FC2ブログ
halloween_convert.jpg

2020-05

コロナ禍は断捨離!と今度こそ決意したが… - 2020.05.25 Mon


4月7日に東京は緊急事態宣言が出され、その前の3月29日に勉強会を予定は立たないが延期にしたのは良かったと思った。電車を乗り継いで遠くから来られる生徒さんたちが多いので、宣言が出る出ないの問題でもない。

緊急事態宣言が出てから、生徒達のレッスンはほぼ休みにした。
今年は「古稀」という節目の年齢を意識し、いくつかステージ…というか「演奏の場」もしくは「10年前に出版した『ピアノと向きあう』の細かい解説を10回位に分けて講座とする」…を考えていた。でも、それすら不可能となった。そもそもホールはどこも閉鎖。

そうこうするうちにコロナでの死者が報道されるようになった。
私らだって決して他人事ではないと痛感。身内に会えないまま逝ってしまったら遺された家族は遺品整理に困るだろう、そもそも捨ててよい物ばかり(遺族にとっては)だろうし、でも、これは遺族にも見て大切にしていて欲しいという物もある。それが自分の物だけなら良いのだが、親世代の品々、祖父母世代の品々・・・
物置を三体壊さざるを得なかった2015年にも分別はし、可成り多くを処分したとは言え甚だ大雑把だった。残りは空き部屋に突っ込んだに過ぎない。去年は信濃大町のアトリエを手放すこととなり、放置しておけない数々は我が家に運び入れた。勿論何十袋という不要品も捨てたし、アトリエの隣家の方が親切にも後日焼却場へ運んでくださったのは感謝に堪えない。
それでも・・・我が家は不要品に溢れて困っている。そして将来遺された者達が更に困るに違いない。

そうは思えど、一体何人分の荷物!??私の父方祖父・祖母・父・母・義父・義母・あとは生きている私達と子供達の品々。貴重な品々、保管しておきたい品々はあっても、潔く捨てられるかといえば難しい。

何も私が片付けることはない!!

と開き直りかけた時に見た、NHKの番組。
豊田市で独り暮らしをしている89歳の女性。亡くなられたご主人が老後までを考え設計したという鉄筋コンクリート造りの平屋。24畳のリビングに加え、6畳の和室が2部屋。悠々自適の心地良い独り暮らし。
ところが高血圧など、東京に住む娘さんはとても心配し、同居を提案した。仕事もあり、東京での同居。ところが娘さんの家は15坪(だったか?)もない2DK。万が一を考え誘う娘さんと独り暮らしを続けたい母親。
そして娘さんからの提案である「お試し同居」をした上で選択する。タイムリミットも決めた。
その日を前に心は揺れ、施設で暮らす選択肢も考え、母、娘ともに過ごし方の可能性をそれぞれ調べた。
タイムリミットには「東京での同居」「最期に看取ってもらうのは他人ではなく身内」という決断になった。

そして家の整理をしている場面。
何と!アルバムの写真を片っ端から剥がしては捨てるという作業。それこそ何十冊レベルだと思う。
その場面を見て思った。

そうか!断捨離とはそこまでするのだ!!

私らのアルバムはそう沢山はないが、母が整理をしてきた分厚いアルバムは何十冊レベルだ。綺麗に分別され、これらを私が剥がして捨て、剥がして捨て、は到底出来ない。子・孫たちにも見て欲しい。父母の物のみならず祖父母の遺品も。

89歳になるまで、幸いまだ20年もあるではないか!何歳まで生きられるのかは全く知る術もないが。

「断捨離」は妥協レベルとした。
大切な物の在処をはっきりさせること。つまり整理整頓レベル。
そして、あとは後続者に任せる。
うん、それで良いではないか!何もコロナ禍に!!と焦らずとも。


※上記の番組、記載がいい加減の気がして検索したところ見つかりました。再放送だったようですが…

タイムリミット「1人暮らし 高齢の親が迎える人生の決断!」


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する