辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2014-02

馬鹿な婆 - 2014.02.26 Wed

今日は又一段と脚が痛い。特に両膝!
こういう時は「昨日何をしたか」ではなく「一昨日何をしたか」…最近では「一昨昨日何をしたか」という時もあるほどで。

整形外科で言われたのに、前の日記のような馬鹿をした。
当然だ、と我ながら頷く。

ともあれ今晩のうちに出向いておくことにしたのは正解だった。
明朝のラッシュアワーに東京駅まで移動するだけでも大変。

いや、まずは反省であります、心底…。



関連記事

雛人形 - 2014.02.25 Tue

16日と23日に生徒たちの「勉強会」をした。
その内容は又改めるとして・・・

23日夜、娘夫婦が孫のためにお雛様を出して飾った。


その前に、下の写真は娘が生後5ヶ月近く、息子は2歳半。

8229846_2051759150_31large.jpg
(雛壇のお菓子を勝手に開けて叱られている模様。叱ってくれている1人は、夫の姉の長女。私が撮っているので私は写っていません。私の妹はまだ留学中で居ません。)


一段落して今度こそ記念写真!

8229846_2051759155_8large.jpg
[左より私の母,父(奥龍之介),義父(田中春弥),息子,父方祖母,義母,姪,夫と娘]

この雛人形一式は、義母が木目込み人形で作ってくれたものです。
当時は私の実家に住んでいたので、一同集合!


その雛人形を、23日の勉強会が済むのを待って、娘夫婦が飾っていました。

8229846_2051759157_60large.jpg


昨日、本人を入れて記念写真。
元気に成長して、良縁に恵まれますように・・・

8229846_2051759159_12large.jpg


などと書いておきながら、悪い婆は・・・

8229846_2051759174_188large.jpg
椅子が段々崩れるよ…と腹筋が耐えるギリギリまで寝そべったり…


8229846_2051759169_208large.jpg
ラージヒルに向けて頑張れ(将来は女子にも課せられる筈)、と…


8229846_2051759166_64large.jpg
終いには「可愛い子は食べちゃうぞ〜〜!!」と泣かせる鬼婆


まだまだ馬鹿写真はありますが、明後日に備えて一仕事あり、ここで止めておきます。


関連記事

脚の痛み - 2014.02.24 Mon

孫が生まれてから膝と足首が痛い。

折しも今日は整形外科の予約受診が入っていたので質問した。

孫どころか子供を抱っこして(つまり若いお母さんすら)、半月板損傷やアキレス腱周囲の炎症(という単語だったか既に曖昧)などよく起こすそうで、レントゲンを撮るほどのものではなく、ともあれこの年齢で赤ん坊を抱っこして階段の上り下りなどは無理、負荷をかけない生活を心掛けるように言われた。抱っこするのも手を伸ばさず身体にぴったりくっつけるように、とも…
湿布をバンバン貼ってください、と言われて帰宅。

実は、階段で抱っこのみならず、飛行機ぶんぶん、や、お腹に孫を左手で抱えて乗せて、両脚と右手で「のっしのっし」と歩いたり(娘が幼い頃大好きだった)・・・余りに「母だった」頃そのまま。
……身体は覚えていても、結局ダメージを喰らっているのだろう。


関連記事

冬期オリンピック - 2014.02.21 Fri

今回のソチ・・・

夜中にトイレに起きた折、「そうだ!やっている筈」と見たのは、たったの2回。
本来とても忙しい筈の生活、昼間にリビングのテレビを点けっぱなしにしておくので競技や関連番組が目に入り、通る度に立ち止まって見ていました。
今まで見たことのない、ハーフパイプやスキークロスは興味深く(しかも女子まで!!)、固唾を呑んで見守ってしまいました。(解説者がやたらうるさくて観戦の妨げだった、なんてことは書きません!某著名スキーヤー且つ登山家のご子息様……結局毒舌、すみません…が、自分の名前を出しての感想、とお許しください)

