FC2ブログ
A D M I N

2014-12

メリー・クリスマス - 2014.12.25 Thu

4年前の画像の「0」を「4」に直しての再利用、すみません。

8229846_2128065075_105large.jpg


家族それぞれ、何だか色々な種類の風邪にやられているようです。
結局クリスマス礼拝もイヴ礼拝も行けませんでした。
でも、何処に居ようともキリストは私たちのためにお生まれになったことには変わりありません。


関連記事

この3日間(画像追加) - 2014.12.24 Wed

まる一日を病院で過ごすのは至難の業。

13−4年前、6階レストランで待ち時間全てをピアノを弾かせて頂いて過ごしていたことを思い出す。
あの頃は退院して1年経ったか経たぬか、今より本来状態は悪かった筈が。
2時間でも3時間でも「あの曲弾いて」と言われればリクエストに応じ、お仲間(病院で知り合った)とお喋りにも花が咲き、待ち時間が苦であったことは一度もなかった。しかも毎週1−2回の予約受診があった訳で。
うーーーん・・・好きなことをしている時間はアドレナリン(だったか?)の分泌が活発??

最近は、2ヶ月に1−2回の受診と激減しているのに、今回のように体調を崩している時でなくとも「しんどい!」。単なる老化??


22日も、朝8時半に検体検査。結果が出る時間込みで、受診予約は10時半と11時。
まだまだ時間があるので6階のカフェでいつものセット。
前日まではお粥ばかり食べていたというのに、ソーセージも食べたくなった。凄い回復力!
8229846_2128131133_146large.jpg


何を読むでも聴くでもなく、ぼ〜〜っと景色に見入る。
8229846_2128131134_21large.jpg


11時半頃やっと膠原病内科に呼ばれた。
入院中も正常値を保っていたほどのCRPが珍しく高かった。
この1週間ほどの様子を話し、再度インフルエンザの検査を受けたが、やはり陰性。
ということは、今からでも予防接種を受けられるのかもしれない。

去年の秋に受けた「自己免疫膵炎」のMRI、外科の先生から半年乃至1年に1回は調べて行きましょう、と言われていたのに機会を逸したまま。折良く1月末にオーダーを入れて頂けた。

その後又待って、整形外科。骨粗鬆症の経過観察。ずっと「超低空飛行」と言われていたALPがやっと正常範囲に入っていた。

会計、薬局を終えて帰宅したらもう薄暗かった。往復とも夫の送り迎えで楽をしたが。


娘婿が今度は胃腸に来たそうで、珍しく居た(何という書き方だろう…頭を使って考える:「日頃は仕事が深夜までだったり当直だったり、顔を合わせない日もあるほど忙しい婿が、早々に帰宅していた。」小学生低学年レベルだ……)
先日の孫の胃腸炎は15日の検査でノロウィルスと出ていたそうだ。
娘も発熱。


私は私で23日夜、喉が(物が詰まっているように)腫れて痛みも酷く、朝になったら医者だ!と思っていたものの朝まで耐えられず、手持ちの薬の箱から「腫れを取る」とメモ書きされたアベロックスと、抗生剤と知っているジェニナックを飲んで又寝た。
朝は夜中の痛みは忘れるほど症状は消えていたが、念のために(当直中の)婿にメールして尋ねたところ、アベロックスもジェニナックも同じ系統の薬で併用しない方がよい、と返信が来た。充分に錠数のある(間違って処方されて手もとにある)ジェニナックを続けて飲む。

全くやれやれの日々。

早く体調を整えませんとね…物置が……

関連記事

日記でも書きます - 2014.12.22 Mon

夜中、咳に悩まされ何度も何度も目覚め、やっと朝になった・・

今日はこれから大学病院で、朝食抜きの検体検査のため、出来るだけエネルギーを使わないよう、パソコンの前にじっと座ることに。

1ヶ月近い日々の記録は、気付いた日には忘れぬようにメモ程度の単語は書いてあるのだが、それらを文章化するための気力も体力も頭脳の余白も持ち合わせずに放置してある。
何とか繋ぎ合わせてみますか……。
(体調悪いと、書き方もぞんざいになります。書くべきでないことを書いて顰蹙も買うことでせうが)


関連記事

治ったと思ったのに… - 2014.12.21 Sun

今度は鼻の奥から喉にかけて痛み、どうも違う風邪もひいたらしい。
やれやれ……葛根湯もストナデイタイムも効かず、明日折良く大学病院の予約が入っているので何とかしてもらおう。何ともならなかったら30年来お世話になっているかかりつけの耳鼻科に行こう。それとも先日の近所の診療所??
本当は病院も行かずに家で安静にしているのが一番だと思うのだけど、明日は諸検査入っているし、2ヶ月分の薬ももらわないといけないので……あぁ、理不尽だ……

今日やったことは、今年の手帳に記入してあった来年1〜2月の予定を来年の手帳に書き写したことと、毎度お馴染みのカバーを付けたこと。しかも毎度お馴染み、消えいろPítを塗りすぎて何カ所も白くなってしまったこと。
こんな日にやることではなかった…
8229846_2127253163_103large.jpg


そうだ、今後の予定も決まった。
3つの大きな物置撤去に伴う中身の処分の期限は2月12日となった。
うん、時間的には充分間に合う!

