FC2ブログ
toppage

2021-05

2ヶ月分の備忘録/ご無沙汰の言い訳 - 2021.05.31 Mon



指はお蔭様でしっかり9割以上治った。ただ油断大敵で、出先の下駄箱(靴棚?)に靴を入れようとして、小指を突いたり擦ったり…「あっ!」と思った瞬間に2割ほど後ずさり。でも、よほど本気で鍵盤を強打する以外は支障なし。絆創膏を念のために貼っておけば良いレベル。外出時に絆創膏を貼る習慣を付ければよいのだと何かあってから反省する粗忽者。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

この数ヶ月はとても繁雑な事務に追われる日々だった気がする。
・・・毎度のことながらその過程で伴う「文明の利器」に往生していた、ということか…。
必要なサイトの中のPDFファイルを読むのだが、最近はパソコン画面上ではとても読めない。27インチのパソコンでなら文字は読めるが、余りに広い画面!目が左右の往復で疲れてしまう。一行を飛ばしたり、逆に重複したり。
プリントアウトして付箋を貼ったり蛍光ペンで「ここ!」と線を引いたり、が一番

ところが酷使し過ぎたのか、その大切なプリンタが壊れた HP(ヒューレットパッカード)に電話をかけるのだが、繋がるまでの待ち時間たるや…やっっっと繋がり、質問に答えながら次々こなして行く中…(内心それは自分で既に確認した、と言いたくなるようなレベルから始まり)感謝の気持ちは忘れずに… そのうちに電話サポートしてもらってもなかなか上手く行かない段階となる。電話の向こうの女性は忍耐強く次々指示を出しては試してくれる。老骨に鞭打って何とか着いて行く。そして最後は、よく紙詰まりの時に開く場所を開き、ローラーを綿棒で拭く作業と相成った。(その時は内心、「預けてやって頂けないの!?」と思ったが)教わったことで、次回同じ症状が出た時には自力で出来る!!無料で付き合ってくださった4時間には感謝あるのみ。
きっと10年と言わずとも、5年若かったら苦でもなかったに違いない。待ち時間を含めてとは言え、軽くかかった4時間、ひたすら指示されたようにこなすだけなのだが、何と疲れたこと・・・

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

さて、我が家のWi-Fiは、目一杯防音を施した音楽室では繋がらない。もう15年以上、それが当たり前になっていたが、J:COMの定期点検の折に尋ねてみた。「ポッド」というルーターを増やしたら良いのではないか?とのこと。鉛のシートが何枚も入った壁の部屋にも拘わらず、コンセントに差し込むだけで繋がるかもしれないそうだ。新しいものが次々開発されているらしい。これも以前に聞いてはいたが、工事とまでは言わずとも、業者さんに来て貰って作業して頂くとなれば、何時間も身動きが取れなくなることは見えるので、時間が惜しくて先延ばししていた。コロナ禍こそ時間は充分ある!今を逃すまい!とお願いした。
そして「ポッド」を1つ増やした。我が家のルーターは「AirMac」を型を新しくしつつ20年も使っていたが、こちらは「さようなら」と相成った。
さぁ!これでプリンタも生き返ったことだし、頑張れるぞ!!
ところがそのWi-Fi、パスワードが変更となって「12桁」。家の4台のパソコン、タブレット、スマホ・・・根気強く12桁を入れることとなった。
困ったのはプリンタ!!12桁も入らないのだ。今までは8桁だった。あてがわれた数字列を入れると、まさに8つ目くらいでスペースが無くなる。又電話サポート???
もう時間切れ。「電話が繋がるまでの時間」は優先順位から外れた。暫くはその都度コードで繋いでプリントアウトしよう。以前はそれが当たり前だったではないか!と。結局以来まる1ヶ月コードに繋げてプリントアウト・・・便利だったスマホでカシャ!!と撮ってプリンタにWi-Fi経由で送ることは出来なくなったまま・・・そろそろ待ち時間も覚悟して電話してみるか・・・

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

極めつけの待ち時間は、後期高齢者枠の夫のワクチン接種のネット予約だった。
我が区は何かと遅い!4月30日に予約開始というのに、クーポンが届いたのは28日!そして説明を読んだ。何だ、接種日を予約するなら、私がスマホでQRコードを読み込んで申し込めるではないか!
・・・と思ったのは甘くて、申込開始の30日はもう大変だった。区では開始日だったからか、繋がらないまま一時停止になり、準備してあった「駄目な日を省いた希望日」と「希望の会場」を選択してメモをしてあったというのに、クリックする度に「ただいまWEBサイトへの・・・」が何度も何度も出た。

