FC2ブログ
A D M I N

2020-04

振付(演奏家から見ると…) - 2014.03.08 Sat

今まで余り度々触れているので執拗…
フィギュアの「音楽の流れとの一致」ということについて。

でも、やはり気になるのであります。

下は、ラフマニノフピアノコンチェルト第2番の冒頭。
(クリックで拡大されます)
rachmaninoff_2_anfang.jpg

ピアノでイントロがあり、テーマに入る直前、バシッと決める前打音があり、更に2小節をピアノが前奏としてアルペッジョを弾いた後、第1テーマの朗々としたメロディを1.Vl, 2.Vl, Vlaとクラリネットが奏で、バス音はチェロとコントラバス、それとピアノの左手のアクセントの付いた音。ピアノのアルペッジョは伴奏です。
そのアルペッジョの始まり前にはrit.あり4分音符で重さを徐々にかけて、その「前打音」の付いたタクトになる訳です。
もしフィギュアでここをtriple axelに使うなら、丸印を付けた前打音で蹴って、a Tempoで着氷出来ないものか……ゼロコンマ何秒レベルでそういう音源が無いのであれば、選手が表現し易い(寧ろ回転し易い)間の取り方でその部分の音源を作ってもらい、ツギハギをしても構わないのでは??

その後のアルペッジョの中間の、ただなだらかにハーモニーが鳴っているだけの位置で勢いよく蹴ってジャンプされると、もし指揮者だったなら困ってしまうのでは…
勿論ジャンプとしては成功でしょうが、それでOKなのか。
更に述べることが許されるなら、イントロ8小節間はpoco a poco cresc.を腕の動きで構わないので表現して欲しいように思います。

すみません。傲慢は承知です。どれだけの難度を克服しているか分かるだけに、それなら更に!!と思ってしまう次第です。

振付のコンクールなどがあったら面白い、とすら思ってしまいます。
同じ曲を使って、フィギュアで(バレエでも)音楽の起伏やハーモニーなどを考慮して振り付けるコンペティション。
個人的には大変興味があります。




関連記事

● COMMENT ●

No Title

https://www.youtube.com/watch?v=FqEs-Y_k7m8
前に書かれていらしたのはこのプログラムのジャンプでしょうか。
私は好きなので最近ユウチューブで見つけました。
音楽を表現するスケーターとして世界で高く評価されている鈴木さんが世界選手権で銅メダルをとったプログラムなので思い出の演技。
もっとも初めてオリンピックで滑ったウエストサイドものがたりが刺激的で一番心に焼き付いています。
ジャンプは大きな特点源ですから 振り付け師にも腕の見せ所でよくよく研究された上のプログラムと思います。これは振り付け師のカメレンゴにも自信の作ではないかと、、
振り付けのコンクールはやはりそのプログラムでのスケート競技での評価で決まると思います。どんな良いプログラムでもその選手の持ち味を生かし且つ競技として高得点がでないと評価されない。日本人もこれから世界で評価される振り付け師が大勢でそうで楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1022-f45004f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

脚の痛み… «  | BLOG TOP |  » 今年も浜松へ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する