FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-06

井内澄子先生が亡くなられてしまった! - 2020.06.20 Sat


6月5日に井内澄子先生が亡くなられたとのこと、ショックを受けています。

大学時代にずっと「ピアノのおけいこ」(NHK)を拝見し、幼少期からピアノ演奏に関して具体的なことは何も教わらずに至った自分でしたから、井内先生のテレビでの指導法から「創意工夫」「試行錯誤」の大切さを学び、結局今に至っているようなものです。
師事したいと思っても、当時は外部の先生に習っていることがバレようものなら教授会で取り上げられましたから、テレビから自分の曲に置き換え、練習方法を考えたものです。

1989年、JPTA(日本ピアノ教育連盟)の公開レッスンで、娘が井内先生の指導を受ける機会を得ました。
度々「まぁ、小さい手で、何てお利口さんなんでしょう!」連呼。娘は年中さんの11月にピアノを始めたばかりの当時小1夏。J.S.Bachの小プレリュードBWV 935と927、辛うじて弾いたと言うのに、勿体ないような熱心なご指導を受け、30分で鳴るタイマーは無視、先生の方が楽しまれていたようなイメージでした(半分親馬鹿)。…当時のJPTAのオーディションは小1〜3で括られ課題曲が組まれていたので、難易度の高すぎるそれらの曲は本人共々苦労しました。私は、「直接井内先生のレッスンに触れさせたい!」以前に、「娘へのレッスンを通じ、私自身教え方の工夫を学びたい」だったのかも……💦
翌日にお礼の手紙をお送りし、お返事も直ぐに頂き、雑談に加え、「奥さんのお子さんだったのですね。疑問氷解です!」と書かれてあったのを憶えています。『親と子のピアノ教室』というご著書が同封されてあり、夢中で読みました。
素晴らしい内容はピアノ教師をしている生徒たちにも是非読んで欲しいと長年思い続けていましたが、便利な世の中になり、貸出用としてAmazonのユーズドで数冊入手したほどです。

オーディション以来、年賀状のやり取りだけは続いていました。いつも先に頂いてしまうものですから、今年こそ!!と先にお送りしました。第28刷にもなった『こどものチェルニー』の楽譜(学研)を購入したご報告、お返事には「私は年賀状作戦失敗しました」とのことでしたが、第 II、III巻をお贈りくださるとのこと・・II、IIIも27刷と7刷のものながら購入させて頂いており、その旨をお伝えせねば、と思っていたところに、1月22日には下のURL、「NHKのひるまえほっと」のご出演!
お元気そうでとても嬉しくて「今度こそお手紙を!!」と思うのに、世の中コロナコロナに移行…落ち着いてペンを取る気持ちのゆとりもなく、漸く「書こう!」と思い立ち、その後もお元気に違いないけれど……と何気なく検索したところ、お弟子さんの白水芳枝さんのブログでの書き込みに行き着き、ご逝去を知ったという次第です。厚かましくその後白水さんに、1月のテレビ以降から4月、5月あたりの井内先生のご様子もお尋ねし、教えて頂きました。

娘の公開レッスンのカセットテープは「過去のお宝」になってしまいました。

8229846_2329412977_3large.jpg


ご冥福をお祈りし、心から感謝を申し上げます。


昭和48年『ピアノのおけいこ』発掘!動画も公開!

今年の1月22日に拝見したNHKの『ひるまえほっと』は以下です。
1年でピアノがこんなに!?47年前『ピアノのおけいこ』


関連記事

服部克久氏を悼む - 2020.06.11 Thu


インターネットのニュースで知った。
服部克久氏が亡くなられたと・・・

今から31年前、NHKの「ピアノでポップスを」という番組に息子がレギュラー出演させて頂いていました。
4月から半年間の放映でした。
以前から(私が)お世話になっていた長尾プロデューサーより電話があったのが2月だったか。「『ピアノでポップスを』という番組で、急遽ピアノの弾ける男の子を探しているのですが、生徒さんにいらっしゃいませんか?」ということだった。う〜〜〜ん…何年も教えている男の子は居ても、ポップスのリズム感はどんなだろう…と一旦考えさせて頂くべく電話を切った。
ほどなくして再度かかり、「お宅に息子さんがいらっしゃるのではありませんか?」と・・・
「はぁ、居りますが、ピアノは小1の11月から始めまして、まだ小2なんです。こなせますか?」「千絵子先生が付いていらっしゃるのですから…ともかく○日にオーディションがございますの。お受け頂けませんでしょうか」というやり取りがあって受ける話になった。

