辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2010-01

迷うまま過ぎ - 2010.01.26 Tue

今年諸行事(仕事を含む)3つは確定(もっとあったかも分からない)。
しかし、あと2つ入れたいことがある。

それには「普通に」ピアノが弾けなくてはならない。

一昨年3月に右親指を瓶の蓋で捻って、それは誤魔化し誤魔化し何とかなるとして、左人差し指の怪我。
もう3ヶ月半過ぎるのに指(第1関節)が痛くて曲げられない。
とは言え、去年11月頃とは比較にならぬ程回復している。
前にも書いたが、「ついでに」サボっている右手と共に、我がピアノの術は小学生時に戻ってしまった。いや、小学生の頃はオクターブが届かなかったので、それ以外は・・・という事で。

今年は特に!と思っていたリサイタルは諦めざるを得ないか??と、昨日は折角整形外科とリハビリの予約受診もあったので、レントゲンを撮って頂いた。指標のひとつとしてだが。
結果、関節はとてもきれいで問題なし。
OTでも言われたことだが、結局は腱や筋肉がダメージを受けたまま、しかも丁度爪を作る部分(第1関節に近い)を強く挟んでいるのでその組織が治らないまま腫れ、結果スジが伸縮出来ない、つまり指が痛くて曲がらない…ということらしい。
曲がらないとは言っても、ピアノを弾く角度までは曲がる様になっており、うっかり余計な重力を掛けた時には痛む。
拳固を作る程曲げることは実際には無いのだが、拳固を作るほどの力で鍵盤を掴むことは屡々あるので、これが甚だ問題なのだ!
無理なく日々マッサージして整え、徐々に曲げるトレーニングをすれば年末辺りには弾きたい曲を弾けるかも分からない。
生徒に常々教えている方法を実践して鍛え治しますか・・・

さて、問題はそれだけの体力が残るかどうか??

子供の頃に歌った童謡が浮かぶ;
♪村の渡しの船頭さんは 今年六十のおじいさん
歳は取ってもお船を漕ぐときは 元気いっぱいろがしなる・・・~♪

というもの。
昔の還暦は数え年だから、このおじいさんも58歳か59歳だった訳で。
「今年六十のおばあさん」、元気いっぱいピアノ弾きますか・・・うぅぅぅ・・・
治るか??
自動詞ではなく他動詞にて、気力で「治す」??


治したとして、スケジュール調整が難問。
又、空いているホールの選択肢も少なくなってしまった。



関連記事

情報漏洩!? - 2010.01.20 Wed

身動きの取れない時や体調の悪い時に利用している某ネットスーパー。
本当に助かる・・・その名も「らくちん君」

週に何度か宣伝/お知らせのメールが来るのだが、今朝届いたメール・・・何と、本文が;

○○ ○○ 様

と、どなたか知らない方の名前で始まっている。
先日丁度書いたBccで一斉送信しているのだろうけれど、これはまずいでしょう。
何がどうなっているのか分からないけれど。

折しも、その後NHKの番組で最新のネットウィルスについて扱っていたので疑心暗鬼、思わずパソコンのウィルス対策ソフトのアップデートを確認してしまった。


______________________________________________________

その後、お詫びのメールが来ていた。

が本文は、○○○○○様、と私の名前で始まっていた。

その後;
本日お送りいたしました、
*************************
のメール内に、弊社内担当者の名前が記載されておりました。
この度は皆様に大変ご心配・ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

・・・云々、10行ほどのお詫びや情報流出の心配はないこと等が書かれてあったが、テレビを見た直後だっただけに、用心!用心!と思ってしまった出来事でした。(本当に「弊社内担当者」??とも・・・)



 

関連記事

つづき - 2010.01.19 Tue

昨日、ゴミ分別用の箱を新しくしたことを書きましたが・・・

どけた箱の裏の壁は凄まじい汚れ。

いつぞや義父が真っ赤な油絵の具を玄関の壁紙に付けて、それを取り除くのにネイルリムーバーで擦ったところ、色は既に染み込んで取れないばかりか、リムーバーで壁紙が溶けてしまった・・・
そこを業者さんに依頼したところ、同じ様な汚れ具合の壁紙から切り取って(しかも余り目立たない場所)、全く分からない様に修整してくださった!!どの世界もプロは凄い!!と吃驚したのです。
壁紙は沢山余っているのですが、敢えて似たような汚れた部分から持ってくる辺り、流石です!(掃除をしない所為で黒ずんでいることには触れないでおく



でも、長年ゴミ箱の裏になっていて汚れた箇所までお願いするのは何とも情けない・・どうせ又汚れるし・・

こういう時には;



歯磨きと歯ブラシ!!