世間で話題のフィギュア。
息子とメールでやり取りしたり、出張で上京して我が家に寄った時、話に花が咲きました。
プルシェンコについて、息子によれば、15年の競技人生で12回の手術、首から下はボルトだらけ、痛み止めも考えられないようなもの(ソ連時代のもの?)を服用していることなど情報を得ました。既に引退していたと思っていたので、今回見ることが出来て本当に嬉しかったです。
2000年前後から大ファンだった私は自分で髪型を真似してカットし、今より可成りスリムだったので、演奏会の衣裳なども真似をしたものです。息子に「お母さん、氷の上で回転させながらピアノ弾きな!」とからかわれたほどで…あの髪型は回転しないと無意味なんですよね……
スポーツ選手は競技人生が短いことを痛感すると共に、葛西選手が41歳になってもメダルを目指して「創意工夫」「試行錯誤」している姿を追った番組などは、反省を促される思いで拝見しました。

フィギュアに関しては毒舌を吐いてばかりいる気がし、4年前は記憶の彼方だったのが、ブログのありがたさ!!又、某SNSなどに書き込んだ記録も、私の衰えた脳の代用(寧ろ毒舌の証拠か??)・・
今回も又感じたことですが、余りに執拗。2月19日(2通)、25日に書いています。

最後かもしれないので、動画をアップ。

[広告] VPS


関連記事

まだまだ続くすったもんだ… - 2014.02.15 Sat

結局雪は溶けるどころか、夜中も降り続け、明け方になって霙から雨になった。
残るは水分をたっぷり含んだ大量の積雪。
自力では溶けてくれなかった。

(遠慮がちに小さく…娘と孫です…)
8229846_2049287907_88large_convert_20140217122300.jpg


午後になっても全く溶けない。それどころか屋根からの落雪で益々積もった(=上の写真よりも可成り増えた)。

これはもう・・雪かきするしかないでしょう・・・
我々夫婦の生徒達や来客、二世帯に次々来る宅配モロモロあり。

という訳で(若者は夜まで仕事)、自宅の前と周辺を夫と交代でやりましたとも!!!
前回の雪質よりも可成り重かった。

関連記事

又しても雪!! - 2014.02.14 Fri

2月4日に注文してきた音楽室用のエアコンが、やっと設置された。

8229846_2048785762_184large.jpg


最速で今日、ということになっていたのが、今朝電話があり、雪の様子次第では駄目かもしれないとのこと。
2週間も電気ストーブで頑張り、境の扉も開けっ放しの生活。温度も湿度もしっちゃかめっちゃかでピアノのピッチも狂いに狂い、一旦温度湿度共に安定させないことには調律もお願い出来ない。
業者には「雪の日には作業をしてはいけない」という決まり事があるらしいのだが、この際強引に頼んだ。
幸い、その時点での積雪は室外機設置に問題がなく、無事終了。

久々に快適な部屋が戻ってきた。
それにしても、半世紀のうちに何と贅沢になったものだろう・・・(世の中全体が、です)
たったの10年間に新しくなったエアコンのリモコン然り・・・
「スマホやパソコンの操作と同じです」と言われてしまった。さて…使いこなせるかどうか…。しかも、「壁に掛けると落ちやすいので、卓上に置いてください。壊れるとリモコン1つで1万円しますから」…
な、なんという世の中…(10年前に「何て快適になったのだろう?」と思ったばかりだというのに!!)



・・・作業中はまださほど積もっていなかった雪は、午後になると激しさを増し・・
又しても写真で代用する日記。

窓から。
8229846_2048861302_225large.jpg

8229846_2048858547_61large.jpg


前回の雪かき&雪解け後の道 → 今日の夜
  8229846_2048303782_66large.jpg   8229846_2048926198_39large.jpg

明日は10℃まで上がるという。自力で溶けてください・・・


関連記事

すったもんだの今月 - 2014.02.10 Mon

1月末に壊れていたであろうことに気付かなかった音楽室のエアコン。
2月2日の「勉強会」を前日になり、中止する連絡メールを流した。生徒たちに風邪でもひかれては大変!

