FC2ブログ
A D M I N

2020-03

たかが築10年、されど築10年 - 2014.05.24 Sat

毎度似たようなタイトルですみません。

今回はハードの話ではなくソフト。
色々故障続きです。

まず…
インターフォン。
二世帯用に2つ付いている片方が壊れた。
(後になって故障と分かった)画面に人が映らない「ピンポーン」は「いたずら」かと思った。
鳴るや、液晶を見ても誰も居ない。念のため家の周囲をぐるり。
道路は結構人通りがあるし、すぐ向こうで家を何軒も建てているので、「いたずら」だとしたら誰かこちらを見るだろう。

そうこうするうちに全く鳴らないことが多くなった。
特に大雨の後。2月の大雪もだった。更に、急に気温が下がった日にも。
ところが、いつの間にか直る。
修復不能、と言われたが、「鳴らなくなる」→「自然に鳴るようになる」を繰り返して様子を見ていた。

けれども、この1ヶ月ほど、時間を問わずに「鳴る」!!誰も押していないのに。
どうも、その押しても鳴らなかった接触の悪さが、何かの拍子に接触したのではないか?と、又してもどうしろうとの推測。押した回数だけ時刻を問わず鳴るのだろう・・・昼夜を問わず・・・

これを読んで、「よし、いたずらしてやろう」と思ったあなた!駄目ですよ!我が家にはこっそり防犯、いや犯人探知機が付いておりますから

もう片方が鳴るうちはこのままにします。


さて、次の故障。
これはちょっと違うか・・
2004年、折しも壊れかけていたテレビ。
新築と同時に買いました。
地デジ化の話も既に知らされていたので。
当時としては最新の大きなもの。ヴィデオもHDDでもDVD−Rでも録画可能の物と一緒に購入。

ところが!
今年になってからヴィデオを見ていると「2015年をもって機能は終了」みたいな画面が出る。
しかもこの数ヶ月前からは、まだ満タンになっていないHDDも使えず、DVDも見られないではないか!
HDDの中身をDVD-Rにダビングしよう、とマニュアル通りの操作しても出来ない。

あーーーーーーーー・・・

亡き母がよくこぼしていた「10年経つと、次々壊れて、予定外の出費が嵩むのよ」はこれだったか・・
我が家はよく持った方だ。最近の電化製品は「売れないと困る」ので、一定の時期が来ると壊れるように作られている、という話を新聞で読んだことがある。
ヴィデオは、どうせ録画してあっても「録画した」という安心から、結局見ないものが殆どなので放置。寧ろ昔のVHSやβを復活させたい!
また、テレビは如何せん(今になると)小さい。ほんの3−4メートル離れると小さな文字は判読不能。



ところで。
NHKの朝ドラ、前回のは殆ど見なかった。(料理関係だったか…?)

今回は、オープニングの風景につられて見入っている。
というのも、10年前のこの家の設計時、屋根をどうしましょう?窓は?の時点で思い付いたのが、「Anne of Green Gables」!!
10代の頃に憧れた、プリンスエドワード島にあるという屋根裏部屋付きの緑色の切妻屋根!是非そのイメージで!と業者さんに無理なお願いし、私もネット検索するなどして希望を添付した。

8229846_2088247606_137large.jpg 8229846_2088247607_144large.jpg

結局その全く同じ緑色は無く、玄関の形も余りに道路に面してしまったので不可能。(最初に考えなかった依頼主が悪いんで…)
広い土地の一軒家でもないので(のに?)、妥協の線で精一杯業者さんが考えてくださったのが、既に築10年となったこの我が家。

「花子とアン」のオープニングの、玄関が開いてアンが飛び出してくるあたり、既に覚えてしまったのに毎日家と周囲の風景に見入り、麦藁帽子を目で追ってしまう。

では、ごきげんよう、さようなら。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1053-c52a37e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

孫の幼児祝福式 «  | BLOG TOP |  » 築0年の前に

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する