辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
topimage

2021-03

順調に治りつつあります - 2021.03.26 Fri


通院は3月10日に卒業し、もう日常生活では普通に使っている小指。
パソコンは(相変わらず「A」のキーに小指をほぼ固定の)ブラインドタッチも痛みも感じることなく打てています。

ピアノは、ケアリーブを貼って、「ついうっかり弾いてしまった!」時の為に備え・・・



※こういうものは…と思われる方もおありかと、小さくアップしておきます。

3月19日の指先

20210319.jpg

この段差になっている皮は??と思っていたところ、徐々に剥けて、「ついうっかり」に備え、念のためにイソジンゲルを軽く塗ってケアリーブ。
徐々に段差も消えてきました。


3月23日の指先

20210323.jpg



3月26日の指先

20210326.jpg



治りだしたら早い&速い!!
あとは「ついうっかり」に気を付けて、ピアノも左手第5指は使わない。mp〜mf位なら「ついうっかり」も何とかなる。
音階は第5指を母指に置き換えて弾く。寧ろ練習になる。オクターブも第4指で届くところは置き換える。
(と言っても、何だかんだとバタバタしており、ピアノに手を触れない日の方が多いのだが💦💦)
1〜2ヶ月後には普通にforteも弾けているのではないかと推察。バスの音量次第で全体の響き、ハモりも変わりますから、存分に鳴らせられる日の早いことを願う。

皮膚の中の赤い部分、触れば痛むが、もう少し盛り上がってくる筈、と期待しているところです。


関連記事

通院は卒業 - 2021.03.10 Wed


1時間に2本しかないバスでいつものクリニックへ。
3時半を境に、前は乗客ガラガラ、後は下校時になるらしく複数のバス停でドッと乗り込んでくることが分かった。

クリニックでは「今日で通院は卒業です」となった。
あとは、出来るだけ何も貼らず、巻かず、空気にさらして普通に生活すること、入浴も血流が良くなるのでお勧め、それも何も貼らずに・・・といった注意。粗忽者としては不安がよぎる。絆創膏を貼っていても、うっかり壁で擦ったり柱に突いたり、何度痛い思いをしたことか。
ピアノだけはなぁ…まだまだ保護が必要。先生も認める。


今日の最大のショックは、前回、別な病院の明細書や領収書、検査結果(骨密度の詳しいレントゲン結果)などの入ったファイルを待合室のソファに忘れて帰ったそうで、受付嬢から渡され、それまで全く気付いていなかったこと。いよいよ危ない。
よ〜〜〜く思い出した。そうだ、着いたのが余りに早すぎ、時間潰しに苺大福を購入しに出て、戻って荷物を1つにしようとリュックの中身を出して一番下に押し込んだのだった!その時に出したファイルを置き去りにした…という記憶は飛んでいるが、そういうことらしい。
やれやれ (絵文字がいくつあっても足りない心情)

苺大福は買わずに鋭角斜め前のバス停から乗って帰宅した。
疲れた1日だった・・・



※指の経過画像。こういうものは…と思われる方もおありかと、小さくアップしておきます。

3月3日

20210303.jpg


3月4日

20210304.jpg


3月7日
デュオアクティブETが届いたので、自分で被せてみました。最も体液は殆ど出ていないので、効き目は分からない。

20210307.jpg 20210307_2.jpg

ひと昔前には考えられなかった「自分の体液で、つまり自己の治癒力を使う道具である「デュオアクティブET」、素晴らしすぎ!!


関連記事

ちょっと遅れた雛祭り - 2021.03.07 Sun


皆でどこかしら体調を崩し、3月3日の雛祭りは7日に延期。

七段飾りは、1983年娘の初節句に間に合うようにと義母が木目込み人形で作ってくれたもの。
今は亡き義父母、私の父母と祖母も元気。何と若い!!今の私より遥かに年下だもの。

8229846_2414018421_88large.jpg
じっとしていないやんちゃ息子(今は男の子2人の父親)が、お雛様へのお供えをいじって、義母と姪と我が夫に叱られている様子と、一同整って座っている写真(私が撮しているので私は写っていません)。

隅でちょこんと父親の膝に座っている主役の娘も、今は女の子2人の母親となり、お雛様もその子供達のために飾られています。
(今年の雛壇、下まで入らず)

8229846_2414025733_131large.jpg


上の孫娘が小1になり、下のは4月から幼稚園。
お雛様の写真を見るにつけ、時の過ぎる速さと成長の速さに愕然・・・爺婆の老化の速さにはもっと愕然・・・


そうそう、まだ孫達が生まれる前の2011年のお雛様は、娘夫婦が同じ区内ながら手狭なマンションに住んでおり、娘の為に我が家に飾ったものでしたが、折しも3月11日の大震災!!家は大きく揺れましたが、雛壇は雪洞が片方倒れただけだったことを思い出します。
8229846_2401399777_63large.jpg

