辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2014-07

地震の如き揺れ - 2014.07.31 Thu

この数年、震度2−3ほどの揺れが続く出来事が多い。
小学校の解体、2軒隣りの(南東、南)3軒の解体、計9軒の新築、家の前の水道管の交換、その他諸々。

今は道路工事。
今朝からこの部屋は震度3並の揺れが続いている。まさに我が家の玄関前を掘り起こしているので。
このところ疲れ気味なので、少し横になってみても、あたかも寝台車のような揺れに「家が壊れるのでは?」…

孫は、と言えば初めて見る光景に大興奮!
家に居ながらにして見ることが出来るなんて…何て素敵!!(とでも感じているに違いない)

我が家は3.11で増えた外壁の亀裂、その「解体」の類でどんどん増えているので、もうこれ以上は…と思っている大人とは全く違った目線。
ワーズワースの「虹を見ると私の心は躍る…」という詩と同じなのだろう、と思う今日。

[広告] VPS


関連記事

異常気象(追記あり) - 2014.07.25 Fri

つい先日も怖ろしい音量の雷雨だったが、昨日も又。
雷というものは、以前は入道雲がもくもくと空高く立ち上り、それから雷鳴がしたものだったが…
そういう前ぶれが無いのは、地球温暖化により地上の気温が異常に高くなっているからでは?

昨日の雷雨も又。
各地で停電が起きたが、我が家はその逆。
近所でバリバリドッシャーーン、と爆弾のような音がしたと思ったら、我が家の至る所に置いてある電気スタンドが皆点灯してしまった。火花を放ちつつ。パソコンのみならず、電化製品は電源を抜いておかねば怖いものがある。

昨日も孫は地域の託児施設へ。
娘が風邪で世話出来ずに。
行きは私が車で送って行った。
(又始まるばばばか…)

着いて車の後部座席に回るや、怪訝な顔つきの孫。「どうしてばぁばしか出て来ないの?」と思ったに違いない。

大好きな鏡を見ても笑顔ひとつ見せず。
いよいよ預ける段になって、益々雲行き怪しく。
そういう時はドイツ語!
(朝ドラの「ぐっどもーにんぐ」みたいだ)
Bis dann!!と私が手を振るや、ニコニコ笑顔に変わり、保育士さんに抱かれて中に入っていった。

迎えは、夕飯の買い物もあったので、既に帰宅していた夫と共に出向いた。
家を出る頃から空が暗くなり…
建物に入る時はまだ降っていなかった。
孫を受け取り(あれ?単語が違うような…)、1日の様子を伺い、支払いをして外に出たところ・・・
来ました!ザーーーーっと・・・・

夫が孫の頭を庇うように抱き抱え、長い長い外階段を一目散に駆け下り、全く濡れることなく車まで連れていきました。

孫よ、じぃじに感謝だよ。こういう時は頼ってね。ばぁばが抱いて階段を降りていたなら、多分びしょ濡れ・・・

それにしても、地球温暖化、地震、不安は尽きない。人間の愚かな知恵が故?

____________
昨日、電気スタンドが一斉に点灯した原因が分かりました、多分、ですが・・・
インターフォンに落雷したようです。

今朝から玄関ドアのノック、不在伝票・・・
インターフォン反応せず。


関連記事

風邪のお蔭で - 2014.07.21 Mon

土曜の夜辺りから喉がイガイガ…
日曜は昼間から朦朧。
夜中からいよいよ咳が出始めた。
月曜(祝)の生徒はお休みさせて頂いた。

ベッドに横になり、一眠りする度に症状は楽になり、周囲に散乱した本を手当たり次第に開く。

その一冊は、去年70周年を迎えた、という不信心モノである私の所属する梅ヶ丘教会の記念誌。
転会して6年になる筈が、勿論(?)私の文章はない。昨年は欠席し過ぎて70周年も知らぬほどで、知った後とて締切を何度もせっつかれないと書けない性分が故。それ以前に教会員としての意識が無さすぎ!
転会する以前から大問題になっていた教会の建物に関する諸難事など、初めて詳しく知ることが出来た。

もう一冊は、寺西春雄先生著「やわらかな音楽教育」。90年代から何度読み返したか分からない一冊。
読む度に、あたかも初めて読んだが如き新鮮な感動と共感を覚える。私ごとき人間が言うのもおこがましいのだが、ピアノを教える先生方皆さん(又、親御さんたち)がこの本を読まれたなら…良いプロフェッショナルも良い音楽愛好家ももっと育つであろう。