その中止は幸いした。
何となく体調のすぐれなかった娘婿、小児科医として当直続きだもの、帰宅しても孫の世話を手伝っている…疲れが出る頃だ……はインフルエンザだったと発覚したのが2日だったか…日曜午前も開業している隣りの駅の内科にて。B型。
孫に感染してはいけない、と私の寝室の隣りの空き部屋(息子の部屋)に婿を隔離。食事も娘が「隔離室」に運ぶ。
発熱、鎮痛剤も効かない頭痛、下痢など。我が夫が近所の救急病院に連れて行き、点滴を受けたところ、自覚症状は軽減された模様。
そうこうするうち、娘も熱っぽいし、その前から咳が出ていたという。同じ内科で調べたところ、やはりB型のインフルエンザ。
予防接種していても、隙を狙ってウィルスは入るのだろう・・・
娘婿と入れ違いに「隔離室」。授乳の時だけ孫を連れて入る。
娘は、お乳が充分に出るように、と栄養・休養をたっぷり取っている所為か、軽く済んだ。やれやれ・・
勉強会が本来入っていたので生徒のレッスンを元々入れていない日も多く、お一方お休みを頂いただけで…いや、その方には申し訳なかったが、大勢に感染させてしまうことを逃れたのは(所謂出席停止の類の日数も多めに取っても)、本当にエアコンが壊れたお蔭の他何ものでもない
夫も私も予防接種をしているが、安心は出来ない、と思って構えていたが、どうやらこのまま罹らずに済みそう。
我々の世代は「予防接種」など無い時代に育ったのでウィルスに強いのか、それとも60年以上の間に沢山の免疫が付いたのか、それは誰も言い切れない。

それにしても預かった孫の世話は、年齢が正直だった。
身体は記憶している「子育て」。ところが思うように動かない年齢相応の身体。
子供の頃に軽々出来た逆上がりが40代では楽に出来た、ところが(試したわけではないが)今やったなら翌日から筋肉痛で寝込むかもしれない現実と同じ。


やれやれ・・・と一段落したら、大雪!!
う〜〜〜〜〜・・・


関連記事

雪! - 2014.02.09 Sun

(2月8日)
45年ぶりの大雪、と報じられ…私の大学受験の頃ではでないですか!?
試験も大雪と重なった気がします。
まだ暖房設備など整っておらず、実技試験前は当時の第1ホール前に唯一暖房として置いてある「火鉢」で手を温めたものです!!(いや、我が家もストーブ1台を部屋から部屋へ運んで過ごしていたので、似たようなものですが)入試当日、行きの電車もポケットに入れた白金懐炉で冷えぬよう…
試験以上に思い出すのは、最終発表の時だったか、それとも手続きの時だったか、もう記憶の彼方ながら、太陽で大雪が溶けかけた上野公園をビチャビチャと歩いたこと。


今朝起きたら既に雪景色。
8229846_2046836727_21large.jpg

8229846_2046915938_17large.jpg

どんどん積もって、窓の外を見る度に…
8229846_2046836726_160large.jpg

8229846_2046966377_206large.jpg

夕方には、私の目線から見るベランダは…
8229846_2047025539_106large.jpg

夜になるや、屋根の雪もずり落ちつつあり、明日は雪国??
8229846_2047046364_45large.jpg

今年は我が家の若者が雪かきを手伝ってくれました。当直明けで疲れているだろうに…
8229846_2047025550_191large.jpg

夜に帰宅した夫が「暖房(エアロテックの)が効いていないのは室外機の所為では?」と気付き、室外機の周囲一帯の雪を払いのけました。
私の膝まである長靴がすっぽり埋まるほどでありました・・・いや、雪の深さ ≧ 長靴の丈・・


(2月9日)
夜中に降り続いていたら大変なことになっているのでは?と先ずはカーテンを開けてみた。
大丈夫だった・・・

ベランダも手摺りの雪は落ちたようで、雪国にならずに済んだ。
8229846_2047263936_220large.jpg

が、何故か1箇所落ちていない…
8229846_2047263935_50large.jpg


そして、「強」にしたにも拘わらず利きの悪い暖房。
室外機を見たら上から溶け落ちていく雪がつらら状態となり、それがすっぽりファンの外側を覆っている!
車の窓用スプレーで溶かし、あとは太陽に任せた!!


