辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

築10年と築0年 - 2014.05.21 Wed

又しても築10年の我が家の話…本当に数え切れないほどある。
適度な暴露話。

今日は「物置」。

築0年にあたり、庭の3つの物置解体に迫られている。
この前の大連休が最後のチャンスだと思っていた。梅雨の前、酷暑の前、しかも虫刺されの前!
が、パソコンに向かって多忙を極める婿。不可能なまま過ぎた。
脚立に上って物を下ろしては中を確認、分別、廃棄、という作業は、我々夫婦だけでは到底不可能…。
特に夫は  - 娘夫婦が此処に引っ越してくる時、業者も頼まず -  運搬を全面的に手伝い、腰を痛めて今に至る(脊柱管狭窄症だか椎間板ヘルニアだか…による座骨神経痛…勿論随分軽減はしたが)。


尤も3つの物置のうち、1つは簡単だ。楽器ケースや旅行鞄のような嵩張る物が単に収納されているだけだから。
大問題は他の2つ。

一番は、私が嫁に来る前からある土台付きの特注物置。
母屋が全焼した2002年暮れ、年が明けるのを待って、中にあった義父の作品は長野のアトリエに運んだ。難を逃れた家具調度と共に。
幸い焼け残った約6坪を私たちの狭いスペースに繋げて義父共々生活する筈が、繋げる折に私たちの家側にシロアリの大災害まで見つかり、今の家を建てる計画をせざるを得なくなった2003年。その物置に「取り敢えず保管しておきたいが、今は分別不能」と思しきものを運び入れた。
家が完成した2004年。古い(シロアリで柱が全くなくなった)家は年内の解体を迫られ、私は12月に2回の演奏会を控え、出来るところまで分別・梱包、最後の運搬は家族に任せた。
大したものは存在しない筈。ただ、例えば段ボール1つの中に、自分が生きている間には捨てたくない物がほんの2−3個でもあったとしたら…やはり確認してから処分したい。それは勿論私だけではない。
義父の遺品も入っている。子供たちの幼かりし日の諸々も入っている。(目下再生出来ずにいる)子供達を録ったヴィデオもある。息子夫婦の大学時代の作品(大きな塑像)も入っている。

母の遺品の物置は、(話が一足飛びだが、向かいのマンションに越してきていた)母が2006年12月に亡くなり、2月一杯でマンションを空けねばならなくなった時、大急ぎで建ててもらい、空調まで設置し、殆ど全部の物を大急ぎで運び入れた。

「大変なのよ〜」と友人たちに話せば、誰もが異口同音に、(関西に移住した)息子さんの物は、梱包して送ってしまって、向こうで分別してもらったらよいじゃないの、と言う。うん、確かに!!


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1050-e392b276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

誤解を避けるために «  | BLOG TOP |  » 我が家、馬鹿ぶりの暴露

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する