更なる一冊は、私が生まれる前から母が所属し、中学からは私も通った、当時「阿佐ヶ谷東教会」の牧師、東神大の学長でもあられた「高崎毅牧師追憶集」。

8229846_2091630788_205large.jpg

高崎先生が亡くなられたのは私が大学を卒業した年の1973年6月。68年からの大学紛争に教会も便乗したとしか思えない紛争に巻き込まれ(こんな簡単な言葉で終わらせてはいけないのだが)、教会分裂。まさに心を痛めて亡くなられたと思う。
分裂後、母は高崎先生に連なり中村町教会に移籍した(移籍?正しい単語は分からない)。
妹は中村町で受洗をし、今もそこでCS教師やオルガニストとして奉仕させて頂いている。多忙な仕事とは分けて考えているのだろう。それとも全てが神からの使命?我が妹とは思えない働きぶり、尊敬。身体も大切に!

母は諸事情から下石神井教会に転会をし、2006年暮れに亡くなるまで教会員の皆さまと親しくさせて頂いた。
下石神井の50年記念誌もあるが、母の一筆を読んだのみ(親子だわ…が読んでの感想)、いずれ又ゆっくり読ませて頂く。


思い返せば物心つく前から、母に連れられて阿佐ヶ谷東には出向いた。
中学からは日曜学校に通い、午後からはピアノのレッスンがあるというのに、練習より教会が楽しかった。正しくは練習したくないので教会に通ったのか??ともあれクリスマス会では「靴屋のマルティン」「よきサマリア人」など、毎年青年会率いる寸劇に出させてもらったことも懐かしい。

詳しくはいずれ又。
ここで一旦送信。




関連記事

婆馬鹿 - 2014.07.20 Sun

夕方、たまには外食でもしようか、と話していたが、身体は動かず。(「たまには」というのは、孫が生まれてからというもの、婿殿が家に居る時以外は娘と孫を家に置いて食事に出ることがなくなったため)
午後ずっと朦朧と寝ていたから、ちょっと外に出たい気もしたが。
6時を過ぎるや突然の豪雨、稲妻、雷鳴。屋根がビシビシ音を立てるほど。外食どころではなくなった。

孫は泣いておらぬか?と覗きに行ったら、泣くどころかニコニコしている。
「おへそを取られないようにね」と言って2階に戻った。

その後も、凄まじい雷鳴の中、気持ち良く風呂に入っていた様子。
うん・・・大物になるかも・・・と又しても婆馬鹿。単に「怖さ」を知らないだけです。

ばばばかついでに、つい先日(熱を出す前日)の孫。
これなら顔も見えないし…

ピアノ椅子にも1人で座れるようになり、ばばも負けそうな全腕を使ったタッチ!!

8229846_2090323916_147large.jpg

(いつもこんなネタしかなくてすみません・・・ ま、花も今のうちさ・・
関連記事

亀の歩み - 2014.07.20 Sun

先日、「下記の電化製品に限り、いくつ引き取っても3000円」というチラシが郵便受けに入っていた。
いつもは捨ててしまうチラシなのに、現在ばかりは有難く、電話をした。物置に山のようにある品名と数を告げ、他にもいくつか引き取って欲しいものなども値段を訊いた。
3000円の他は、息子が置いていった冷蔵庫が5000円(!)、あとは亡き父のカラオケが1000円。

これで物置で作業するスペースが出来た。

区が持って行ってくれない家具なども、そのチラシの業者のトラック、積める限り積んで、まとめて3万円で持って行ってくれると言う。雨ざらしのコントラバスのハードケースなども。
家具の中身を処分したら頼もう。…という訳で、家具の更に上に積んである引き出しを、久々に家に居る婿をこき使い、下ろしておいてもらった。直ぐに作業は出来ないにせよ、これで空いた時間に少しずつであってもいつでも出来る。
一歩前進。二歩前進?