やれやれ…東京の雪!
我が家の空き地に「かまくら」が10個作れたのでは?と残念!!(風邪ひき娘は地団駄
雪景色を背景に、孫の写真を撮るべきだった。写真にある風景は記憶に残る助けになるので。


追記
午後になり、遙か向こう5−6件先のご主人が雪かきなさっているのが窓から見えた。
そして、1時間ほどするや、我が隣家まで遠征なさっておられる。
しかも向かいの、母が生前住んでいたマンションの(私より遙かにご高齢と思われる)係のご婦人まで・・
皆さま、有難うございます、心から…
いやいや、感謝している場合ではない、と私も慌てて出て行って雪かき。
・・・殆ど終えたところで、そうだ!我が家には20代が居るではないか!とバトンタッチ。
更に、夫の駐車スペース!ワゴン車を斜めに置いているのだが、ここが凍結すると後が厄介。勿論暖かい日が続けばよいのだけれど。…もう雪を積むスペースが道路にはない!
はた!と閃き、私が出て行って庭への鍵を開け、掘っては庭に放り投げた。この手があった・・・

関連記事

スマートフォン - 2014.02.07 Fri

私はまだ持っていないのですが、最近皆さんスマホでブログなども更新されているのでしょうか…
一応家に眠っているだけのスマホ(夫の)で、私のブログがどのように表示されているか、更新も含めてテンプレートを替えた時だけチェックします。フワフワと漂う広告が実に(老人には)操作の妨げになります。その折、お気に入りのブログも拝読するのですが、必ず間違って広告をタップしてしまう…

スマホ用テンプレート更新画面には、「%adと%ad2」がテンプレート中に含まれていないと更新できません(<>省いて「」で代用。以下も)、と書かれているので、削除するようなことはしていませんが、あくまでもテンプレート中に含まれていれば良いわけでは?しかも間違ってタップしてしまうことがないよう、2つを「/body」の直前まで下げています。
フワフワ漂うのは「%ad_overlay」を削除すれば漂わないのでは?その事は禁じられていないようです(FC2だけですか?)。※

という訳で、私のスマホ用テンプレートは違反にならない範囲で編集してあります。

いずれガラケーからスマホへ機種変しようと思っているのですが、今のガラケーも愛着あり、いずれにせよメールはパソコンから送る習慣でもあり…迷うこの頃…



お節介を記したようで、広告が記事を覆っているケースが・・・
「広告」を意味する「%ad」「%ad2」の入った「div」と「/div」で囲まれた一行を2つズリッと「/body」の直前まで移動すれば、うまく行くと思います。
こんなことに興じている婆は我ながらどうかと思うよ…
が、追記でした・・・

関連記事

エアコンのその後 - 2014.02.05 Wed

今日、病院の後で吉祥寺の量販店に行くつもりが、昨日は珍しく夫と共に2時間ほど時間が取れることが分かり、即刻エアコンを購入しに出向いた。
なるほど・・10年しか経っていないのに、更にまた(というのは1980年代と比較)コンパクトになり、フィルター掃除も不要、というものが出ている。年1回の掃除で済むことすら驚きだったのに。
膝や足首が痛いこの頃。ピアノ椅子に立ってフィルターを取り外すのすら脚がおぼつかなかった。しかも今後は老いの道をひたすら辿るわけで、即刻「フィルター掃除不要」を購入。
防音のため密閉しており、26畳のレッスン室は16畳用でも充分なのが、今、そのサイズは製造していないとのことで、購入したのは18畳用。
設置は生憎最速で今月14日だそうだ。
ついでに作動しないヴィデオや、やはり10年経った(当時は最先端だった筈の)テレビも眺めた。店員はひたすらNT○にすることを勧めるが、アドレス変更が億劫なため、決めずに店を出た。
出た時は霙だったのが、家に着く頃には雪が本降りとなり、うっすら積もった。

