辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2011-02

本で学ぶ難しさ - 2011.02.28 Mon

1年ぶりに勉強会なるものをしました。
お互いに見て聴いて学ぶ集まりであり、親睦の場でもあります。

いつも定期的にテーマを決めて「基礎はやってやり過ぎることはない」勉強と、練習中の曲を人前で弾く練習と行っていたのですが、随分間が空いてしまいました。

今回は著書「ピアノと向きあう」に網羅した「18のタッチ」を少しずつ、それも易しい曲で学び直して頂くための第一回。
折しも今年は、ル・クーペの生誕200年でもあります。
「ピアノのABC」(版によっては「ピアノのアルファベット」)を教材とすることにしました。

生徒さんたちも認めているところなのでここに書いてしまいますが…
私がせっせせっせと執筆をしている間に、(そのためにレッスンを休ませて貰った生徒たちには申し訳ないのですが)せっせせっせと違う方向に練習していたらしい・・・
勿論、こつこつと練習の跡が見られる方も多いですが。

これは難しいことだ、と思いました。
既にお教えした方々ですら…です。とは言え、最初のスタートからお教えしたケースはないので(大人の方々の場合は)、当然と言えば当然。例えば私の歩き方を、「今日からこのように歩きなさい」と指摘されて今日直るものではないからです。

本をご購入下さり、本だけから学ぶ方は如何なものか?と改めて思いました。


__________

(3月2日追記)

勉強会の翌日、翌々日、たまたま何人からかメールが来ました。
内容は殆ど同じで、本を読んでその通りに練習しているつもりが外れて行っていた、というものです。
タッチの【C】と【D】を使っての「ピアノのABC」第1番と第2番でしたが。
隣接した音を弾く時に、パタパタと指を切り離してしまう。
【C】と【D】の本来は、「指を鍵盤に密着したまま」次の音に移動してから前の音の指を「鍵盤に押し上げられるように」感じてゆっくり上げる、結果レガートを指の圧力で感じられるようになる、ということなのです。指の形もここでは基礎として第1関節から先が鍵盤と垂直になるような形です(勿論後々、ミックスされて種類豊富なタッチになりますが、基礎として、です)。指の重さだけ~全腕の重さまでかける、と色々な重さを使っても、鍵盤に押し上げられる感覚を持つレガートで、なだらかな強弱表現を目指します。指が勝手に上げてしまわない練習・・
他にも、とても本だけで理解は不可能、習っている我々ですらこうなのだから、という貴重な意見もありました。

ブログで出来るだけ補いたいと思いますが、これとて文章のみですから、結局本と同じことを書くことになる訳で・・・
難しいことです。



レッスンをご希望の方や、何かご質問をお持ちの方は、このブログのプロフィールにあるメールアドレスからご連絡ください。ログインしてアクセスしておりますので、直ぐに返信をお送り出来ないかもしれず、その点はお許しください。





関連記事

トイレ、その後 - 2011.02.26 Sat

ロクでもない日記が続き、一体どなたが読んで下さっておられるか存じ上げませんが、申し訳ないことでございます。



詰まったトイレ、辛うじて流れるようになったトイレ、何かが引っ掛かっているに違いない、というプロの言葉に、ふと「喉に刺さった骨」を連想。
よく「ご飯を大量に飲み込むと取れる」と言う。
私はいつぞやそれをやって、ご飯で骨を奥に押し込んだ苦い経験を持つ。

けれども、金属の管なら押し込むことはなかろう!!


・・・という訳で・・・


実験・・・




トイレットペーパーを大量に(但し、ちり紙交換で頂いた薄手のものです)、一巻きの3分の1ほどを一気に流してみました・・・・




ごぼごぼごぼごぼごぼ・・・・・と、一気に流れて行くではありませんか    


我が目を疑い、もう1回タンクの水を流した。

すぃ~~~~っ・・・こぽこぽこぽこぽ・・・

万歳



後遺症は、夫と交代交代で行った、1時間半以上にわたるベッコンベッコン(ラバーカップ、と言うのか?)による手首の痛みだけ



失礼致しました・・・我が家にとってはめでたしめでたし・・



関連記事

検査結果 - 2011.02.25 Fri

昨日は「ややこしくなるので薬不要」、と泌尿器科で言われたが、帰宅してみるとどうも危ない・・・
アレグラと共に又してもケフラール。
おっかなびっくりだったが異常は出ず。


という報告と共に皮膚科を受診。
血液検査はこれといった異常なし。
(毒素を全部流し出した後の数値だから?)