そしてオーディションでは何かのソナチネを弾き、審査員でいらした宮下博次さんが息子を選んでくださったらしい。

受かってから送られてきた楽譜!!む、む、難し過ぎです・・・初っぱなから"Like a Virgin"・・左右のリズムが全く違って、ソナチネのような訳には行かない。

あ、そんな話ではありませんでした。

とても懐かしく思い出します。
服部先生、大変お世話になりました。しかもチョロチョロ動き回る、勝手に話しかける、番組にご迷惑をお掛け致しました。
心からお悔やみを申し上げます。

1989年の最終回を貼り付けます。




YouTubeが此処ではうまく開けないこともありますので、その場合は以下をクリックで・・・

『ピアノでポップスを II』最終回

ひろのりくん:3:00〜
おかあさん:6:00〜
おとうさん:11:40〜
くみこちゃん:15:00〜
全員:20:05〜


更に余談ながら服部ファミリーの演奏を貼り付けます。
番組のエンディングにも使われていた「ル・ローヌ」

服部克久家の親子三世代が史上初共演!(服部克久[ピアノ]、息子:服部隆之[アレンジ/ピアノ]、孫娘:服部百音[ヴァイオリン])
代表曲「ル・ローヌ(河)」を新録音!
更なるお父上の服部良一さんも天国で喜んでいらっしゃるだろう…と思っていたところに…






関連記事

又しても文明の利器に四苦八苦 - 2020.06.09 Tue


(6月9日〜16日の記録)

周囲の方々がオンラインでのレッスンを始められている模様。
我が家はと言えば、音楽室は音が漏れぬように気密性を「これ以上は不可能」というところまで優先して建てた。
真上の部屋にWi-Fiはあるが、電波は音楽室に殆ど来ない。窓は、近所への迷惑を考え、分厚い合わせガラスを使っている上に更に二重窓。壁も鉛のシートを間に2〜3枚入れた石膏ボード、天井は何度も音を出しながら試行錯誤を繰り返して頂いた特殊な構造。どうしても電波を送受しなくてはならない時は、ドアを開けて廊下に出て試みる。それでも届かないと階段の途中まで上る。

工夫したところで報われないだろう。
その昔、留学して驚いた「国際電話」にも似て、「相手の話を聞き終わる前、早めに話し始める」にも似たタイムラグ。
さっさと諦め、LINEで動画と楽譜を送受することを考えた。
読み込みに時間がかかるので、動画は1本3分位まで区切って合計10分迄とし、楽譜はスマホ写真を送ってもらい、こちらでスマホからプリントアウト、そして動画で気付くことを片っ端から楽譜に書き込み、この書き上げたものをスマホ写真を撮ってLINEで添付。どうしても言葉や記号にならない時は、(仕方がないので)解説を喋りながらのこちらの動画も送る。
…という方法。

音を送るのであれば、少しでも良い音質にしたい。・・・と思いながら、年が明けてから一回も調律はしていないピアノたち。
それでも、SNSで情報を得た機器を買い足してあれこれ試す。買い足した最新のTASCAM DR-07X。
TASCAMはその昔、愛用していたRoland09が壊れた時、中古品を急遽買って一時期的に使ったことがある。それが断捨離中にも出て来て手もとにある。形は殆ど同じだが、録音だけ出来る宝の持ち腐れTASCAM↓

8229846_2329578437_249large.jpg


今回の用途にはこれではなく、最後にXの付くものだそう。
結局愛用のRolandも再々度壊れ、今では乾電池は入らなくなっており、アダプタでしか使えていない。それならこれを機に最新のTASCAMを購入しよう、となった次第。
それまでに、まぁ何とここまで散らかしたやら。我が家に存在するコードたちを。

8229846_2329412979_197large.jpg 8229846_2329093635_11large.jpg


さて・・・散乱させたコード類でiPhoneと最新のTASCAMをどうやって繋ぐ??最新のiPhoneはLightningの差込口が1個あるのみ。他に何も繋げられそうな穴(何という表現!?)は1つも無い。ここまでは出来ても先に進まない。
やっとTASCAMにHDMIを差し込む形が対応しているコードも1本見つけた。昔のHDMIは微妙に形が違う!