生徒のレッスンをするのに、14日までこのままでも可能ではある。部屋を使っていない時には境のドアを開け放っておくと、居住部分の空気が入り込んで22-23℃になるので。ピアノを弾けば汗ばむほどだし…ただ、体力を要しない曲では人によって寒さを感じるかもなぁ……と思い、今朝、ネットで「アラジン」の電気ストーブを購入した(1970年代の石油ストーブがアラジンだった懐かしさから)。明日午前中には届きそう。1台あれば他の部屋でも使用可能…(エアロテックを「暖房」にすると全室「暖房」になり、暖かい1階は「送風」で充分でも2階は「暖房」が必要、ということが多々あり)
物置に石油ストーブが1台眠っているのだが、これ又10年前の石油が僅かに入っている筈。これはとても部屋では点けられない。外で点けて空にしないと・・いずれにせよ、停電に備えて電源の要らないものは必須なので、近いうちに掃除。

ところで膝や足首の痛みは、孫の世話によるものでは、と娘が気の毒がって、自分が通っているカイロ(カイロプラクティック - Chiropractic) へ日曜に誘ってくれた。託児所付き。
今日は2回目。その後様子を訊かれて漠然と答えたが、帰宅して気付いた。月・火と頭痛でロキソニンを服用したため、全身の痛みは誤魔化されていたかもしれない・・しかも月曜の採血でCPKが日頃の倍以上になっていたのは、どうやらカイロでの治療によるものらしい。
暫く通って様子を見る。

関連記事

壊れたエアコン - 2014.02.04 Tue

先週金曜の朝から音楽室が肌寒い。
楽器(ピアノとコントラバス)を一定の温度と湿度に保つため、エアコンは常時回転。そして冬は加湿器、夏は除湿器を別個に設置。
なので、今の時期は常時23℃くらいに保てている筈が、金曜の朝は18℃、土曜の朝は17℃…日中は陽射しがある程度差し込むので21℃くらいには上がるが、もしや壊れた??
他の部屋はエアロテックという全館冷暖房(という言葉が正しいかどうか…)なのだが、これはダクトが空気のみならず音も通してしまうので、音楽室だけ個別に設置しているのです。
急遽、勉強会中止の連絡を流した。

いつもお世話になっているKさんに夫が連絡し、更に業者へ依頼が行き、今日来てもらえることになっていたのだが…
今朝電話がかかり、修理は7万円ほどかかってしまうし、今は更に性能のよいもの、保証の長いものが量販店で扱われているそうで、そちらでの購入を勧められた。設置も量販店でしてくれる、という。

という訳で、明日にでも皮膚科の帰りに吉祥寺に出て、購入してこよう・・
ピアノを弾いている分には全く寒くなく、ドアを全開にしておけば居住部分の暖気が入って行き、閉めても密閉されているので、数時間使う分には不自由ないのだが。
それにしても2004年3月に設置し、10年使ったことになる。しかも補助的な他の器具なしで。
ついでに石油ストーブでも購入しようか…停電も考慮しなくてはいけない昨今。



話は変わる。相変わらずの親馬鹿・婆馬鹿。(不快な方は読み飛ばしてください)

昨日は例年通り、恵方巻きを作った。
さて食事、という時になって、孫がぐずり始めた。
いつも娘が歌って機嫌の直る曲の中から「童謡」の類を試しに市販のCDでかけてみた。
泣き止むどころか、一層激しさを増すばかり。
そうだ!!と思い付いた。
娘のライブ
録音はCD-Rにコピーしてある。それをかけてみた。
結果、大声で泣いている時には”Can You Celebrate?”・・・これでピタリと泣き止む。以降は”星に願いを”と”ハナミズキ”をリピート。目を合わせて、娘ではない私すらもが小声で口を動かして歌うと、声を出す。あたかも歌おうとするかのように口を動かす孫(婆馬鹿?)。しかも声を出すのみならず「最高の笑顔」を見せてくれる。これには驚いた!!

