FC2ブログ
A D M I N

2010-09

ピロリ菌除去開始 - 2010.09.30 Thu

いつだったか、新聞を見てギョッとした記事のことをこの日記に書いたが・・・


大変だった仕事が漸く昨日ひとつの山場を越えた。
少しは休息出来る筈なので、と時期を見計らい、主治医から予約を入れて頂いてあった消化器内科に今日出向いた。

経緯を話し、讀賣新聞の紙面で此処の科の教授が話された内容に、「これは危ない!」と思ったこともしっかり話した。

数年前と今年と、受けた胃カメラの画像を拡大して見せてくださった。
やはり検査結果はその科で説明を受けるのが一番良いと思う。
検査はいつも、画像を見ながら受けているのだけれど、机の上のすぐ前のパソコンで拡大して見せて下されば、何もかもが一目瞭然!液体で着色しているので、その胃壁の凹凸ぶりたるや・・素人目にも分かる。今年のは、確かに萎縮の様子がありありと、これ又どう見ても素人にも分かる。

一昨年のピロリ菌陽性も記録があるわけで、先生も除去を勧めてくださった。
自費になることだけご心配くださったが、胃癌に罹ることを考えたら比較にならぬほど安いものです


という訳で、今日の夕食後から1週間、6錠ワンセットを1日2回服用する。
8割の人が効くようで、効いていなければ再度服用。それにより9割以上の人のピロリは居なくなるらしい。
結果を12月初めに調べる。




それにしても今日の病院は遠かった・・・
尤も家を出たのが遅れたのだけれど、普段なら車で15分。
病院のパーキングに入るまでの車の行列たるや!!丁度豪雨だったので(考えることは誰しも同じ。無線タクシーはこういう日は来ませんし)。
やっとパーキング内に入っても、スペースはありません。ぞろぞろぞろぞろ・・・・
病院の前に居るのに、車の中から皮膚科に電話を繋いでもらい、遅刻の旨、連絡するありさまでした
家から合計、一体どれだけかかったやら・・それでずれ込み、9時半予約は12時半近くとなり、12時半には消化器内科が入っていたわけで・・しかも消化器内科には私のカルテが皮膚科から来ない、とか。

随分長い一日を過ごした気がします。

おわりよければ全て良し!これで胃の調子が良くなるのなら、万歳!です



関連記事

四葉のクローバー - 2010.09.28 Tue

特殊な目を持っているとしか思えない!!

どこに出向いても、サッと目に入って摘んでくる夫。

四葉のクローバーを。
今回は五葉まで
手帳に挟んで帰宅するのだ。


(ごく最近のものだけでも以下)
8229846_637014724_194large.jpg


私など、探しても探しても見つかったためしがない。
おそらく夫は、幸せを見つけることに長けているに違いない。
くよくよしない。何でも良い方向に考える。

・・・私と正反対!!




関連記事

学年会 - 2010.09.25 Sat

中学高校の学年会。

仕事が思うように進んでいないこと、疲れが溜まっていること、など、間際まで迷っていたけれども遅刻で出席した。

行ってよかった!
特に中学の先生方には、私の入院中にどれだけ助けられたか分からない。
機会があればお会いしたい、と、いつも思っていたし・・


友人達全員が今年(早生まれは来年だが)還暦を迎える、という記念すべき年!
皆さんそれぞれに仕事、主婦業、介護業、同胞!
それにしても昭和38年入学当時、介護だの自分の高齢者としての不自由さを話すなど、誰か想像した人はいたのであろうか??


これらは又ゆっくりいずれ。
(幹事さん方、有難うございました。心から!!



関連記事

・・・ - 2010.09.19 Sun

長いこと教会を欠席し、そんな私が「キリスト教」の文字を文中に入れている。

この姿を母が生きていて見たなら、おそらく短歌にさらさらっと詠まれたに違いない・・


関連記事

operetttsのこと - 2010.09.18 Sat

昨年秋、ウィーンで大笑いして堪能した、という日記を書きましたが・・・

http://allegrobunchan.blog18.fc2.com/blog-entry-353.html

しかも、この日記の中に貼り付けたサイトから、デモDVDも愉しめることも書きましたが・・・



今日、階段の掃除をしていたところ…ずっと山積みになっている書類の数々(殆どが義父宛の不要郵便物)、もう見慣れた風景になってしまい、放置に放置を重ねていたのですが、当人も亡くなり、そろそろ片付けた方がよいのではなかろうか、とひとつずチェックをしてみたところ・・・