8229846_2329412980_66large.jpg

8229846_2329412981_142large.jpg

大昔の「秋葉原にひとっ走りだ!」という思考の習慣が一瞬湧いた。いやいや…「自粛中」だからこんなことをしている訳で…
しかも今はほぼ地元にヨドバシカメラがある。
先ずはAmazonでそれらしき物を購入。

8229846_2329490630_21large.jpg

画像だけではどうも違う気がする・・・注文をしてしまったが、届く前に「ヨドバシだ!」にて、店員をつかまえてこのiPhoneとこのTASCAMを繋ぐのです…と説明。何人かたらい回しにされて、Apple担当の方に説明してめでたくゲット。しかも当然Appleの純正品。

8229846_2329418103_43large.jpg

Amazonから届いた物を比較して、全く同じ仕様のものが2つになってしまったことが判明。
それでも繋げることも出来たことに先ずは万々歳!(Appleの純正品の方が良いらしい。値段は高いが、発熱したりはしないとの話もある)

8229846_2329524969_252large.jpg


それは兎も角・・・ここから先は??
図々しくも、その方法をYouTubeにアップされた方に、ご多忙も承知の上(多分25年位大学の後輩であろうことに免じて – 自分の中で)、質問のメッセージをお送りさせて頂く。そして即刻頂いた返信とYouTubeのURLを開いた。
はぁ…TASCAMはマイクとしての役割だけなんですね。そしてここからメニューでiOSを選ぶというのが、PC/Macしか出ません…頭はカチコチになったなぁ…又、ご多忙を顧みずに「出ません」。そしてご返信。
もうこれ以上ご迷惑をおかけする訳にも行かない。あれこれ弄っているうちに、あら、出たわ!iOSが!!・・・

今はここまで。
しかも、「下書き」ではなく「公開」のまま書いていたことに気付いた。
このブログを始めて、いつかそんなミスをするだろうと思いながら13年・・・老化の道まっしぐら。

(追記)
すっかり変わったiPhoneのLightning端子。
しかもiPhone11ProではLightningの差し込み口が1つしか無いから、充電しながらは音楽を聴けない(まだ購入して4ヶ月なので、今のところバッテリーは健全ながら)。イアフォンのプラグと愛用のヘッドフォンのプラグとは形も違う…等、ブツブツこぼしながら検索しているうちに、あれこれ揃ってしまった。一体何をやっているんだか…(散財)

8229846_2329418097_116large.jpg 8229846_2329418098_175large.jpg 8229846_2329418099_124large.jpg 8229846_2329418102_145large.jpg 8229846_2329412975_84large.jpg



関連記事

自粛の日々 - 2020.06.07 Sun


緊急事態宣言が出て、いよいよオンラインレッスンをしなくては駄目!?と思った。
でも、ちょっとひと息ついても良いのではないか?日頃やりそびれている「掃除」「片付け」「断捨離」に時間を使え、ということかも。
そして宣言が解除されたとて、突然皆が自由に振る舞える訳でもなし。第2波、第3波は遠くない将来…

毎年の大掃除は出来ず終い。「今回こそ!」と思った昨年の暮れも然り。
しかも購入しておいて今頃役立つとは思わなかったあれこれはあるぞ!! アルコールの除菌スプレー(よく見るとウィルスにも効くと…眉唾物ながら)、使い捨てのアルコールタオル、それとハウスダストのアレルギー持ちには必須の「使い捨てマスク」等々。まさか、こんな事態になるとはつゆ知らず…充分買い置きがあります。

断捨離を諦めたことは書いたが、どこに何があるかを調べながら、そしてアルコールタオルで拭きながらの整理。「分かるように」をモットーとして…

大切に保管しておきたいものは次々に出る。
5年前に物置から運び、そのままクローゼットの下の方に入った父方祖父の資料。海軍中将時代の記録。引っぱり出すのも難儀。このままでは気の毒な気もし、音楽室の造り付けの本棚数ヶ所に祖父母と父母の蔵書や記録を纏めた。

父が所有していた画集は、ずっと散乱のまま。その間に挟まって音楽関係の貴重品も出てくる。
誰が購入したのか不明のままの貴重な品々も出てくる(父だろうな・・・)。
古いモノを買い集める人だった。
下の「尋常小学唱歌」は確実。

8229846_2329578272_169large.jpg

8229846_2329578442_157large.jpg 8229846_2329578441_228large.jpg 8229846_2329578439_204large.jpg 8229846_2329578440_233large.jpg


「展覧会の絵」の自筆譜、元となった絵画、などのワンセット…これも父だろうな…

8229846_2329578282_120large.jpg


イタリアの有名な36のヴァイオリン・・・これは夫の所有と思っていたら、違うと言う。やはり父のものだった。

8229846_2329578286_93large.jpg

8229846_2329578280_82large.jpg


ショパンの分厚い本。生憎全部ポーランド語。
そんな読めない原語の本、誰が購入した??