以上、親馬鹿・婆馬鹿。

因みに、そのライブは2004年11月のものです(娘はまだ大学前期課程…これも単語怪しい)。前述のエアコン設置の年…


関連記事

2月になってしまった! - 2014.02.01 Sat

パソコンに向かう時間が激減。

私としてのごく普通の日々に、同居の娘夫婦に子供が出来たことで、孫の顔見たさにあれこれ手伝う婆。
まさに日々刻々成長を見せてくれる孫は、自分の子供たちを育てていた時には感じなかった様々なことを、婆に考えさせてくれるし、喜ばせてくれる。

けれども明らかに老化は老化。
子育てをしていた時の「感覚」を身体が覚えているのに、あくまでも「感覚」!!これは、昔鉄棒で逆上がりが出来たから、と今突然やったら(出来たとしても)身体の節々を傷めるであろう想像と同じに違いない。

そんなこんな。
目の乾きは、毎週受診したとて変わらないことが分かったし医師にも迷惑だろう…と医師の教えを守り、寝る時には傍らに除湿器からの蒸気を浴び、ヒアレイン0.3%(ヒアルロン酸の点眼薬)とジクアス(ムチンの点眼薬)、それとマイティア(人工涙液)を使って何とか過ごしている。梅雨時だったら月に1本使わないことすらあるのに、1月はマイティア3本、ジクアス2本半、ヒアレインも2本半使った。

生徒たちのレッスンは、記憶している曲ばかりで敢えて譜面も広げずに幸いしているが、そうそう全く見ない、という訳にもいかない。稀に記憶が半世紀前のような曲も無くはない。

自分の練習も、倦怠感から昨年は又全面的に遠のいたが、こんなに遠のいてもいられない。
「片手ずつ記憶している曲(眼瞼を開かずに済む、の意)のワンセット」のようなプログラミングをして、向かえる日には30分〜1時間練習するだけ。あぁ、あと1−2年のうちにやりたいことは沢山あるのだが・・・

私の目下の聴衆は孫。
左手に抱っこをして右手でオルゴールのように和音入りで、けれどもオルゴールよりは表情豊かに奏でると、機嫌が直る。
昨日はママが先に入浴し、その後孫が呼ばれる迄、と、そのようにあやしていたら眠ってしまった。ぐっすりと!これではママが茹だってしまう!と、Durの曲をMollにしてみたら、うっすら目を開けた。
そうそう、泣き止まないのを傍らのソファに寝かせて、うるさいだろうな、と思いつつもショパンのエチュードを片っ端から弾き出したらすっかり泣き止み、ご機嫌になった。・・・と、こんな婆馬鹿の日々。
(娘も、ピアノの下に寝ていると心地良かったそうだ。まだ震災など考えもしなかった1980年代前半)

孫は寝る時、そのピアノの下で寝ていたママの歌で眠りにつく毎日らしい…どんなにぐずっていても。



1月末、リハビリ(PT、OT)が終了した。
1999年の入院中から15年近くお世話になった。
OTのS先生には感謝あるのみ、ピアノの道を復帰するための試行錯誤をして下さり、いや、それ以前に文字を書ける辺りからスタートしたが…何か問題が起きればOT!だった。お礼の言葉も見つからないほど感謝している。
決して治った、ということではなく…とS先生は言われる…「田中さん(私の本姓)の場合は、検査数値が上がった時には寝返りも打てない状態だからね!」と念を押された。
「普通の生活が出来て当然」「ピアノが弾けて当然」を理想にすることは図々しいかもな…加齢もある…少し後ずさりした辺りが丁度よいのかもしれない。



下の画像は、いつも屋根裏にひらりと転がっているシロモノ。
曲目から察するに、子供たちが小3と小1だった頃のものだと思う。
子供たちには日課の一覧表を作り、こなした日はニコニコマークを書いてやっていた。とは言え、当時は、宿題をしました、歯磨きをしました、のレベルだったと思うが。あとは息子の「ピアノでポップスを」、娘はバレエやピアノもまだやっていた頃。子供たちにだけ課題を評価して、自分は??と自分の予定表も並べてドアに貼っていた。結局画像が示す通り、予定は未定…自縛は自爆!
8229846_2044547540_57large.jpg


屋根裏を片付けねば!物置を片付けねば!!クローゼットを整理してスペースを作らねば!!!・・・と「ねば」のみで行動に移せないずぶん、もとい、自分。


書きたい日常の話は溜まっているが、忘れてしまったので近況だけ・・・又思い出した時に・・・

あ、「別館」は稀に更新しています。




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する