(寧ろ、どなたかご入り用の方がいらっしゃいましたら差し上げますので、運んでお持ち去りください・・・)


関連記事

こういう週もある - 2014.07.20 Sun

目は相変わらずで、それでもあとひと息、木金あたりにいらしてください、と言われていた。
ところが珍しく鼻風邪で発熱(平熱が35℃台前半だから37℃以上に上がるとかなりきつい)、孫も前後して同じ症状を起こしたので多分2人とも寝冷え。
我が家のエアコンは難しい。タイマーをうっかり忘れると明け方ブルブル震えるほど。切ったままだと熱中症を起こしそうに汗びっしょり。
そんなこんなで、目は夫が処方されたての何とかいう抗菌目薬がよく効くとのことで、駄目元で使った。確かに今まで点していたものより効き、まぁ、改善されれば何でも良いや…といい加減な私。
でも土曜には受診するつもりでいた。

その土曜の朝、孫の相手をして廊下で孫の真似っこ、バタッとうつ伏せになって遊ぶ。
ふと窓を見たら、可成り酷い飛蚊症が!でも網膜剥離の症状ではなさそうで安心していたのだが、ひと筆でくねくねと墨で太く細く大きな模様を描いたような、というか、よくテレビで見る脳の中の血管の画像のようなものがくっきりと、それでも目を動かすと連動するので飛蚊症だろう・・焦点辺りを漂っているからはっきり見えるに違いない、と判断。
でも・・・考えるにその日を逃すと日月は連休。何か起きたら面倒なことになる。

生徒を後回しにしてもらって一番乗りで眼科へ。既に出向く頃には硝子体の中へ移動したのか、はっきりした模様ではなくなっていたが。
開門前に着いたが既に3人並んでいた。
散瞳して眼底写真やその他詳しい診察も受けることが出来た。

検査結果。
まず、以前からの潰瘍は完全に治っていること。
なので、目薬は以前のシェーグレン用のものだけに戻すこと。
飛蚊症は「剥離性飛蚊症」で(2007年頃にもやったような…)、硝子体は袋状なので、その日の朝のようにバタッと頭を下に向けて勢いよく動かしたりすると一瞬袋が剥離するそうだ。でも眼底出血や網膜剥離のようなものではなく、その一瞬の動きで剥離したものが丁度視界を邪魔しているとのこと。
夫の点眼薬を医師の無許可で使用したことも話したので、返す分の処方箋を頂いた(あり得ない患者かもしれない)。

帰りは飛蚊症よりも、散瞳した眩しさ。

その後、どうしても放置出来ない状態にある生徒だけレッスンをし、後はのんびり昼寝にうたた寝。


予測していたことだが、一旦ひどい飛蚊症になると当分続く。
夜中目覚めて暗闇の中でキラッと何かが光るし、起きれば起きたで漂流物は増えて、全く鬱陶しいのなんの。

目の酷使はやめて、当分は頭の中で記憶している曲しか弾きません!!(&教えません!!)


iPhoneは、はっきり喋ると正確に書き取ってくれる便利さ!
しかも、ドイツ語にしてみたところ、女性名詞の単語の不定冠詞を間違って"einen"と言ってしまったのに、ちゃんと"eine"と表記してくれてあった。何と賢い!!!!!
メール(その他)には手放せない存在となった



関連記事

便利なものが…されど… - 2014.07.14 Mon

私らが育児をした時にも、母や祖母のその時と比較したなら随分便利な世の中になっていたものです。
が、今は・・
紙おむつの種類の多さと使い勝手の良さ、豊富な種類の離乳食、何よりネットで注文出来るのが大変有難く、娘もその恩恵を被っている訳ですが…

お菓子のボーロにも野菜嫌いにならぬよう、カボチャボーロなどというものも存在。
先日娘は「野菜ボーロ」というものを見つけ、孫は喜んで食べ、この原材料が食べられるのなら、野菜はまず駄目なものはなかろう、と早速ネットで20個注文したそうです。


原材料は…覚えられないのでカシャ!

8229846_2089693368_248large_2.jpg



ところが

・・・

・・・

・・・


届いてビックリ!100個が!!



8229846_2089690018_171large.jpg


注文する時によく読まなかったそうで、20個の注文、その1個は5連なのですね。

壁がスーパーの一角と化しています
(孫が喜んで食べているので問題なしですが…驚きを隠せなかった婆


関連記事

何でもブログに書くものだから - 2014.07.14 Mon

普通だったら書かないであろうあれこれ、私は書く。これでも可成り遠慮がちに・・
どんな方が読んでおられるのかは知らねども、なかなかゆっくり会うことも出来ない身内や親しい友人への近況報告かたがた、それより一番は数年経った時に「あの時はどうしたのだっけ」と、自分自身が直ぐに開いて読める便利さで(手書きのノートは既に不可能)。結果ご心配をおかけする。でも予想外にも、自分にとって些細なことが、読んでくださった方に「考えてもみなかった」と言われることもある。

