FC2ブログ
A D M I N

2017-02

その後の体調 - 2017.02.17 Fri

膀胱炎による血尿は、いつも抗生物質を服用すると数時間後に落ち着くのに、今回は肉眼でも3日近く続いた。
治るや、今度は眩暈に襲われ、手持ちのメリスロンを飲んで生徒のレッスンをした。1時間で終わらせるぞ!と決め込んだが、始めると集中してしまうので、結局2時間は…かかったかな?3時間かけなかっただけ良しとする……(日曜の話)

月曜は気の重い大学病院。(気が重いのは待ち時間)
夫が運転手&付き添い。

8時すぎに着いて、整形外科からの検体検査。番号札を取る。前回は81番で廊下にずら〜〜りだったが、今回は82番でもさほど待たず。
終えて骨粗鬆症のレントゲン。こちらは随分待たされた。
そして整形外科の受診。骨粗鬆症は、1999年のステロイド長期に渉る大量服用での副作用。当時ガタッと落ちて(80代並まで)、波はあるものの薬のお蔭で何とか横ばい。
腎機能が低下していた。

その後又待合室。

膠原病内科。いつも私の我儘に耳を傾け、希望すること(院内の人間関係すら)を「私が話して起きますから大丈夫です」で助けてくださった先生、遡った入院中から、「皮膚科だけではなく、膠原病全体を診る」ということで…つまり1999年からずっとお世話になった教授、いよいよ定年退職とのこと。あぁ〜〜、心細いこと限りなし。
こんな我儘患者は感謝に堪えず、お礼の言葉も見つからないほどだ。

眩暈用の手持ちとして、メリスロンもお願いした。
会計・薬局・スーパーを経て12:30に帰宅。疲れた・・・・・

今月は疲労というか、私にとっての過労による体調不良、本当に珍しく生徒も間引きさせて頂いている。
水曜も何とか2時間半に収めようとすれど、結局4時間近くかかったな・・・タウリン3000mgに又しても頼り、途中から元気も出て。結局教えている間は「あれもこれも」上を目指し、私が欲張って要求してしまうからの気がする。
その昔、母が60代の頃に「レッスンすると疲れてしまう」と言うので、私が「お上手になったじゃない、って丸つけて上げてしまったら?」と言ったのを根に持ったのか、それとも納得したのか、以降80代で亡くなる迄、「貴女ね、人には『お上手お上手で終わらせたら?』って言っておきながら、自分はどうなの?」と言われ続けた。私の体調を案じてのこと。
自分の言葉を返され続け、我ながら「そうだよな…」と納得。



疲れたので久々に外食。


8229846_2244680522_241large.jpg

8229846_2244680525_131large.jpg

・・・以下写真省略。




関連記事

浜松 / 帰路からその後 - 2017.02.12 Sun

8日

カーテンを開けた。これから日が昇るぞ!とスマホを構える。

8229846_2244051846_242large.jpg

8229846_2244051840_72large.jpg

8229846_2244047821_71large.jpg

8229846_2244051826_215large.jpg

8229846_2244051823_115large.jpg

8229846_2244051816_21large.jpg



起きたものの、暇!
新幹線のチケットでも買いに行くか、夕方に生徒も来ることだし早く帰るか、と思えど身体は動かず。
荷造りをして(正しくは散乱物を片付けて)、ゆっくり朝食へ。
珍しく遅い朝食…チェックアウトの10時ギリギリになると、こうもプレートは空っぽになるのか、と学習。
食欲もないのだが、パンとダブルのエスプレッソ、最後に残っている葡萄数粒を皿に。
ふと目をやると「鰻ごはん」の文字が!3.11以降姿を消していた鰻の朝食!?
食欲と食い意地は別物らしい。
結果こんな朝食。



8229846_2244051813_9large.jpg


新幹線「ひかり」、浜松は1時間ごと11分発がある。
10時11分のチケットを購入しようとしたが、脚の衰えか?あと2分で到着だという。
「こだま」でも東京着は似たり寄ったり、11時11分の指定券を購入。乗車までの1時間、土産物を物色しても鰻は買わない。焼きたてを食べるのならまだしも、余りに(未だに)高額で。
街は「直虎」一色。
名物に美味いものナントカ。気持ちだけ購入。


8229846_2244051809_136large.jpg

8229846_2244051808_72large.jpg



帰りの富士山は雲がかかっていても美しかった。

8229846_2244201507_68large.jpg

8229846_2244201489_210large.jpg


9日
アドレスブックが稼動せずに延び延びになっていたメールを5−6通送信。
それ以外は・・・何をしたっけ??
ともあれ、生徒のレッスンを予め延期させて頂いてあったのは正解だった。