その震災の日、新宿の高層ビル四十数階で仕事をしていた息子、デスクと共に床を滑るように右へ左へ、窓の外の他のビル群と交差するように揺すられ、ここで終わる、と思ったそうだ。想像に余りある。エレベータも止まり、階段で地上に降り、営業先に連絡すれども電話は繋がらず、保育園に預けている息子を迎えに行かねば、と青梅街道を歩き出したものの凄まじい人数の行列はテレビで見た通り。公衆電話もなく、あっても行列・・・やっと電話が我が家に繋がり、夫に何とか保育園(当時萩山在住だったか?)まで送って欲しい旨。夫は荻窪駅近辺でピックアップ・・・行きはよいよい帰りは大渋滞で深夜に帰宅。
翌日だったか、一家で我が家に来ていた時、テレビで福島の原発の爆発を皆で目の当たりにし、茫然自失…


雛祭りでした。
その後上の孫が生まれた頃は我が家に住んでおり、レッスン室に飾ってちらし寿司でお祝い。

8229846_2414018420_167large.jpg 8229846_2414018419_65large.jpg

手狭になり、家を建てて独立した後も、お祝いは新居で一緒に。
8229846_2414018417_174large.jpg 8229846_2414018424_251large.jpg 8229846_2414018427_118large.jpg

ちらし寿司だけは今でも私の担当。
毎年卵10個分の錦糸卵…今年はご飯の量に対して何とも多すぎでした。海苔も。色とりどり鮮やかな具が全部隠れてしまった。計算がすっかり出来なくなって…以前は食べる量が全員多かった。
8229846_2414018423_121large.jpg


娘特製のお雛様ケーキ。
8229846_2414018422_42large.jpg


・・・とパソコンの中の写真を並べてみただけ(そのうち、あれは誰?これは誰?になるに違いないので)・・・


関連記事

指・更にその後 - 2021.03.03 Wed


いつものクリニックに着いたら、30分早すぎて、これから掃除をするところだ、と言われ、結局例の店へ。

8229846_2401393367_138large.jpg

えっ!?600円なの?今日は・・と一瞬慌てましたが、600円のと280円のと2種類あり(苺の違いらしい)、勿論後者です。その他、よもぎ餅のやわらかい大福(明日まで賞味期間)も購入。

8229846_2401393366_53large.jpg

店は10人も並んでいたというのに、ジャスト3時に病院に戻れた。

小指の先、順調に改善されつつあるようで、体液を使って治すというシート(明細票によれば「皮膚欠損用創傷被覆材」と印字されている)が本当によく効いているので、何という名称か尋ねた。「デュオアクティブET」というそうだ。処置に改めて感謝!あとは覆わずに空気にさらしておいた方が皮膚が厚くなってくるとのこと。でもそれで万が一何かにぶつけたら怖いものがある……
何か起きた時には勿論「キズパワーパッド」でもOKだそうですが、先生によれば、キズパワーパッドは硬いというか小指の先には相応しくないようで、ひと工夫必要なのだそうです。
「病院の、その『デュオアクティブET』を1シートお分け頂けませんか?」と厚かましく訊いたら、通し番号が付いているそうで不可能とのこと。「でもネットで買えるらしいですよ」と患者さんからの逆情報を教えてくれました。

その後、夕飯の支度も億劫にて、駅の紀伊國屋で大きな大海老天重を2パック購入・・・きっと衣揚げに違いない・・・💦

8229846_2401393415_140large.jpg


諦めていた1時間に2本のバス、50分発が停まっていたので走りに走った   飛び乗った  ・・・乗客は私だけだった・・・

帰宅して、早速「デュオアクティブET」をネットで検索。Amazonは医療従事者に限るようで、楽天で注文したところです。はてさて・・・大枚叩いて購入したが、思ったのが届くかどうか・・・


後日追記;
こんな感じのものです。大きなのが届いてしまったので、小さく切って使います。

デュオアクティブET



関連記事

偶然テレビで見た - 2021.03.02 Tue


先日、例の指先のことで「体液を使って治すのが主流です」と医師に言われ、「体液とは血漿ですか」と質問したところ、「そうです。あとはリンパ液や水分(細胞の?)…」と答えて下さり、そうか…どうしろうの頭も満更捨てたものでもない…と思っていた。
昨晩夜中に(余りに国会中継の再放送が喧しいので起こされ)チャンネルを替えたら、「体液が…」とやっているではないか!?
"HUMANIENCE"という見たことのない番組だった。体液のひとつ、血漿の中の蛋白質が関係しているらしい。以前だったら輸血をするところ、自分の持っている血漿中の蛋白質が治療をするそうだ。途中からほんの少しだったが、現在受けている治療が最先端で全く正しいこと、頷けた。

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2021 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、筆者を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する