辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
topimage

2021-02

その後の2回の受診 - 2021.02.28 Sun


2月22日

大御所・元院長の居られる日を選んで受診。
まだですね、欠片が思ったより大きかったのでしょう、と言われた。それで私も、欠片は救急に持って行き縫って欲しかったが、感染症を起こすとの理由で捨てられた、という経緯を説明した。「確かにそれもそうなのです。でも比較的大きな欠片なら縫い付けることはあります」と。
更に詳しいご説明:一時期はガーゼで体液を吸い取って治療する傾向にあったが、最近では体液を使った方が皮が早く張ってくることが判明し、それ用の(明細票に「皮膚欠損用創傷被覆材」と印字されている)シートを使うのが主流になっている。それが市販では「キズパワーパッド」という名称で売られている。
病院ではとても薄いシートで、それを傷口のサイズに丸く、しかしゆとりを持ったサイズに、周囲に細かく切り込みを入れて周りから囲って貼り付ける。外れないように細いテーピングでグルグルっと固定。恰幅の甚だ良い先生が、爪より小さな円形を切り取り、こんな細かくハサミで切り込みを入れる作業…私の小さな折紙での切り紙以上の器用さだわ・・・といたく感服。それもそうだ!!日頃救急車で運び込まれてくる患者さん達の体内を、細かく切ったり縫ったりしておられるのだもの・・・
「はい、おしまいです」・・・えっ!?これも最近の主流?シートを透して切り口が丸見えではないか・・・真ん中が赤く、その周りが体液の色、輪郭は白い新しい皮・・
ガーゼで隠して頂けますか?とお願いした。買い物してレジで財布だのカードだの出したら丸見えだから。
看護師にガーゼとテーピングでカバーする指示を出して下さった。その間も具体的な説明に余念がない。私が、パソコンの「A」のキーに小指を固定してブラインドタッチで打つので、せめてパソコンのキーだけでも打てるようにしたいとの希望を言うと、「僕なんか両手とも一本指で打ちますよ」と…(いや、絶対10本指で打っているに違いない、私をリラックスさせたいのだろう、と勝手に解釈)
そして、こまめに替えると効果が無くなるので、3〜4日、4〜5日空けて大丈夫ですよ、とのこと。次回の先生の診療日を訊いて終えた。
丁寧な指導、説明、何が分かっていないかが分からない患者にとって、一番有難い。



2月27日

可成り治って来ているそうだ。丸4日空けたのが良かったか。
先週別な医師に言われた「神経は切断されていて、繋がることはない」という話を確認した。「そう直ぐに、という訳にはいかないが、不思議と繋がってくる」そうだ。その昔本か何かで、バイパスを作りながら遠回りしつつも繋がってくるという話を読んだことがあるので質問した次第。「肉は盛り上がって来ますか?」という質問にも「はい、大丈夫です」。
順調に治ってきているので、通院はあと2回で済みそうな口ぶりだった。幸い左手の怪我なので、その後は自分でも右手で切ったり貼ったり何とかなるだろう。
余りに動かさずにいると固まってしまうこともあると、先日来気にしていたことを先生側から指摘されて、やはりそうか…と安心した。ピアノも、打鍵こそしないが(チビちゃん初心者の指練習くらいは見せられるレベルで動かす)、付け根から鍵盤を沈める位なら、覆っていさえすれば全く痛まず出来るまでに回復している。

運動不足なので歩いて帰ろうと思ったが、折角近くまで来たのだから・・・
と此処↓に寄り、注文してから作る大きなまん丸のイチゴ大福を6個購入。

8229846_2377968687_142large.jpg  8229846_2377968679_2large.jpg  


(お雛様用)
154792166_3764131783670931_5940937907505219698_n.jpg

駅でSuicaをチャージ、紀伊國屋でお弁当を購入し、バスで帰宅した。



それにしても色々な病気や怪我で多くの医師に出逢うものだから、常に „entweder optimistisch oder pessimistisch“ではなく!!と希望する。
真実を告げつつも豊かな説明を納得の行くまで頂きたいのが患者(私だけ??そんなことはなかろう・・・)。


関連記事

指の治療 -つづき- - 2021.02.20 Sat


(2月26日に記載)

