FC2ブログ
A D M I N

2020-03

2月になってしまった! - 2014.02.01 Sat

パソコンに向かう時間が激減。

私としてのごく普通の日々に、同居の娘夫婦に子供が出来たことで、孫の顔見たさにあれこれ手伝う婆。
まさに日々刻々成長を見せてくれる孫は、自分の子供たちを育てていた時には感じなかった様々なことを、婆に考えさせてくれるし、喜ばせてくれる。

けれども明らかに老化は老化。
子育てをしていた時の「感覚」を身体が覚えているのに、あくまでも「感覚」!!これは、昔鉄棒で逆上がりが出来たから、と今突然やったら(出来たとしても)身体の節々を傷めるであろう想像と同じに違いない。

そんなこんな。
目の乾きは、毎週受診したとて変わらないことが分かったし医師にも迷惑だろう…と医師の教えを守り、寝る時には傍らに除湿器からの蒸気を浴び、ヒアレイン0.3%(ヒアルロン酸の点眼薬)とジクアス(ムチンの点眼薬)、それとマイティア(人工涙液)を使って何とか過ごしている。梅雨時だったら月に1本使わないことすらあるのに、1月はマイティア3本、ジクアス2本半、ヒアレインも2本半使った。

生徒たちのレッスンは、記憶している曲ばかりで敢えて譜面も広げずに幸いしているが、そうそう全く見ない、という訳にもいかない。稀に記憶が半世紀前のような曲も無くはない。

自分の練習も、倦怠感から昨年は又全面的に遠のいたが、こんなに遠のいてもいられない。
「片手ずつ記憶している曲(眼瞼を開かずに済む、の意)のワンセット」のようなプログラミングをして、向かえる日には30分〜1時間練習するだけ。あぁ、あと1−2年のうちにやりたいことは沢山あるのだが・・・

私の目下の聴衆は孫。
左手に抱っこをして右手でオルゴールのように和音入りで、けれどもオルゴールよりは表情豊かに奏でると、機嫌が直る。
昨日はママが先に入浴し、その後孫が呼ばれる迄、と、そのようにあやしていたら眠ってしまった。ぐっすりと!これではママが茹だってしまう!と、Durの曲をMollにしてみたら、うっすら目を開けた。
そうそう、泣き止まないのを傍らのソファに寝かせて、うるさいだろうな、と思いつつもショパンのエチュードを片っ端から弾き出したらすっかり泣き止み、ご機嫌になった。・・・と、こんな婆馬鹿の日々。
(娘も、ピアノの下に寝ていると心地良かったそうだ。まだ震災など考えもしなかった1980年代前半)

孫は寝る時、そのピアノの下で寝ていたママの歌で眠りにつく毎日らしい…どんなにぐずっていても。



1月末、リハビリ(PT、OT)が終了した。
1999年の入院中から15年近くお世話になった。
OTのS先生には感謝あるのみ、ピアノの道を復帰するための試行錯誤をして下さり、いや、それ以前に文字を書ける辺りからスタートしたが…何か問題が起きればOT!だった。お礼の言葉も見つからないほど感謝している。
決して治った、ということではなく…とS先生は言われる…「田中さん(私の本姓)の場合は、検査数値が上がった時には寝返りも打てない状態だからね!」と念を押された。
「普通の生活が出来て当然」「ピアノが弾けて当然」を理想にすることは図々しいかもな…加齢もある…少し後ずさりした辺りが丁度よいのかもしれない。



下の画像は、いつも屋根裏にひらりと転がっているシロモノ。
曲目から察するに、子供たちが小3と小1だった頃のものだと思う。
子供たちには日課の一覧表を作り、こなした日はニコニコマークを書いてやっていた。とは言え、当時は、宿題をしました、歯磨きをしました、のレベルだったと思うが。あとは息子の「ピアノでポップスを」、娘はバレエやピアノもまだやっていた頃。子供たちにだけ課題を評価して、自分は??と自分の予定表も並べてドアに貼っていた。結局画像が示す通り、予定は未定…自縛は自爆!
8229846_2044547540_57large.jpg


屋根裏を片付けねば!物置を片付けねば!!クローゼットを整理してスペースを作らねば!!!・・・と「ねば」のみで行動に移せないずぶん、もとい、自分。


書きたい日常の話は溜まっているが、忘れてしまったので近況だけ・・・又思い出した時に・・・

あ、「別館」は稀に更新しています。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1008-fb2c8c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

壊れたエアコン «  | BLOG TOP |  » 又更に10日が過ぎ…

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する