土曜は朝一番で眼科。
「浸潤は残るものの、薄い皮が張ってきているのであとひと息。タリビットとフルメトロンを根気強く点して、次回は木曜か金曜に再度見せてください」とのこと。週末は安心して過ごせた。

夕方5時半から一人だけ生徒のレッスン。終わったのが何と8時半は過ぎ、夕飯が9時過ぎた。それは良いとして、どうしてそんなに毎回時間がかかってしまうのか。3−4分の曲たったの1曲だけだったというのに。これを通じて、今こそ私自身がもっと考えねばならないことを痛感。
てっきり自分で録音をしながら練習をしている、と信じ込んでいたのが、ご本人、やったことがない、と言う。数ヶ月前、大きなスピーカーは難しくても性能の良いヘッドフォンなら場所を取らない、客観的に聴くことこそ練習の第一歩(=弾きながら聴いて判断することへの第一歩)、といったことも同時に親御さんに話し、購入されたことも聞いていたので、てっきり自分の耳で何度もチェックする練習をしている、と信じ込んだ私がいけない。
私の「熱心」は「過保護」と化している部分もあろう。目前の結果に囚われることなく長い将来を見据え、「突き放して考えさせること」を躊躇わない!これが今こそ一番必要だろう。
これ以上はオープンにすべきでないので割愛。

日曜は、出掛けてしまえば「ホッとする説教」を楽しみに教会へ。運転も極力「まばたき」をするようにして。
来て良かった、と思いつつ帰宅。が、あとがいけない。昼寝、うたた寝、朦朧としつつ夕飯、テレビも座って見ていたけれど記憶になし。9時過ぎにベッドに移動して寝てしまった。

この数年は疲れ気味(検査も受けているが深刻な数値は何も出ない)、カーブスも無駄払いのまま2度目の夏になっている。通って体力をもっと付けて溜まった諸事をテキパキこなそう、と思うので、解約もせずにここまで来てしまった。5月と6月は意を決して(大袈裟!)出向いたが、結局1〜2回ずつ、それも本来は二周するが、一周こなしただけでドッと疲れ、翌日まで尾を引いた。う〜ん・・・退会するか・・ストレッチだけなら家でも出来るし・・ストレッチだけ家で続けてから再開するか・・う〜〜〜ん・・

そうそう、教会の帰りにコンビニで弁当その他購入した折、「3枚クジ引いてください」と言われて引いた。
何と!3枚とも「当たり」。一生懸命景品を探しに出向いて戻った店員さんに、「全部当たりクジなんですか?」と言ってしまった。空くじも沢山あるそうで、大感激して「有難うございます!!!」と店を後にした単純な私。↓当たった3つ。

8229846_2089367368_36large_2.jpg



関連記事

虹! - 2014.07.12 Sat

(昨日の日記)

昨日は台風が来るかもしれないとのことで延期したレッスン。
空いた時間が出来たのだから、眼科と、徒歩5分の診療所で「膵臓」のその後を調べてもらおう!と思っていたのが、一歩出た外のモワッとした空気に負け、外出せずに昼寝をしたり孫の相手などして過ぎた。

夕方娘婿から娘宛のメールや、家に居た夫が「虹が出ているよ」と。
二重の大きな架け橋。直ぐに消えてしまうことが多いのでデジカメも出さずに、手もとにあったスマホで無精をしたので全体が入らなかった。
ご覧になりそびれた方も多いようなので、こんな写真でよろしければどうぞ
(西の部屋から撮ったり、ベランダに出たり…)

8229846_2088931896_143large.jpg


8229846_2088931014_19large.jpg


8229846_2088931015_218large.jpg


8229846_2088931018_132large.jpg


8229846_2088931019_23large.jpg

(似たり寄ったりですな…)


今朝は明け方、地震警報に起こされた。スマホのみならず、機種変をしてネットには繋がっていない筈のガラケーまで騒ぐ。リビングからはJCOMの緊急告知端末機までが騒いでいる。震源地の方には申し訳ないながら、布団を頭からかぶって「うるさい!」「うるさい!」「眠っているんだよ〜」と再度寝てしまった・・・
母が生前によく、「本棚が倒れて本の下敷きになって死んだら本望よ」と布団をかぶってじっとしていることを言うので、私が「怪我をしたら大変じゃぁないの!」と言っていたものだったが…