8229846_2550053191_74large.jpg

そして、とうとう・・・

8229846_2550053168_106large.jpg

ニュースで知った。高齢者に代わり、子供や孫が作業をし、「連打」でリロードをするものだから、こういう不調となっていることを。
行きつ戻りつしている間に、どんどん枠も減って行くのが見えて、希望の会場を選ぶ度に「ただいまWEBサイトへのアクセスが・・」と出て堂々巡りをしているうちに、何と!!希望の会場も無くなり(選択肢の中には存在せず)、避けていた日が自動的に予約されてしまった! もう疲れたので、夫には、その入っていた用事の時間をずらしてもらうことになった・・・

予約出来ただけ良かった。夜中まで??と一瞬頭をよぎっていたから。

私自身の予約は後日(65歳から74歳の枠)5/6から発送開始とのことで、ベビーブーム世代を覚悟したが、いとも簡単に予約が出来た。とは言え、出遅れたのか、希望の会場は選択肢に無くなっていた。日程も6月末も末!皆さん早すぎ!!いや、選択肢がサイトに出ていないだけなのかもしれない。

夫は5月18日に無事に接種第1回目終了。翌日には2度目の接種の予約、今度はいとも簡単に進んだ(やはり希望会場は無くなっていたが)。1回目なので特に後遺症も問題なく…翌日月1回の主治医の定期健診を受けたら、主治医ご自身が接種した箇所に湿布薬を貼っていたそうだ。2回目は痛みも酷いらしい。

数日前、自転車でも行ける近い病院が3箇所加わり、接種が「6月1日から」「6月7日から」とがある。コールセンターに早速電話をした。「混み合っております。おかけ直し下さい」は無視してじっと待つ。0120ではないから電話代もかかるだろうが、一旦切ったら最初から待ち直すことになるのではないか、忍耐強く電話代も気にせずに待った。
やっと繋がったが、まずは6月末の既に予約してあるものをキャンセルしないと申し込みは出来ないとのこと。そんなことしていては、「二兎追うものは一兎をも得ず」状態になってしまうではないか!!キャンセルが後ではいけないの?と心穏やかではない。基礎疾患持ちの高齢者であることを告げ、とても大手町まで公共の交通機関を使って出向くことは選択肢にないこと、区内ので可能性はあるのかどうか、せめて3つの病院の空き状況だけでも…と訊いた。親切にも1つずつの病院の状況を調べてくださった。けれども予測通り、空いているのは6月も後半、それも片手の指の数ほど・・・
やれやれ・・・諦めた。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

5月半ば、久々に階段の最下段で見落とした「最下段」。
我が家は、理由はいくつかあったが、ちょっと見落としやすい「一番下まで来ましたよ(つまり、ここから廊下)」の段。
もう1段ある錯覚で降りてきて、脚がカクっとなる。それで「ここから廊下」と分かるように小さなカーペットを敷いているのだが、この日は持っていたヒラヒラした布で足下を見落とした。

8229846_2550088233_22large.jpg

2階に居た夫がビックリするほどの音を立ててコケてしまった・・・
それが水曜。正座をしようものなら悲鳴モノ。又、私はソファの上でも正座をするので、固い部分に膝がぶつかっては悲鳴。一応整形外科にも行った。3週間以上かかるが、打撲は打撲。触れない限りは痛まないので放置している。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

ショックな出来事は、我々の室内楽仲間、最近ではコンマスをお願いしている先輩が亡くなられてしまったこと。
以前より、自己免疫性の「間質性肺炎」(免疫不全からくる病気で、自分で自分の肺に炎症をを起こさせてしまう)で酸素を持ち歩いていることは知っていた。大学の1年先輩。長く夫の大学の同僚でもあった。
穏和でユーモアのある方だった。
丁度一年前、そのような自己免疫疾患での「間質性肺炎」に堪能な病院やお医者さんをご存知でしたら、と相談を持ちかけられ、間に立って紹介することが出来、安心していたのだが。
それに関することは又いずれ・・・

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

数日前は固定電話の子機の件。もう何年も使えず、おそらく充電池が空になっているのだろう、と駄目元ながらAmazonで同じ形で「ニッケル水素充電池」「2.4V 600mAh」と書かれてあるものを注文してみた。電話器そのものの型が古いのは分かっているが、今の状態では2階の親機は使えても、階下の子機は全く用を為さない。届いた充電池は案の定微妙に差し込み口の形が違って使えなかった。何かぴったりの充電池は存在せぬものか?NTTに電話をして訊いてみた。この電話が又しても繋がるのをひたすら待った。その後、型を調べるから一旦切ります、とそのまま半日待った。
結局新品を購入するしか選択肢はないらしい。或いは子機はこの数年使っていなかったのだし、無いものとするか・・・エンドレスの「やれやれ…」は無限に続いています


粗忽者の小指先端。ピアノ弾きでなければ至極正常。何でも出来ます

IMG_5469のコピー



関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2021 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、筆者を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する