辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

断捨離…けれども酷暑の週末 - 2014.06.02 Mon

春の連休を逃してしまったため、案の定酷暑。梅雨入りもまだだというのに!?
異常気象であり、本来こんな気候ではない。

最近は年齢の所為か、仕事のために体力温存第一…それどころか夕飯の途中から睡魔に襲われるほどの我が情けない体力。
頭の中の優先順位を変更したらどうなるか?
今年は「断捨離」を最優先すべき、と追い立てられているが如く、いや、実際「物置を壊す気、ないんでしょ!」などと追い立てられているのだが、なかなか思う様に事が運ぶわけはない。断捨離作業の順番を頭の中ではプログラミングしている。若い頃は何でも予定表を作り、その通りに動けたものだが…今は無理…


若い頃、と言えば、「今日が一番若い日」を数年前に聞いてから意識している。自分のピアノを何とか第1にしたいところだが、それも実行不可能、結局去ってしまった。現実は、教えることが第1になっているが、実生活は孫の可愛さに何かと時間が経つのを忘れる。朝もまず娘が孫を連れて「朝のごあいさつ」にやって来るや…じじばば共に孫の眼差しには勝てず、あっと言う間に時間が経ってしまう。これではヘルパー業だわ、という日もある。
あれこれの優先順位は暫く去らせてみることも大切かもしれない。
生徒のレッスンの方法もそのひとつかもしれない。いや、優先順位から外す訳では決してない。「過保護」の領域に入るべきではない、の意。特に教師をしている生徒さんたちには、自分で考えて実践してみる方向に導くべきだ。勿論そのスタートラインはイヤほど詳しく、方向付けは丁寧に指導する。「レッスンは録音して家で聴き直して!」とこちらから言うケースの多さ(99%)。けれども私の過保護により、「創意工夫」や「試行錯誤」する力を奪ってしまうほどの「何年間も手取り足取り」は絶対に避けるべし。そもそもいつまでも一人ワンレッスンに4時間もかけるべきではなかろう。習う側は「習った気になるだけ」で消化不良を起こしている筈。教える側は翌日まで疲労が残るだけ。かといって、そういつも体力温存で構えてもいられない。
小声で……が、手を抜けばその分、後で倍になって手がかかる現実もあり。


という訳で、生徒たちが来る日も、他のやるべきことがあれば、それもこなす決意。
つまり・・・この土曜は物置の片付けを始めた。生徒の約束時刻の11時まで。午後ももう一人入ったまま。
日曜は午後に生徒。でも教会は行き、更にその前早朝に自分の練習を小一時間ほど。

・・・

・・・

猛暑も相俟ってか、身体が持つわけはなかった。
特に車の運転。全ての窓を全開にしても、クーラーフル回転にしても、行き帰りはサウナ状態。娘と孫も乗せての往復。執拗ながら梅雨入り前に???

でも、教会は本当に行けばホッとする。
娘も、「聖書を読んだだけでは分からなかったことが、先生のお話で『なるほど』と面白いくらい理解できた」と言う。今回の箇所で、牧師は古典落語の「千両みかん」を引用された。(これはいずれ娘に代筆してもらおう…)
その前の週、つまり孫の祝福式の日の説教然り。その日は「子どもたちへのメッセージ」といって、子どものための礼拝を大人の礼拝に短時間入れる。それも充実したひとときだった。
「聖書」には直接書かれていない事柄を、牧師の説教を通じて、とても分かり易く背景や詳細を新しく私(たち)は学んでいる。


それは又の機会にし、「酷暑」だった・・
月曜は膠原病内科。朝っぱらから熱気の籠もった車を転がして。
いつも血液検査で1時間も待つので、8時過ぎに家を出てみたところ、検査までの待ち時間は5分だった!!
その後毎度お馴染みの朝食をカフェにて。
8229846_2079428686_129large.jpg

銀行のATMなど雑用も済ませて診察待合室に戻った。
会計と薬局は待ったが、9時半の予約で12時ジャストに帰宅出来たのには驚いた。
午後は昼寝。孫の声も何の其の、マイペースで爆睡。

あぁ、断捨離よ・・・

文脈が支離滅裂になってきた。
暑さの所為にしておく。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1056-e77f9c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長くなった勉強会 «  | BLOG TOP |  » 断捨離開始?

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する