10日
朝から体調不良。いや、可成以前からかも。
朝っぱらから排尿痛、どんどん血尿が酷くなり、近くの診療所へ。
陣痛のように痛いんです〜〜〜と訴えれど、このところの過ごし方などを叱られた。反省しきり。
クラビットを処方された。
先月受けた区の健診の結果も(眼科は散瞳するから仕事に支障あり、行けずじまい)、看護師が親切にも「眼科はもうじき次の年度のお知らせがきますから、それからにしましょう」と提案してくださり、28年度の結果を聞いてきた。
いつも問題の中性脂肪も珍しく異常なし。
(肺は影があったが解決済み)

帰宅してひたすら水分がぶ飲み&横になる、の反復。
タウリン3000の類やユンケル顆粒を使いまくっての日々を反省。


11日
ブログ少しずつ書いては下書き保存。
他は何をしたっけ・・・

そうだ、夜になりピアノに手を触れたのだった。
友人が「電子ピアノは必ず手を壊す」と言ってくれていたのは当たりだった。10本の指が、一瞬「関節リウマチ??」と思うほど違和感。よく考えたら、友人の言った通りだ!!あんなにムキになってショパンのエチュードや英雄ポロネーズやスケルツォ等々…ハンマーが無い訳で、単に机を叩いているのと同じ衝撃が指に戻って来るのだわ・・・
という訳で、さっさと諦めて寝た。


今日(12日)は久々の筈だった教会も考えただけでしんどい。サボってグタグタ。
いや、生徒が来るのだっけ・・・
夕方になったらシャキッとするだろう


関連記事

今年も又浜松へ(というタイトルが既にあったが) - 2017.02.07 Tue

(2月11日・記)

今年も又浜松医科大学へ。
戸倉新樹教授のご指導のもと、医学部2年生対象の「医学概論」にて「皮膚筋炎・多発性筋炎(と乳がん)」の講義をする。
毎年同じようなことばかり書くのもどうか・・

今年も講義は午後。朝の新幹線で出向いた。
品川に早く着きすぎ、大福と本を買う。
8229846_2244051946_182large.jpg


快晴の富士山など、今さら撮らなくてもよいのに、スマホの便利さでつい撮ってしまう。

(電線の無いところをねらう)
8229846_2244051936_57large.jpg

(雲ひとつないと、何だか物足りない)
8229846_2244051901_123large.jpg

8229846_2244051891_134large.jpg

これでは旅行記ではないか!!


講義のタイトルは同じなれど、今年は例年とは少し違うことを加えた。
何よりの教科書にもなる、私のCD「樂の音に寄せて」に戸倉教授ご自身が書いてくださったライナーノート。そこに膠原病「皮膚筋炎・多発性筋炎」に触れられ、ピアノを弾く動作に必要な「遠位筋(体幹から遠い筋肉)と近位筋(体幹に近い筋肉)」のことを記してくださってある。
例年だと、ピアノを弾く動作については私が口頭で述べるだけなのだが、ピアノを弾く学生が毎年ほんの数名であること、これは是非とも実際に弾いて「指だけ、つまり遠位筋だけで弾くのではない」ということを目の当たりにして欲しい!!
事前に希望を述べたが、生憎大学にピアノは無いとのこと。病院にクラヴィノーヴァならあるという。まぁ、何も示さないよりは良かろう・・・でも、どんな風に音が出るのか事前に試したい。
無理を申し上げ、昼休みに試弾させて頂いた。予測していたことだが、遠位筋を巧みに使うモーツァルトのニュアンス豊かな16分音符はカスカス。近位筋を使っての大音量、しかも豊かな響きで出したいショパンやシューマンのフォルテ、これも音が割れる。
ふむ・・・でも、音大生ではないのだし、示さないよりは示した方が…何かひとつの知識にでも体験にでもしてもらえれば(医学部二年生、これからどういう患者に出会うのか分からないのだから)、と時間を使うことにした。


本来私が話すべきあれこれは、教授がかいつまんでご講義くださり、私のメインは「遠位筋」と「近位筋」との使い分けの説明と試演となった。上腕や肩甲骨周辺、支える腰などが分かるように、敢えて背中を学生に向けて弾く。説明しては少し弾き、説明しては又少し弾き、あれこれあれこれあれこれ・・・・


