朝型の私は服用後の30分にメールのチェックをしたり返信したり、習慣付いて特に苦でもなかったが、年齢的にホルモン系の「エビスタ」の方が良い、と何年か前に変更。更に同じものを長く使うと効かなくなるとか、毎日自分で注射をするタイプの薬もあるが、一生のうちに使える期間というものがあり、それにはまだ若すぎです、と先生も色々お考えくださったのだろう。それで今回ベネットになったらしい。・・・月に1回。私には寧ろ忘れそうで危ない。

長い会計を待ち、遅い朝食は12時近かった。
毎度お馴染みのメニュー。

8229846_2114040297_129large.jpg

薬局でも莫大な量の薬を待たされ、帰りはスーパーにも寄ったので、3時近くにヘトヘトになって帰宅。

孫がこのところ夜泣きをするそうで、1時間おきに起こされ参った、と娘はぐったりしている。孫は風邪らしいが娘も同じような風邪。親が参っては辛かろう、とヘトヘトはどこかに飛んで孫を預かった。
前日に続く「ミニ大掃除」の間は段ボールの空き箱製「コックピット」に座って遊んでいる。部屋の移動は座らせたままガッタンゴットンガッタンゴットン…。
鼻水以外は至って元気に、相変わらず子犬のワルツを弾いてやると「ワンワンワンワン」とはしゃぐし、伝い歩きでピアノの椅子につかまっては椅子を太鼓代わりに叩く。玩具で遊んでやると至って元気。

火曜。
孫は夜中に酷い夜泣きをしたという。
生まれてから10ヶ月、夜中にミルクを飲んだこともなく、オムツにすら起きず、まして夜泣きなどしたことはない(突発性発疹の時以外は)。
何か感染したかもなぁ・・託児施設を使った後は必ず何かもらってくるので。
託児施設のあり方や使い方に問題を感じる。医師から「健康である」証明や、一旦感染症に罹ったなら「登園許可証」のようなものを提出出来ないのだろうか。そんな時間がないからこそ皆さん利用しているのだろうが、少々不安。

折しもテレビのニュースではRSウィルスの流行を報道している。
近所で検査出来ないのだろうか?と思ってしまう。
「医者の不養生」ならぬ「医者の子供は不養生」にならなければよいが・・・

そんなこんなの日々。雨も相俟って、又しても物置の片付けは中断。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1098-5d203482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

母の蔵書、万歳! «  | BLOG TOP |  » 首筋から背中の痛みはほぼ完治

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する