言われた通り、20日の土曜の担当医師に診て頂きました。

頑丈に巻かれたテープやガーゼを外し、止血されていることを確認。

「はい、そこの水道で傷口に付いているワタ(と言われたか?ともあれ毛羽だってくっついているもの)を石鹸で洗って全部取って!!」・・・看護師が言われているのかと思ったら、言われている対象は私だった。グズグズしていたら、「それを取らないと、次の作業が出来ないから」との声が、既に隣室に移動した医師から飛んで来た。

はぁ〜〜〜・・・
傷口の手当ては何かと慣れているものの、気の弱い人だったら、断面を見ただけで卒倒するだろうなぁ…と思いつつ、一生懸命に取った。血液の塊の中に食い込んでいるから、簡単には取れない。頑張った。「あの〜〜、毛抜きとかピンセットの類いがあれば捗るのですが…」と問うてみた。「余り取りすぎると出血するから」と言われた。もう出ていますって・・・
あとは医師が気長に取ってくれた。寡黙な方なのか、それともインフォームドコンセントが苦手な御方なのか…

そして、今までと質の違う四角いものの角を取ってえぐれた指先に貼り付け、「はい、おしまい。もし破けたら『キズパワーパッド』を貼って!」と。・・・そんな簡単に破けるものを剥き出しに?と思い、「あの〜、何かに触れたら危ないので、カバーして頂けませんか?」と訊いたら、看護師に「ガーゼでカバーして」と指示。
更に「その『キズパワーパッド』、処方して頂けませんか?」と訊いたら、「病院で処方はしない」と。「薬局で買えますか?」と訊いたら、「薬局では買えない。大型のドラッグストアで買って!」とのこと。必死に忘れぬよう、「きずぱわーぱっど=傷+power+pad」と頭で変換して暗記。
歩いて帰るつもりだったが、迎えに来て貰えばそのままキズパワーパッドを買いに寄れる、と夫に電話。気の利く夫は既にこちらに向かっているとのこと。途中でピックアップしてもらい、無事にサンドラッグへ。
店員に「キズパワーパッドはどこにありますか?」と言われ、案内されたのは何と!!バンドエイドの場所。

・・・・・これなら家に常備していますって・・・・・

切断した時も、貼ってしまおうか、迷ったほどです。結局吹き出る血液に負けましたが。

イヤな書き込みですね。(でも、こういうこともありますとの情報までにて)
何かの折、参考になりましたら幸いです(切断ではなく、切り傷程度なら、これを先ず貼っても良いかと。その後受診するにしても)。又経過を書かせて頂きます。

Amazonでも購入出来ます↓

   キズパワーパッド


※こんなものを人目に晒す!?!?と、不快に感じられる方もおありかと思うのですが、お役に立つこともある情報として小さく載せます。
一生懸命に取っている最中の綿。


20210220.jpg


関連記事

災害は忘れた頃に・・・粗忽者の記録 - 2021.02.18 Thu


全くこんな出来事を頻繁に書くブログもどうかと思うが・・・2/16火曜夜遅く、又しても大ドジ踏みました。

ドライフードメーカーに入れようと、林檎の芯をくり抜き、輪切りにしていて、左手小指まで輪切りに😰😱😭‼️爪ごと3ミリ位、もっとか…。
出血止まらず救急へ。指先の欠片も持参したが、縫えるような状態でなく、菌が入るだけだ、と捨てられた。

翌日水曜に再度受診(別クリニックだがかつての病院での院長)。まだまだ止まらず、拍動と共に痛む。止血剤を含ませた脱脂綿のボールのようなものを被せてしっかり固定された。止血したら次の段階の治療方法になるそうだ。
次回は別な医師になるが、土曜に来院すべく言われた。

粗忽者は、もう何度も指を怪我し、多分(ピアノ弾きとしての)プロ意識に欠けているのだろう…
折角制作しようと思って止まっていたYouTube(10年前に出版した『ピアノと向きあう』で、皆さんから「よく分からない」と言われる事柄をアップしようと)、指は10本中9本が健全でも一般に公開するものは不可能、おそらく「今はその時ではない」との思し召しなのだろう。

洗髪の機会を逸したままの怪我、余りの痒さに耐えられず、さりとて美容院はコロナ禍が故にとても行けない。頑丈に止血剤と共に固定された小指は単独でポリ袋と輪ゴムでカバー、その上からポリ袋3枚使って、親指は独立して動くようにし、絶対濡らさぬように洗って今日はスッキリ。