8229846_2329578273_247large.jpg

私が帰国してから日本で購入した分厚い初版や自筆譜のセットより、遙かに沢山の自筆譜が掲載されている。
宝の持ち腐れ・・・

8229846_2329578289_122large.jpg 8229846_2329578290_20large.jpg 8229846_2329578291_68large.jpg

こんなにその都度新しいスマホで写真を撮っていては切りがない。

片付けてはうたた寝、テレビの音に起こされる、つまみ食い、又うたた寝・・・ナントイウセイカツダロウ・・・





関連記事

夫の「右上腕骨骨腫瘍」(3) - 2020.06.05 Fri


(3月に遡ります)

3月26日のメモから(忘れた頃に)

夫の上腕骨の結果が出た。
良性の場合は「内軟骨腫」、悪性の場合は「軟骨肉腫」と呼ぶ。
軟骨は細胞密度低く、分裂しそうな物は2個あるもののおとなしい病巣。
良性の判断で良い。今後は半年に1回レントゲンでチェックして行く。
昨年WHOで、悪性ではない「非定型軟骨腫瘍」と名付けられたもの。

上記、何を質問してよいかチンプンカンプンではありますが、「事を荒立ててしまって申し訳なかった感じですが」とのことだったので、安心して良いのではないかと思う。
いや、本当に何が大変だったかと言えば、入院が早まり毎日Insulin注射。
この糖尿病は今後とも何かにつけて引っ掛かってくると思うので、それが意識できただけでも万歳かと・・・

あっけない1日でした。

寧ろコロナ禍で病院を日々往復し(私が)、院内を歩き回り、そちらが心配になりましたが、感染した形跡は誰もなく、やれやれ・・・という結果です。

お世話になりました先生方、有難うございました。
そうそう、教授は今でこそ多忙で演奏の機会から遠のいたそうですが、学生時代からずっとオーケストラでヴァイオリンを奏でていらしたとのこと。幼少期から習い始めたことは勿論。
だから夫には、「まだまだご活躍して頂かないと」とのコメントも頂き、診察室を後にしたのでした。
構え方としてはコンバスの弓の方が自然なのだろうけど、弓を擦るのはヴァイオリンとコンバスとどちらが楽なのか・・・ピアノしか弾けない私にはさっぱり分からず・・・





関連記事

夫の「右上腕骨骨腫瘍」(2) - 2020.06.05 Fri


遡った記録の続き。

夫は25日に入院し、私は「何か情報を得られるかも」と生徒たちの合間を縫って極力毎日病棟に通った。

折しも雛祭り前、病院の1つの空間が「三鷹つりびなの会」の作品で埋め尽くされ、唯一の楽しみ??

8229846_2329434376_154large.jpg

8229846_2329434368_25large.jpg

8229846_2329434369_231large.jpg

8229846_2329434370_52large.jpg

8229846_2329434371_232large.jpg

8229846_2329434372_70large.jpg

他は全て鍵がかかって入室禁止。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

3月3日
全身麻酔での検査(どう考えても手術だわ!)
夫が手術室に運ばれた後の部屋↓

8229846_2329434375_232large.jpg

終わって、手術室前に出向くように連絡が入った。小走りに出向く。

「即刻顕微鏡で観た限り、骨はしっかりしており、良性か、悪性度のごく低いものか。追加でどうこうするということはないように思う」とのコメントを頂いた。あとは培養(だったか?)、日を掛けて細胞の変化を見て行く…だったと思う。
良性の場合は内軟骨腫、悪性の場合は軟骨肉腫、と名前も違うそうだ。

そうこうするうち、5日にこんな紙を渡されて…

8229846_2329434373_122large.jpg

家に留まらざるを得ない私・・・
ところが!!その日のうちに夫から電話が入り、
「明日退院だって!」

え〜〜〜っ!?

