FC2ブログ
A D M I N

2020-04

広告が出るようになったので - 2014.08.30 Sat

一旦日記から遠のくと、まるで「たまった小学生の夏休みの宿題」状態となり、何から書いてよいのか頭の整理どころではなく放置となる。
今回も…滅多に放置しない1ヶ月という期間、あっという間に過ぎたみたいでこんな画像が…

8229846_2101456701_227large.jpg

という訳で1通更新。


珍しい夏だった。いや、現在進行形。
その1つは世界中の異常気象。自然を無視した人類の愚かさから来るものなのか、自然現象で仕方のないことなのかは分からねど、大洪水や、熱帯地方にしか居ない筈の蚊による感染症。海外では治療薬の存在しない最悪の感染症。戦争云々騒いでいる時ではないでしょう!政治家さんたち、人類の命を最優先した科学に税金を!とドシロウトは思う。

我が家では、雹が降ったり落雷に見舞われたり(それは前の日記で書いた通りだが)、壊れたのはインターフォンだけではなく、門柱のライトもセンサーが落雷の攻撃を受けたらしく、その日を境に点かなくなってしまった。
雹にやられたのは、人が通ると点灯する庭の灯りのセンサー。昼夜を問わず点灯しっぱなしに。
亡き母の所持品用の物置は、エアコンが作動しなくなり、中の気温は40℃を超える毎日。本来、片付けねばならない時期は身動きが取れなくなった。他のことに励みなさい、という思し召しかも、と都合良く解釈。
それら、先週の21日だったろうか、とても暑い日に業者さんたったの3名で全部修理してくださった。感謝、感謝の他何ものでもない。幸い自然災害の保険も下りて、以前と同じような二世帯用のインターフォンも外と数部屋にしっかり設置。

珍しい夏は、私個人的にも珍しく、夏の間ずっと副鼻腔炎と思しき症状が続き、頭痛はするわ…薬にはとても世話になった。そろそろ又耳鼻科へ行く時期かもしれない…待合室の混み具合を思うと先延ばし。
それは兎も角として、こんなに細かい頻繁なるレッスン(生徒の)に励んだ夏は約10年ぶりでは?と思う。
その話は又いずれ。

まだ珍しいことはあり、先日火曜の夜から、私のPC2つがネットに繋がらなくなった。家族のPCも私や娘のiPhoneも繋がるのに…
翌朝一番でAppleCareに電話サポートをしてもらいつつ、あれこれ操作。途中でLANケーブルが必要になり、連れ合いにひとっ走り量販店へ行ってもらった。その後もLANケーブルを使って、指示されるままあっちをクリック、こっちをクリック、HDもrecoveryのアイコンから設定を直し…けれども全く繋がらない。
AppleCareで取りに来てくれるという方法もあるが、急ぐのであれば下請けのような場所(勝手なイメージです)に持ち込んだ方が早い、と言われ、持ち込んでみたものの、そこでは即刻Wi-Fiを拾ってしまったため「診断としては『異常なし』になるんですよ。お預かりして隅々を調べることも出来ますが、最悪の場合は初期化してお返しすることになります」と言われた。一度経験あり・・いつだったか、年末も年末、戻ってきた初期化されたPCを、再度サポートを受けながら外付けのHDDから生き返らせたあの作業を。サポートも何人も交代して、「上司に替わります」も思い出した。あれは5−6年若かったので出来たこと。(この年齢になると1年毎の「老い」・・・私だけかもしれないが、痛切に感じる。。。)Appleで出来ることはこの位で、多分*COMが原因ではないかと思う、と言われ、翌日はそちらでの電話サポート。
結局電話では解決着かなかった。来週「おまかせサポート」の扱いで我が家に来て、実際に操作をして直してくれるそうだ。それでも駄目なら・・・その時に話し合うことになっている。

Wi-Fiは「AirMac」で、これは2008年に自分で設定をした。確か購入時に同梱されていたマニュアルがある筈、と引き出しから探し出し、・・・6年の間に老いた頭と進んだ老眼は、折角私自身が書いておいたメモ書きすら見えない・・トラブルが起きる度にリセットをしていたので、以前の私のパソコン周囲には大抵クリップを伸ばした物が1個2個転がっていた。リセットボタンを押すための。長らくそのような作業からは遠のいている、ということになる。

(こんなに小さな文字が楽々読めた2008年~2010年)
8229846_2102903985_127large.jpg


ところが!今朝、かつてのメール内容を調べるためにパソコンを開いたら、何と!!ネットに繋がっているではないか!!!電波が全部の本数、即刻繋がった。その前に、来週のサポートのことがあるので、念のために娘のパソコンは繋がるのか見てもらったら、昨日までの私の状態。

その*COMの電話で言われた「1つのルーターで、それだけの機器へ電波を飛ばすことに無理があり、混線しているのではないか?」という意見が的を射ているかもしれない。
Mal seh'n…

と、広告を消す為だったのが…書き始めれば長くなり、他は又。
ネットに繋がっている間に送信!





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1079-9cadac4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当たり前になった生活 «  | BLOG TOP |  » 地震の如き揺れ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する