最近のニュースは警報も含めて「有難くないこと」ばかりを報じる。
こういう世の中に育つ子どもたちは一体…暗い気持ちの多い人生を送るのではないか。大人すら、だ。
緊急告知端末機から「ただいま杉並区の一部で大きな虹が出ています!」と流してくれたなら、どんなにか子どもたちは明るい気持ちになるだろう……
緊急のみならず、ラジオやテレビのニュースは時間制限もあろうが、暗いニュースを2つ流したら、1つは探し出してでも明るいニュースを流して欲しい、と益々思う婆。


関連記事

眼科受診 - 2014.07.10 Thu

結局素人判断のまま、人工涙液でまず目を洗うように点し、タリビットとフルメトロン、あとはシェーグレン用のジクアスとヒアレイン0.3などを点眼し、タリビットの眼軟膏を目の表面に綿棒で入れ、眼帯をしてまる2日。
痛む部分は充血が酷く、黒目の周囲の白い部分は白内障が進んだのかも、など勝手な推測までしながら。
何とか休診日も過ぎ、今朝一番でいつもの眼科へ。
生憎第二木曜は代診だそうで、知らない先生だった。
隣りの駅に新しく出来たという眼科に行くことも頭をかすめたが、そうなれば1から、つまり既往歴など全部を問診票に書かねばならないだろう。目に関してのみならず、膠原病で使用している薬(寧ろステロイドの副作用である骨粗鬆症や高脂血症のための)も多いが、それ以前のアレルギーや乳癌で使用した薬などは名前も忘れてしまった。
今後ずっと今現在の眼科にかかりたいと思っているので、代診の先生に診て頂いた。
機械の扱いなど、看護師が共に協力して稼働させてくださり、無事に目の表面の写真も撮れた。
今回、黒目の輪郭から中心に向かって突き出しているように見えたのは「潰瘍」だそうで、輪郭に沿って白く輪を描いているものとは別物らしい。「輪」は、高脂血症によるコレステロールの沈着とか。
潰瘍は、疲れが酷かったり溜まったりすると、ちょっとした傷であっても感染し易い状態が故に起きるのだそうで・・・うむ・・・言われるまでもなく常にその通り!

今回の症状のためには、タリビットの軟膏とフルメトロンをしっかり使い、治らなければ又受診するように言われた。
昼間の眼帯からは解放されているので(一昨日も昨日の昼間も、眼帯をしていないとまばたきの度に眼球が眼瞼に擦れて痛かった)、既に可成り良くなっているのだろう、と思う。

関連記事

ため息の目 - 2014.07.08 Tue

先日来右首筋を痛め、庇って引き続き左首筋から背中を痛め、週末には原因不明(首を庇った??)の腰痛!
何が不自由かと言えば、上を向いて目薬が点せないことと、洗面台で洗髪が出来ないこと。

心なしか両眼の痛みが増していた。多分目薬(シェーグレン用の)を点す回数が足りていない所為、そこに洗髪しないものだから、(ざっくばらんな書き込みをする老婆)枕カバー代わりのバスタオルを頻繁に替えねば、と思っていたのも無精し・・・
目も痛い、痛い、と感じるばかりで鏡を見ることもせずに過ぎた(度近眼なので、老眼であっても裸眼なら近くはしっかり見えるというのに!)
よくよくとなった今日の夜、鏡で見てみたら、黒目の縁に - 何と表現してよいか分からないが - 白い上弦の月もどき。両眼にあるが、左目は一部分が黒目の更なる内側に張り出している。白目も充血。
たまには手鏡でじっくり見なければ、と反省。

明日一番でいつもの眼科へ!と思えど水曜が休診日。新しく出来たという隣の駅の眼科も調べてみたら水曜休診。
さりとて大学病院に出向いても、予約外が故の長時間を過ごすだろう……今週は使いものにならぬほど疲れることも見え・・・
常備の点眼薬と眼軟膏を全種類使い、抗生物質も服用し、眼帯をして寝ることにした。余計なまばたきを避ける為に。いつぞや、これで軽減したことがあったので。
明日の朝、完治は望めないにせよ、酷くなっていないことを願いつつ。現状維持だったなら眼科受診は明後日。

ではごきげんよう さようなら。
(何という日記だ!?自分の為の記録…後々へのメモを兼ね…あれはいつ、どんなだっけ?の日常が故)

