辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

首筋から背中の痛み - 2014.06.24 Tue

21日の勉強会で偶々「四十肩」「五十肩」の話が出て、私は最近至って肩周囲は健康!と言っていたのに…

実は…勉強会のおしまい辺りから右の首筋に違和感。
夜寝る頃には広範囲の痛みに変わり、まさか六十肩なんていうものは存在しなかろう・・・
こういう時は「今日何をしたか」ではなく、「昨日何をしたか」「一昨日何をしたか」になっている昨今…の年齢です。明らかに物置の片付けと、大量の本を家まで運んだ所為ですな。物置から玄関は、距離にすれば20メートルほどですが、四角い土地の隅を歩くので道のりは35メートルほどか?それを両手に重い袋を持ち、一体何往復したろう?そして屈んで箱に詰めてはガムテープ・・の反復。

寝る前に湿布を貼り、古いモービックとミオナールも服用したが治らず、翌日曜はいつもの整骨院へ一番で。
日曜はごった返し、駐車スペースも満タンなのにカラッポ。雨の所為か?
でも診察はしているようで、待合室には人影が。
玄関に入るや、「第4日曜は休診です」「間違えていらした方は治療します」と親切な貼り紙。
しかも、院長もおられるとのことで治療して頂いた。やはり、そういった作業による典型、と。
湿布も貼り、夕方には少し改善。

翌月曜は折良く大学病院の整形外科の予約で、骨粗鬆症のレントゲン(腰椎と大腿骨)と診察が入っていた。
骨粗鬆症は有難いことに横這い乃至右肩上がりながら、平均としては80歳。40代終わりからずっと。これはステロイドにより、骨芽細胞を作るALPという酵素が激減しっぱなしの為らしい。
診察の折に、首筋から背中の事情を話してモービックとミオナールも快く出して頂けた。
何と!先生も引っ越しの折に大量の本を自分で運び(若いものをこき使っては悪い、と遠慮したとのこと)、首筋の痛みはもう何年も治らず、多分これからもこのまま・・と言われた。そういう作業を自分でやっては駄目なんですよ、と。
はぁ……この先生、いつもパソコンに向かって話しかけておられるように見えていたのですが、首が回らないということですね。必要あって患者の顔を見る時には、椅子ごとぐるり…多分そういう事情…(ずっと「私の顔など知らないんじゃないの?」なんて身内に話して、申し訳ないことをいたしました)



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1060-47760124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約投稿の試し «  | BLOG TOP |  » 今月二組目の勉強会

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する