夫が預かってきた、と言っていた(ということだけは記憶にあった)ウィーンのフォルクスオーパーソリスト達による宣伝一式がそこに積んであるではないか!これは昨年正月だったか更に前の年だったか…預かってきたようにうっすら思い出す。
確か、「日本では無理だよなぁ…」とぼやいていたことも何となく思い出した。

開いてみたら・・
そのひとつがoperettts!!!


operettts-index.jpg


しかもデモDVD入りで!!!
掃除は中断。
即刻DVDへ。

又観に行きたいなぁ・・

確かにこの演目は、オペレッタを沢山知っている人でなければ愉しめないだろうし、ドイツ語がある程度理解出来ないと・・・
夫の「日本では無理だよなぁ…」も理解出来た。

それにしても、ずっと階段に積んであるとは!!・・・
もっと早く気付いて、私に下さい!!!



関連記事

娑婆の空気 - 2010.09.14 Tue

常に机の前にいる(ピアノではないのが何とも…)か横になってもプリントアウトを読んでいるかの日々。


久々に室内楽の仕事。
小田原在住のヴァイオリニスト氏からのお声掛けにて、いつもの弦5人とピアノの編成で。


何より息抜きになった!というのが甚だ申し訳ないので詳細は控えるが、控え室の窓ガラス越しの眺望。

晴れていれば正面に大島が見えるそうだ。


8229846_603750397_59large.jpg


8229846_603749482_204large.jpg



合間の夕暮れ。

8229846_603751767_223large.jpg



終われば真っ暗な空に月。

8229846_603751763_30largekirinuki


何ヶ月ぶりに外へ出たのだろう??という一日と相成った。

(又しても小学校の綴り方並み日記でした。それも絵日記ならまだしも、写真日記 )


関連記事

故・田中春弥「お別れの会」のお知らせ - 2010.09.04 Sat

お電話で度々お尋ねを頂戴致しますので、一応ここにも掲載させて頂きます。


SCAN0133:2

(クリックで拡大してご覧くださいませ)




関連記事

ピロリ菌のこと… - 2010.09.03 Fri

どうして医療関係の話ばかりになるのだろう??
他にネタがない生活の証拠だ


春に、胃の具合が悪くて胃カメラを飲んだが、(案の定)萎縮性胃炎でピロリ菌もある、と言われた。
数年前にも言われて、そのままになっている。
薬で治療はしなくてよいのかどうか尋ねたのだが、それは、検査のオーダーを出した先生と相談してください、とのこと。
それで相談したのだが、消化器専門ではないし、症状が落ち着いているのならガスターを続けて(いつもの2種類に加えて)、ということになり・・・私は抗生剤の類のつもりだったのだが・・・

こういう時には、ホームドクターのところに行きたいのが、時間が惜しいのと暑いのとで、行動に出られない。


結局根を詰めて原稿を書いていると具合が悪い。(→機嫌も悪い
胃に何か物を入れると=食べると、何故かその時だけは症状は治まるし(胃が伸びるから??と思ってしまう)、とても胃炎とは思えない体重増加。
但し、夜に食べたものは翌朝まで残っているような…末期癌で亡くなった父がそうだった…


先日讀賣新聞に「胃壁萎縮なら除菌治療」とのタイトルで、私の通っている病院の先生が意見を述べられていたので、切り抜き、次回の受診で相談して来るつもり。
ふと、ネット上にもあるに違いない、と検索したところ、簡単にヒットした。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=29930

父も、父方の祖父も祖母も末期の胃癌で亡くなっているしなぁ・・・



関連記事

頑張る - 2010.09.01 Wed

珍しく生徒を二人お休みさせて貰った。
よほど体調を崩さない限り、何とか頑張っているのだが。

如何せん間に合わない。

気が遠のくような量。まるで夏休みの宿題を全部一日でこなしているかの如し。
一日よく頑張りました。それでも半分にも届かない…今の時期の中高生の気持ちがよく分かる

こんな日々なので、日記のネタもありません・・・
何とか元気です、という報告でした。


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する