(以下は順不同の数枚ながら。学生は200名ほど。前4列目あたりから雛壇式に可動式の椅子が並ぶ)
8229846_2244047748_21large.jpg

8229846_2244047746_237large.jpg

8229846_2244047747_50large.jpg

8229846_2244047743_227large.jpg

8229846_2244047740_195large.jpg


うーーーん、やはり普通のピアノを弾くつもりで弾いてしまう。これ以上弱く弾いたら音が抜けると分かっても弱く弾いてしまうし強弱も付けてしまうし、こんなに腕を使っても音量は増えないと分かっても重さを目一杯かけてしまう。出ないとなると益々。自分から提案したことなので仕方が無い…が暖簾に腕押しタッチは疲れた。でも今年は、内職や居眠りをしている学生はごくごく少数だった。クラヴィノーヴァであっても弾いて良かったかもしれない…。


(他の内容は去年まで記してきたので、ここでは省略)
副作用や膠原病友の会の話なども加え、おしまい。


中庭にあるではないか!グランドピアノが!近位筋を目一杯使って演奏するピアニストの像が・・・

8229846_2244051865_253large.jpg

その後、ホテルへ。既に夜景。

8229846_2244051861_229large.jpg


夜はお食事会、医局の方々に他県からの入局希望の方、私もご一緒させて頂いた。
いつも有難うございます


つづく(=後で手直し)

関連記事

手違いに手違い - 2017.02.06 Mon

来週の予約受診の日に入っていると思っていた検体検査。
どうして前の週に入っているのか?ひょっとすると検査結果を待つのに時間がかかるからか?と良い意味に捉えて病院に出向いた。
採血の机の前に座るや、試験管がたったの1本!!
「いつもは4−5本採るのですが・・」と述べたが、結局1本。内容を訊いたら「腫瘍マーカー」だという。
確かに自分から腫瘍マーカーを頼んだのは覚えているが。
首を傾げつつ、検査室受付でPCを調べてもらった。結局普通の(膠原病関係一通り)検査は入っていないという。
ま、いっか、受診の時に言おう・・・と思ったが、やはり腑に落ちない。
受診受付に出向き、いつもお馴染み、親切な信頼できる受付嬢に尋ねた。
何と!!12月の前回の受診日に検査予約が入っているという。いやいや、それはないでしょう…予約票には出ていないのですから。
先生の手違いですね、と親切な受付嬢は検査室に電話をしてくださり、追加の、もとい、本来あった3本を即刻採って頂けました。

あーー疲れた。
明日の浜松での準備もできていないのに!!(これは半分新しいパソコンの所為にする)

結局何もせずに、疲れた疲れた、と呟きつつ一日が終わってしまいました。
本当に病院ってどうしてあんなに疲れるんでしょうね・・・

来週は来週で整形外科の検体検査あり。整形外科の先生は「同じ日になるように」と日程を組んでくださったというのに。骨粗鬆症のレントゲンもある。体力温存で出向かないと日常生活が成り立たない



関連記事

粗忽者の日々 - 2017.02.05 Sun

昨晩、寝ぼけた眼をこすりながら「今日こそ練習するぞ!!」と階下に行き、練習の前にトイレ…
そこ迄はOK。
(話は早速逸れますが、ATOKを使っていた時は英数にせずとも、オーケーと打つのに大文字のOとKをを打てば入力出来たものが…今は「オK」と表示されてしまいます。ソフトを探すか・・・)

あ、トイレの話でした。
ペーパーホルダーの上、ペーパー2つ分のスペースの棚があり、娘たちが越し去ってからも置きっ放しになっていた名称知らないモノ。
ちょっとお洒落なので、それと良い香りがするので放置してありました。
香油??そんな単語は今時使われないだろうな…アロマオイル??そうだ!アロマオイルに違いない!

検索したら似たものがヒット。

香油の例

このスティックに、こともあろうか、セーターの袖を引っ掛けた。
吹っ飛んだ。スティックもばらけて、瓶は空中に舞った後で落ち、壁も床も水浸し、いやオイル浸し。
殆ど眠った頭。中身がオイル系であることなど想像もせず。
トイレットペーパーで拭いては流したが、トイレも廊下も凄まじい匂い、いや、こうなると「臭い」。

手はベトベトで、全身がアロマオイルで覆われたが如き臭さ。
何度洗ってもダメ。そうだろう・・髪の毛も触れたかもしれないし、服も。
もう臭いが鼻について練習どころではないし、それ以前に皮膚が一枚増えたような手!!

結局風呂に入って寝てしまいました。
こんな日々。老化の一途。

2月11日・記
食器洗いで拭いたら良かったのか??未だにトイレはアロマオイルの過激な匂い。
窓も雪の中を開け放しというのも寒くて。(家の者たちは使わぬが)

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する