FC2ブログ
A D M I N

2019-05

切り紙 - 2019.05.08 Wed


(今頃ながら……春休み、3月26日の記録)

5歳の孫と折り紙を切り抜いて遊んだ。

というのも、「切り紙しようか?」と言うと、綺麗な折り紙を無造作に折り曲げてはスッチョンスッチョン切ってバラバラにしてしまうので。これは先ず折り紙の「対角」をピッタリ合わせて折ることを教えないと・・と思っていたことから始まった。「痛いほど角をピッタリね」と教える。(この「痛いほど」は、私の6歳下の妹を相手にしていた時の、父方祖母の口癖…)
なんだ、教えれば直ぐに出来るじゃぁないの・・折紙での切り紙ほぼ初体験なのに、と感心した(半分は祖母の「痛いほど」との言葉遣いに)。


8229846_2309245443_57large.jpg


最近の子供は、テレビやゲームなど、受動的に楽しむ時間は沢山ある。それは私らの世代には羨ましいことではあるが…
我が母が、妹や私の「成長の記録」と称したスクラップブックを作ってくれてあり、「お絵描き」や「切り紙」なども記録保存してくれてある。
近所のおともだちの作品なども記録して貼ってくれてある。母の愉しみだったらしい。私にとっては、そのスクラップブックを見ることで、当時の光景が即座に蘇り、60年以上も(70年近く??)前にタイムスリップ出来る嬉しさ!
今見ると、どのおともだちも丁寧に輪郭を描いたりクレヨンで紙の隅々まで色をしっかり塗ったり・・・改めて感心してしまった。
これは物に乏しい時代だったからかもしれない。雨の日などは他にすることもなく。

土日は父もよく遊んでくれた。
下は私が3歳の頃。
図柄を色とりどりのクレヨンでザッと描き、その上をまっ黒いクレヨンで塗り潰し、鉄筆で絵を描いてくれたもの。

8229846_2307135481_128large.jpg


私は寧ろ切り紙。安物にしか見えない折り紙。昭和20年代当時としては高価だったのだろうなぁ。
うっすらと思い出すのは、一旦「折紙」で遊んだ紙を開いて、切り紙用に折り直して切ったこと・・・

8229846_2307135482_2large.jpg

8229846_2307135479_121large.jpg

保存してくれた母に感謝。

これを見て、孫も「やりたい!」と言い出した。


ところで、孫を相手に私も(こっそり)切り紙。

8229846_2308370439_191large.jpg

そして「何回ハサミを入れたと思う?」と問いかける。
「う〜〜〜ん・・・」と眺めて悩む孫。
「畳んだ山を逆に折っていってごらんなさい」と言うと、よっこらしょ、よっこらしょ、と折り始めた。
難しかったかな?

8229846_2308370440_189large.jpg

8229846_2308370444_150large.jpg

8229846_2308370443_240large.jpg

8229846_2308370445_102large.jpg


「2回!!」

張り切って答えた。

余りやると「教育婆」と化しそうなので、ここでおしまいにした。
下は、孫が切っている間の私の時間潰し。

8229846_2308370437_59large.jpg

8229846_2308370432_17large.jpg






関連記事

昭和64年の想い出 - 2019.05.03 Fri


「平成」から新しい元号「令和」、何と穏やかに明けたことか。

昭和64年を思い出す。
その前、昭和63年暮からはテレビの臨時ニュースやテロップが絶えなかった。
昭和天皇のご体調の詳細が流れていた。「吐血された」「下血された」・・・の類い。

我が家は年明け昭和64年1月7日、ニューイヤーコンサートを控えていた。
夫の主宰する室内楽グループ「東京カンマーコレーゲン」によるサロンコンサート。
会場は西荻窪の「こけし屋」。約70席とは言え、既に完売。
もし天皇の崩御に重なったら??と頭の片隅にあり、テレビのテロップを見ては思い倦ねた。
朝から電話での問い合わせに応じることも覚悟。

その心配は当たり、7日早朝の5時頃だったか、テレビニュースが流れた。
昭和天皇崩御。


さて、どうなるか・・・
一応コンサートは決行のつもりで準備。

電話は静か。1本の問い合わせもない。
でも来場は一体何名あるだろうか・・・

そんな危惧をよそに、欠席はただお一人のみにて、ニューイヤーコンサートは満席にて行われた。

      SCAN0965.jpg
   (詳細はクリックで拡大の上ご覧ください)


暮れからの暗いニュースが故にか、それとも新しい時代に希望を託してか。
今考えると、お客様の半分以上は、第二次世界大戦の経験者であったと思う。

そして翌1月8日から「平成」と相成った。


そのようなことを思い出しながら、穏やかに「令和」を迎えた。
新皇后様の笑顔のように、明るく輝きのある時代となりますように。





関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する