入院してから一度も掃除をしていない。それ以前もバタバタと過ぎて、夫の服類は散乱、本も散乱、ベッドを畳んで隅々まで掃除機をかけたり拭き掃除をしなくては、と思っていた矢先。こんな部屋に帰ってきたら感染症を起こしてしまう!!

というわけで、退院を1日延期させて頂きました。


退院して、一番出向きたいと言う近所の蕎麦屋(2年前もでしたなぁ…)

夫は鍋焼きうどん
8229846_2329434366_132large.jpg

8229846_2329434365_119large.jpg

私は
8229846_2329434535_19large.jpg

8229846_2329434364_38large.jpg

これが甚だ美味。


あとは抜糸の処置に通うことと、26日に結果が全て出るのを待つしかありません。


関連記事

夫の「右上腕骨骨腫瘍」(1) - 2020.06.04 Thu


(年明けまで遡って書きます)

夫の検査、きっかけは、所謂「五十肩」(七十肩?)だった。
近所の整形外科でリハビリを続けていたのだが、医師が「たまにはレントゲンでも撮っておきますか」に始まった。両肩〜腕の。
すると右上腕だけが妙に白く光ったように映っていると(私は付き添っていないので、どんな画像か分からないのだが)、隣りの区の病院(自転車でも行ける距離)でMRIを撮ってもらってください、ということになった。その結果を持って近所の整形外科へ。検査からの可能性として色々挙げられていたが、もう忘れた。

1月30日
紹介状を持って(私も同伴)長くお世話になっている大元の大学病院の整形外科へ。
受診の後、検査をあれこれ受け、再度診察室へ。
軟骨の腫瘍だという。良性か悪性かは、骨の中の組織を一部採取して詳しく見るしかないとのこと。つまり全身麻酔の上、筋肉を切り、中の骨を一部割いて組織を取り出すと・・・
「念のため」(検査と言ったって手術だ!)伴う不測の事態あれこれ、ご説明があった。
入院日も3月3日と決まった。あれよあれよ・・・

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

2月6日
9時半からECHOその他。持病の糖尿病のこと、麻酔科を受診して、全身麻酔で想定されるリスク、怖ろしいほど症例、全部列挙の上、防止の為の検査を受けることになった。こんな糖尿の数値で全身麻酔などとんでもない…とか。下肢静脈血栓症もあるので、それが肺に飛ぶか脳に飛ぶか…など。

2月10日
11:30糖尿病・内分泌・代謝内科を受診。
近所のかかりつけ眼科から緑内障の病歴を書いてもらって提出。
日頃受診している板橋区の糖尿病の先生からは、さほど問題視はされていないのだが…
今年は、おそらく従来の年末年始とは事情が違い(ウィーンからのオケと行動を共にする演奏旅行が無かった)、食べるだけ食べ、毎月続く家族達の誕生日毎にケーキもふんだんに食べ、消費することなく体内に蓄積されたのではないかな??
その後眼科を受診し、微に入り細を穿つ検査。

2月13日
整形外科受診。
検査を統合して考え、入院は2月25日と早まってしまった。
1週間かけて血糖値を下げるそうだ。Insulinで。・・・やれやれ(;´Д`)

待ち時間の昼食。

8229846_2329434106_81large.jpg


8229846_2329434107_204large.jpg



8229846_2329434102_70large.jpg


分けっこ
8229846_2329434109_135large.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

2月20日は別件(食道アカラシアの定期検査)で遙か遠くの江東区まで。

2月25日
地元大学病院の整形外科に夫は入院(私のボロ車で)
何だか気忙しく疲れてしまう。
ここからは3月3日に向けて、毎日Insulinの注射と糖尿病食。
私は、何か情報を得ようと、仕事の合間を縫って出来るだけ毎日病院へ行く。
でも結局何も(良くも悪くも)情報は無くて、帰りにスーパーに立ち寄り、買い物をするだけの人となる。
そのスーパーが「コロナ一色??」、次々と品薄になっていく。

8229846_2329434352_147large.jpg

8229846_2329434353_37large.jpg

8229846_2329434355_171large.jpg

8229846_2329434356_204large.jpg

病院内も、あちこちが閉鎖される。
入院患者の楽しみは奪われ・・・

8229846_2329434357_136large.jpg

8229846_2329434358_105large.jpg

売店としてローソンだけは開いている。

何の記録か分からなくなってきたので

つづく







関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する