関連記事

週末は - 2014.07.06 Sun

結局首筋の痛みは治らず、「今回こそ教会へ」と思えど、日頃の行いの悪さなのか、無頓着に過ごしている所為なのか、腰まで怪しい。まさにギックリ寸前。
車で行けば大丈夫の筈が、私の車は娘一家が子連れで出掛けるのに使いたいと言う。夫は車を使っての仕事が入っており、同伴も駄目。という訳で不信仰者を通した。

誰も居ない家よ、万歳!!独り占め!!・・・・・
左右に動かない首、腰も不安定、ピアノに向かってみたが、鍵盤の両端は意外にも首を動かして見ているものだ…
安定させた腰から上を、平行四辺形のように左右に移動させるので、上半身を支えられない。諦めた。
惰眠をむさぼるべし!とベッドに寝るが、生憎整骨院で処方された湿布は1時間もすると乾いてきて、異物となる。首、背中が余計に痛い。
結局、正面だけ見ていればよいパソコンで、溜まったメールを半分ほどこなし、…目の痛みに気付いた。
これ以上のブラインドタッチは不可能(言葉通りのブラインドで打てたらなぁ・・iPhoneの音声による入力の如く)。

全て捗らないのは、休め、ということかもしれない。

関連記事

婆馬鹿の鍵盤キーボード - 2014.07.05 Sat

私の作業部屋には、楽譜をパソコンで書く小さな5オクターヴほどの電子キーボードがある。
Finaleを使い、その「リアルタイム入力」(弾いた音や旋律をパソコンが書き取ってくれる機能)のためのもの。最近すっかりこれを使っての仕事から遠のき、ひたすら孫の玩具と化しているのだが、生後6ヶ月ですらどうも物足りない様子。
音楽室の、鍵盤をわざわざ重くしているBösendorferが目下一番音が気に入っているようで、さりとてまだ1人でピアノ椅子には座れない。私が片方の膝に乗せ、片方の足でペダルを踏んでやる。
つい数ヶ月前までは鍵盤が重くて音が鳴らなかったが、最近は全腕を使って目一杯色々な音を出す(内心「これぞ【I】のタッチ!!と又しても婆馬鹿)。それを私がペダルを踏んで孫の鳴らした数々の音を残しておき、空いている鍵盤を使ってモチーフを真似する、発展させる・・というのが毎日の遊びの日課となってしまった。

昨日、偶々生徒の一人(ピアノ教師)の生徒さんが電子キーボードしか持っておらずに、ペダルが無いので可哀想、という話になった。
そもそもピアノを習うからにはせめてアップライトのピアノで練習して欲しい、と思うのだが、ピアノを習う目的にもよるだろうし、ご家庭の事情もあろう。
外付けのサスティンペダルだったら数千円で買える筈、と見ず知らずのお子さんのために提案した。

提案して何時間も経ち、「そうだ!私のキーボードにもサスティンペダルを付けたら、玩具としても充分ではないか!?」・・・
この婆馬鹿は早速Amazonで注文。CASIOの簡単なものには対応していない物もあるので、と注意書きがあった。
私のはまさにそのCASIO。対応しているものを選び、早速今日届き、付けてみた。

私らの赤ちゃん時代(寧ろ私らの子ども達の赤ちゃん時代)には考えられない素晴らしい玩具と化した。

・・・

・・・

でも、やはり一番のお気に入りはBösendorferのフルコンのようだ

関連記事

中断している断捨離 - 2014.07.04 Fri

ゆっくり考えながら行動しているのだが、何の拍子にか節々が痛む。
先日右首筋から背中を痛めたことは書いたが、今度は左首筋から背中だ!
本業も同時進行すべきなので、体調最優先にしているのだが…。
右が完治しないうちに次の行動に出たり、屋根裏で不自然な姿勢を取る、また普通の荷物も右を庇って左手でずっと持ってしまう、他にも明らかな原因は色々。
でも、こうして中断を重ねるうちに(そしてよく眠るので朝はパソコンの如く頭も自然に再起動される)何となく物の行き先と順番が頭の中で整理されてくる。実際随分スペースも出来、痛みが取れたら即刻行動に移せるものもあるが・・・

考える人。家を建てるための土地作りに3つの物置を壊す訳だが、家を建てればそちらに移住する3名。
それ故、空いた部屋に持ってくることも出来る本棚(天井で突っ張るしくみのものや、安定性の良いもの)、本やアルバムの類。当座、どこかの部屋、もしくは3台のピアノの下すら片付ければ、スペースは広いぞ!!

という訳で、又しても作業は止まった。

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する