ともあれ一安心!

あとはピロリ菌の結果を待つだけ。





関連記事

又しても…(蕁麻疹) - 2011.02.24 Thu

1月13日の夜中に、手足の発赤と浮腫で勝手にアレグラ(抗アレルギー剤)を飲んで、翌朝には治っていたこと、皮膚科を受診して、大した検査数値の異変はなかったことなど書いたと思う。


このところ繁雑な出来事が山のようにあり、そちらに気を取られ、皮膚科と消化器科でのピロリ菌の検査と結果予約が入っていることを忘れるほどだった。
それよりも、1-2日続く膀胱炎的症状が気になり、泌尿器科を受診しよう、と手帳を見て、前2つの予約が入っていることに気付いたほど。

膀胱炎ではないか?と思ったのは、月曜にトイレが詰まったこと!!取り敢えずは何とか流れるところまでになっており、業者の方にも見て頂いた上で使っているのだが、どうもトイレに行く回数を減らそう、と身体が自然に反応しているらしい。水分摂取も減らしていた。階下にもトイレはあるが、階段を降りることすら億劫で…(ナントイウゼイタク!ナントイウブショウモノ!)
水曜には排尿の後で軽い陣痛のようなものが来る。一刻も早く治したく、抗生剤のケフラールを飲んだ。


- こんな話題ばかりのブログもどうかと思うのだが…何かの折のご参考になれば…というまでです -

予約が入っていることに気付いて、慌てて車を飛ばした。
途中から手足の痒みが始まり、着いた時には全身も痒く、何より辛いのが口の中と喉の痒み!!
運転しているからアレグラを取り出すことも出来ない。それに、これから皮膚科を受診するのにわざわざ服薬するのも如何なもの?と。

まずは検査室に行って番号札を取る。まだ30人待ち…ならば、先に予約外の泌尿器科に行って受診依頼してこよう、と3階へ。
問診票を書いているうちに朦朧として来た。
凄まじい倦怠感で、受付嬢の言葉も聞き取れない。「裏面もあります」「血圧測ってください」など言われている様なのだが意識が遠のき、何を自分で言ったのかも忘れた。裏面は受付嬢に質問を読み上げて貰って私が答えて、記入をしてください、と頼んだ記憶が(我が儘患者!)。途中質問の声も遠のき、訊かれては目覚め、の反復をした気がする。
ともあれ受付は無事に終わった。

痒みと発赤に、「皮膚科」「皮膚科」とやたら言っていたことだけは覚えている。
そしてエレベータが遠いので、階段で2階に降りよう、と思ったことも覚えているし、皮膚科で診察券を渡したことも覚えているのだけれど、どのように歩いたかは記憶にない。
座っていられずに別室で寝かせて頂けた。感謝!それだけでも可成り楽になったが、痒みにのたうち回り、全身が掻きむしりたいほど。呼吸は苦しいし咳も出るし、これは危ないかも…と、使い慣れない携帯で辛うじて夫に連絡。

やがて皮膚科主治医がいらして下さり、点滴で毒素を出すことになった。手持ちのアレグラも即刻服用するように指示。
ポカリスエットも飲んだ。
原因は、勝手に飲んだ抗生剤(ケフラール)の様だ。前回1月の発赤・痒みもケフラールを服用し始めた日だったから・・

午後までずっと点滴に繋がれ、どんどん楽になった。
1998や1999年の毎日の点滴を思えば短い。医学・病院は本当に有難いものです。
真っ赤に腫れ上がっていた手のひらは、午後には赤みも治まり、腫れも退いたことで日頃よりもシワシワになってしまったのが可笑しい。よほど浮腫んで皮膚が伸びきっていたのだろう。

トイレにも何度も行って、おそらく毒素は出たに違いない。


やっと夕方解放され、採血・採尿。
泌尿器科受診によれば、笑われるほど異常なし。・・・毒素、出してしまって悪かったかしらん?と一瞬頭をよぎった。
薬がややこしくなるので、何も処方されず。