………が、寒い………

夏は、やれ「デング熱の蚊が居ては困る」、やれ「暑過ぎ」、と過ぎたのが
もう、傷めた手も慣れっこになってしまった。来年も演奏活動は諦めるしかなさそうだ。当分この両親指と付き合う。1月は夫も演奏旅行で居らぬし…


関連記事

珍しく発熱 - 2014.12.19 Fri

朝から心臓の期外収縮と思しき症状。
これはよくある。その度に何故か咳が出る。

そのうち倦怠感。

夜、レッスンを終えてから、どんどん熱が上がって行く。
平熱35.5℃。……ピークは39.5℃。
吐き気はすれども、その度に咳が出るだけ。喉も鼻も干からびている。

朝、近所の診療所に出向いた。
その高熱のピークがいつだったか尋ねられた(多分、インフルエンザの検査が出来るかどうかの参考)。
検査結果は陰性だった。
胃腸炎も流行っているそうで、ラックビー、ナウゼリン、カロナールを処方されて帰宅。
先日来、孫の相手をしていて吐瀉物を何度も浴びたからなぁ・・・

爆睡する度に少しずつ熱も下がり、身体も楽になった。
聴きたい音楽をiPhoneからスピーカーに繋げて聴き放題という贅沢三昧。
堂々休養というプレゼント!!何て素敵!!!
(日に日に鈍る指は気にしない。今さらだから・・)


関連記事

纏めた誕生日 - 2014.12.15 Mon

息子が仕事で上京。
生憎彼の部屋は目下物置状態で泊まってもらえぬが・・

先日来、吉祥寺「梅の花」から誕生日のサービスの案内が来ていた。
夫が11月末、私が12月半ば。
息子を交えて、まとめて2人分を祝ってもらった。

それぞれに成人病を抱えている我が家…義父の生前は特に。
豆腐料理のフルコース、身体に良いので案内をもらえば利用していた。
誕生日には写真を撮って、プレゼントと共に帰り際に渡してくれる、というサービスぶり。
その写真も縦に吊していたら、こんなに溜まってしまった(一番下、置いてあるのが今回)
綺麗に飾りませんとね…

8229846_2126292716_134large.jpg

下は息子が撮ってくれたツーショット。
ま、披露してもいっか・・・
8229846_2126292714_110large.jpg

関連記事

有難くもないが、一応誕生日 - 2014.12.12 Fri

又しても、最近経営者が変更になった近所の庄○へ。

あぁ、ここ迄来ると諦めかも。
年齢にしがみついていたい、という気持ちは失せた誕生日。

8229846_2125739356_215large.jpg

あれこれ食べて、ついでに目下の朝ドラで便乗していると思しきハイボールも。
8229846_2125739370_123large.jpg

関連記事

孫、1歳を迎えた日 - 2014.12.11 Thu

孫が、いや、正しくは娘が利用している託児所。
昨日そこのクリスマス会があり、高齢者もどうぞ、とのこと。
何だかさっぱり分からずに出掛けたところ、「高齢者」とは地域のお年寄り。
託児所関係で親や保護者が付き添っている子も居たが、殆どが預けられた子供たちで、保育士さんたちが引率している集団だった??
高齢者は、それ用に設えられた席に座っていたけれど、私は孫の「おばあちゃん」として娘と孫と一緒に居た。

想像していた催しとは可成り違ったので面喰らったが、区の有難い行事。
おそらく仕事を定年退職した位と思しき方々が、つまり私と同い年くらいの方々が誘導などされていた。
違った意味で考えることの多い日となった。
それにしても広い寒い体育館で、薄いマットの上で過ごした時間は長く感じられた。


1歳の誕生日を迎えた孫。
父親は仕事の忘年会とやら。
我が夫も仕事。
結局女三代、そのクリスマス会参加中心の一日となった。

終えて外に出ると、孫が誕生した時刻だった。

その後は予定通り、近所の不二家へ。
お子様ランチ風のグラタンを平らげた1歳児。私のパフェも。
(平らげた皿)
8229846_2125169777_173large.jpg


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する