152034975_3734310166653093_2644466723322307055_nのコピー

パソコンでは左手小指をAのキーに殆ど固定する習慣、頻繁に打つため、ついうっかり(曲がらないのですが)使いそうで、当分スマホから📱💦💦
やれやれ、極小の手で辛うじて届くオクターブ。これが届かなくなったらどうしよう😰💦💦


別件画像は、この前の地震で傾いていることに今日気付いた額縁(亡き父による絵)。反対側の壁に掛けてある絵も少々傾いていた。地震翌日は、洗面台傍の諸々チューブの類が落ちていた。

151820685_3734310189986424_574310683323253347_nのコピー


関連記事

平成12年12月12日の動画 - 2021.02.15 Mon


ここにも書かせて頂いた、平成12年12月12日のコンサート。
信じられないほどの年月が経ちました。20年以上前になりますから・・・
やっとYouTube2本に全体をアップすることが出来ました。
そのいきさつは遡って改めることにするが;

第一部



第二部


ご覧頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。



関連記事

使いこなせない文明の利器 - 2021.02.08 Mon


もう20年も前の話。平成12年12月12日、私の50歳の誕生日に、お世話になった大学病院のレストランにベーゼンドルファーの厚意でピアノを運び入れて頂き、リサイタルを開きました。

19962582_3538426344.jpg

1999年の4ヶ月にわたる入院中には「ピアノは弾けない」(膠原病の「皮膚筋炎」という、皮膚と近位筋をやられる難病)と宣告めいたことを言われたのですが、退院後のリハビリとあらゆる科の受診で何とか2000年には人並み近い生活もピアノも戻りつつありました。1番のリハビリは、病院のレストランに見つけたアップライトピアノをいつでも気儘に弾かせてくださったこと…やがて、患者さん達からリクエストを頂き、当時メディアで有名になった曲を咄嗟の記憶で演奏したこと。更に患者さん方(私も含め)との交流が始まった…
その感謝や報告を述べたく、トーク入りのリサイタルをすることへトントン拍子に計画が進みました。レストランの営業は止めることなく、お食事をなさりながらの演奏会。
前日に急遽生徒さんのお一人にヴィデオレコーダーをお借りし、男性群は当日ぶっつけでマニュアルを見ながら録画をしてくださったのも凄いことです。

これは大変貴重な記録!パソコンに落としておかねばという気がかりと、又近年、大変お世話になった方が当日いらしていたらしいことを知り、もしいらして下さっていたのであればお詫びを述べねば!
チェックかたがたYouTubeにまるっと2本、編集もせずにアップすることにしました。

ヴィデオは、急いで翌日にお借りしたレコーダーから私のオンボロVHSにコピー、その8年後に(これは何か緊急の用事があった筈…思い出せない…)妹がDVDにコピーしてくれたものの、形式が.vobだったか?再生は出来てもパソコンに読み込めない…。ネット検索をして、mp4にする為のWondershere UniConverterとやらがヒットし、めでたくmp4にはなったものの、YouTubeに落としたところ、どんどん画像と音のずれが生じて酷くなる!!最後の方は音が鳴る1〜2分も前に手が弾き始める。最初にトークを入れた2本目など、1曲目で既にずれずれ…最後の方は、もう何ページずれている!?の有り様。
iMovieがこのパソコン(iMac OS10.15.7)では上手く扱えず、古い使い慣れたものに落として区切るか・・・それも億劫な話・・
「どなたか、もし良い方法をご存知でしたらご教示頂きたくお願い致します」とSNSに書いてアップしたところ、いつも親切な大学の同級生T.O.さんがソフトを紹介してくださった。
彼女が使っている、音と画像を合わせるソフトとのこと。
無料お試し期間3ヶ月をダウンロード・インストール。
ところが。。。頭の回転停止、何から見てよいのかすら拒否反応。
それでも頑張ってはみたものの、何日も徒労の日々。

このままでは余りにずれすぎて、自分が思い出として見るにも見づらく、ヴィデオレコーダーを貸してくださった生徒のお父上様にお願いしてコピーを頂きました。私には魔法としか思えないほどのもの。YouTubeにドラッグ&ドロップしたところ、スルッと数分でアップ出来ました。前のはGB単位の動画でしたが、何と数百MBの動画!
ドシロウトの全く慣れない業はいくら検索して変換してもそこ迄。
最初にアップしたものは消し、URL新たにYouTubeにアップした次第です。

常に「下手の考え休むに似たり」のわたくしめ・・・



関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2021 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、筆者を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する