夫が来てくれたから、車椅子での移動も本当に有難かった。

帰りは二台の車を連ねて帰宅することになった。


明日、皮膚科の結果と、採りそびれたピロリ菌(胃の中のガス)の検査。





関連記事

恩師の逝去  - ハンス・ライグラフ氏 -  - 2011.02.17 Thu

朝、中学以来の友人からメールが来た。
「Hans Leygraf(ハンス・ライグラフ)氏が逝去、と新聞に出ているけれど、貴女の先生ではなかった?」といった内容だった。

えっ!?

http://bohyo.blog84.fc2.com/blog-entry-3519.html

暮れに、留学当時の先輩クラスメイトから、先生も奥さまも具合が悪いらしい、ということは聞かされていたのだけれど。


私は1977年春に入門した。
その年にミュンヘンで入賞出来たのはライグラフ氏のメトーデのお蔭だと思っている。

また、今回の私の著書はライグラフ氏の指導法からの影響も多く、特に「18種類のタッチ」として記した【A】~【R】のタッチのうち、【C】【D】【J】はライグラフ氏からメトーデとして得た重力奏法としての練習方法であり(留学前にも自己流の思い付きから、ほぼ同じやり方でハノンなどを用い、強弱を付けて練習したことはあったが)、これら無くしては18種類は成り立たない(【A】と【B】はそれ以前にWeber教授から習った「分類しての練習方法」で、これらは18種類のスタートとなるもの)。
それらを練習・演奏会を通じて消化し、指導し、いつの間にか「18種類に分けて基礎練習する」、という私自身のメトーデになった。
ライグラフ氏の口癖は、「一番大切なことは、自分自身のメトーデを作ること!」だった。
だから、ライグラフ氏の教え無くしては本の出版も無かったに違いない。


2006年と2007年には、(何と!!)約30年ぶりに先生及び奥さまにお会い出来たこと、思い切ってあの時行っておいて、本当によかったです。

2007年は、折しも体感温度40℃という異常気象。暑さでへたばっている私に、「君は私より30歳若いんだから」との叱咤激励の有難いお言葉・・一体何度言われたことか・・・
しかも「自分はヨーロッパでは現役最年長のピアニストだ」と(当時86歳でいらした)。それからも去年まで現役の演奏家として活躍された。


又天国でお会い致しましょう、先生! 出来れば30年後に!!


ライグラフ先生を含め、恩師のことは又改めて書きたいと思います。





関連記事

「グラデーション」! - 2011.02.06 Sun

なかなか日記をゆっくり書くことも出来ずに過ぎている。

「ピアノと向きあう」の文章を仕上げる前の10月だったか、高校時代の友人、日本画家の津田一江さんから分厚い封書が届いた。
早速開くと(懐かしい)「一枚の繪」が(絵画の雑誌です)。
しかも彼女の「アトリエ訪問」という記事が掲載されている。

ゆっくり時間をかけて読みたかったので、うずうずしつつも「お預け」にし、もうひと息の本を仕上げた。そしてあとは編集者と印刷所の仕事、と受け渡して時間も出来、その「一枚の繪」11月号をおもむろに開き、漸く一字一句逃さず(当時すっかり身に付いてしまった習慣 )読む時間が出来た。
思わず「あっ!」と声を上げた。
「グラデーション」という言葉に。

何故なら、私の著書に於いて、タッチを18種類に分類して練習することを書いたのだが、その説明の中に「音色・ニュアンス・グラデーション」という項目を入れたからだ。
「グラデーション」は本来絵画や映像に於いて使う言葉なのだろうが、音での表現方法として、敢えてピアノに於いても使ってみた。実際、生徒を教える時にはその言葉を使うと、即刻反応を示す生徒が多い。

余りの偶然のタイミングに、手紙を交わしたことは言うまでもない。

津田一江さんのインタヴュー「アトリエ訪問」が掲載されている「一枚の繪 11月号」は、下記から是非ご購読ください。

http://www.ichimainoe.co.jp/cover/1011.html


ついでながらに書くべきことではないが、彼女のお母さまはピアニストで私の大学の大先輩、しかも私の恩師に習われたという奇遇さを高校入学時に知り、二人で小躍りして喜んでしまった15歳……まるで昨日のことのよう。



関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する