FC2ブログ
A D M I N

2017-07

又しても広告が出るようになったので1通 − さんびか - 2017.07.03 Mon

あっという間に1ヶ月以上が経ち・・・広告を消すために書くブログ(??)


最近練習(ピアノの)をしていると、やたら、なくなってしまった実家近辺、それも私の幼稚園〜小学校入学頃の風景や友達、その頃の出来事を思い出します。ひょっとすると、練習している曲がその当時練習していた曲だからか??と思ってしまうほど。
関連して、「主我を愛す」の讃美歌が頭から離れない…。

8229846_2258194086_77large.jpg

幼稚園時代から歌い続けていた、「こどもさんびか」にも載っているものです。
文語ではあるものの、漠然と歌い、細かいことは分からなくても、曲と歌詞に育てられた気がします。
この昭和20年代に編纂されたものは全て文語。でも旋律との一致で歌詞も覚え、文語も身近になり、成長と共に意味も分かるようになり、人生の支えとなってこの年齢になった気がするのです。
しかも日本語の、一音に一文字しか入らないというデメリットに貢献する文語。限られた文字数で多くのことを伝えることができる。万歳!文語!!
(あ、それが主旨ではなかった)
教会は「讃美歌21」ながら、家ではやはりこの讃美歌集です。


今の讃美歌はどうなっているかというと…
8229846_2258194087_105large.jpg

私には違和感があるのですが(曲との一致という意味で)、こちらの方が原詩に忠実だし子供にも分かるのでしょう。
(内心、今分からなくても良いではないか。文語の美しさを教えよ・・・という不信心モノ
原詩は;

「Jesus loves me!」

Jesus loves me! This I know,
For the Bible tells me so.
Little ones to Him belong;
They are weak, but He is strong.

Chorus:

Yes, Jesus loves me!
Yes, Jesus loves me!
Yes, Jesus loves me!
The Bible tells me so.

Jesus loves me! This I know,
As He loved so long ago,
Taking children on His knee,
Saying, “Let them come to Me.”

Chorus

Jesus loves me when I'm good,
When I do the things I should,
Jesus loves me when I'm bad,
Though it makes Him very sad.

Chorus

Jesus loves me still today,
Walking with me on my way,
Wanting as a friend to give
Light and love to all who live.

Chorus

Jesus loves me! He who died
Heaven’s gate to open wide;
He will wash away my sin,
Let His little child come in.

Chorus

Jesus loves me! Loves me still
Tho' I'm very weak and ill;
That I might from sin be free
Bled and died upon the tree.

Chorus

Jesus loves me! He will stay
Close beside me all the way;
Thou hast bled and died for me,
I will henceforth live for Thee.

Chorus

そう言えば2015年12月、最愛なる中学の英語の恩師が亡くなられました。病める時にも支えてくださった恩師です。
前夜式に出席したところ、生前の「証し」の声が流れていました。
内容の中には、両親が牧師だったので、家族は常にお祈りをなさり讃美歌を歌われ、その讃美歌の一つがこれであったという思い出話も。
特に英語で歌われたそうで、前夜式でも会衆も最後には英語で歌いました。


ところで数日前、夜になって急に孫娘を預かることがあり、「さんびかをうたうの」とどんどん階下に行き、私のピアノに合わせて歌う幼な子。「あたし、『神の子にしてください』っていうところが一番好きなの」・・・うぅぅぅ・・・ばぁばすっかり感心してしまいました。
♪1
美しい朝も 静かな夜にも
全ての命を 育てられる神様
♪2
神様と人に 心から仕え
命を愛する 神の子にしてください
8229846_2258361168_183large.jpg


逸れついでですが、これも私たちが幼稚園から歌っていた時は
8229846_2258361165_132large.jpg
♪1
うるわしき朝も 静かなる夜も
食べもの着物も くださる神様
♪2
わがままを捨てて 人々を愛し
この日の務めを なさしめたまえ

…とやはり文語でした。
それにしても、「食べもの着物も」は本当に戦後の感あり。
(「何を食べようか何を着ようか思い煩うな」を凝縮した歌詞、私自身は好きですが)

色々思うことの多い日々でありました。



逸れまくりの1通・・広告は消えるかな?
あ、今日は猛練習しなくっちゃ

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する