FC2ブログ
A D M I N

2020-04

又更に10日が過ぎ… - 2014.01.20 Mon

今日は既に1月20日。
加齢と共に毎日がどんどん短く感じる。多分無計画に過ごしているから(予定以外は睡眠)、と過ぎたこの10年間。
けれども昨年12月からは未だかつてないスピードで日々が飛びゆく。
振り返れば練習(勿論ピアノの、です)も全くしていない数ヶ月、いや、数年??
反省。
ただ、目が痛くてたまらない。これは変わらず。眼科医に言われることは分かっているものの、何とか楽にならぬものか、と毎週受診してしまう。
乾きに乾いた角膜。ジクアスとヒアレインで乗り切るしかないし、ベッドの横には加湿器も置いた、膵臓も目下のところ何とかなっているようだし、目の症状は無関係とも言われた。

相変わらず「どうして?」の私は(職業病だと思っている。「どうして弾けない?」「どうしたら弾ける?」と自分にも生徒にも常時頭が回転して過ぎた何十年)、どうしてこんなに目が痛い!?と、シェーグレン症候群だから仕方ない、と分かっていても何とか改善策を考えてしまう。医師は「パソコンを使う時には、眼瞼が半分閉じていられるよう、椅子を出来るだけ高くして画面を出来るだけ低くして」と仰り、それも実行している(足が床に届かなくなり、不要になったピアノ用の足台を置くほど!)。ただ、ピアノの譜読みだけは眼瞼半分では……というわけで、これはサボるに尽きる!
「知らない道の運転」も、まばたきする間もなく次々標識が出るので止めた。
もしかして12月に変更して頂いた高脂血症の薬の副作用では!?などとまで考えるドシロウト。眼科に相談するや、調べてくださり、それはあり得ない、と。

という訳で、ブログもまばら、書いても写真で埋め、頂いているメールの返信も、書きたくても滞ったままの年末年始。

眼科医は、孫1人増えただけでも生活がガラリと変わり、それによりシェーグレンが強く出ている、との解釈。…私もそれはそう思っているのだが…余り認めたくない…

ところで、漸くインフルエンザの予防接種を土曜に受けた。最寄りの診療所で。区の子育て支援、家族にインフルエンザの患者が出ると、完治まで使えないそうで…。
昨日になり、腕が赤く腫れて痛みと痒みに悩まされた。そういうものなのだろう、と過ぎていたが、夕方になってハタ!と閃いた。もう記憶の彼方になった乳癌の手術。腋窩リンパを廓清しているので、左で重い物を持ってはいけない、採血や血圧測定も右で、と何度も言われていたのに、「利き手と反対を出してください」と言われ、何も考えずに左腕を出した。昨夕は左腕全体が重くなっており、やってしまったかも…と甚だ慌て(予防接種など殆ど受けたことがないので)、他県の、いつも大変お世話になっている教授にメールで相談。即刻返信を頂き、今年のワクチンは可成り腫脹が出るタイプであることや、腋窩リンパについても接種液の滞留を起こすほどではないとのこと、ホッと胸をなで下ろした、というありさま。

気付けばうたた寝。
これ以上老いる前に、今年こそ練習しなくては、と思う(だけ


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/tb.php/1001-01d34746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2月になってしまった! «  | BLOG TOP |  » 新年も10日を過ぎ

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する