これは父から伝授した術。
殆どの汚れは練り歯磨きで取れる!との。
まだ今の様にあれこれ洗剤が出回る前のことです(因みに父は1986年に亡くなっておりますから)。

タオル(少し凹凸のある布地の方が良いのです)を濡らして歯磨きを付け、壁紙を擦る。
真っ平らな壁紙ならこれで綺麗に取れるのです。
そして凹凸のある壁紙の場合は、これまた歯ブラシで凹んだ部分の汚れを擦りつつ濡らした布地で拭き取り、確認しながら。最後に乾いた布で拭き取る。完成!!

ものの5分で、2×1メートルの面積は(ほどよい汚れは残して、私にとっては)満足の行く出来に!!
今日の掃除はこれだけです

(でも先日、二進も三進も←にっちもさっちも行かなくなったキッチン全体は、業者さんにお願いしてしまいました。1日がかりでした。つまり、それだけ今まで汚れを放置していた訳です
関連記事

ゴミの分別 - 2010.01.18 Mon

確か以前にもこの様な日記を写真入りで載せたなぁ・・・

2年前から我が区では分別が細かくなった話。

日記を見つけました→こちら


この分別になった当時の我が家は家族も多く、若者の出入りもあり、ひとつの箱に45リットルの袋が入っていたのです。
我々2人の老夫婦(と書いても、私自身はまだ若いと思っているのだけれど)となった今は、前述の日記とは違ってすっかり古ぼけた汚い大きな段ボール箱がずら~~と並んでしまっているだけ。

この際!と、大きな金属製はそのまま使うことにし、あとは45リットル入りの段ボール箱を全部処分し、13リットル入りの箱を並べることにした。
いつもお馴染みASKULにて注文。
3箱セットで1044円。これを数組頼みまして「明日来る」は「今日来る」・・・早速並べ替えました。
とは言え、余りの散乱で写真は載せられないので、サイトから載せますが、可成りすっきりしました。
368148_l1.jpg368148_l1.jpg
(実際には4箱だけを使ってぴったり並べています)

今まで隠れていた壁の汚れを拭かねば・・・


関連記事

やっと… - 2010.01.16 Sat

人差し指の古い爪が全部取れた。


しかし・・・


OTの先生が仰った「3回位剥がれるかもしれない」がどうやら当たりそうな気配。
下で伸びていた爪は丸まっているし(これは皮膚科で「おそらく」と言われた通りで)、指先の肉に食い込んでいる。
このまま伸びるとも思えず。
丸まっている部分は、剥がれた爪と同じ様な感じになりつつあり、まっすぐ平らに生えて来た、と思っていた生え際の部分も怪しい。

DSCF0096:2


DSCF0098:2


でも、漸く指先の神経が戻りつつある。
皮膚科で言われた、糖尿病で起きる壊死(つまり血流が先端まで来ないので)と同じ原理、という状態にはならずに済んだ様だ。
剔(えぐ)れた部分は、まだ中がブニョブニョしている。
今までの経過から計算すると、爪は半年後には完治していると思う。
ただ、第1関節のスジが痛くて未だに曲げられない。関節そのものか??

左手がこんななので去年の二の舞をすまい!とばかり、右手まで一緒に付き合って怠けている。
優先順位を考えねばならない1年となりそうだ。
折角シューマンとショパン(両者とも今年が生誕200年)でリサイタルを!と思っていたのだが、弾ける曲は全く無さそうだ。
生徒達の発表会は皆に弾かせて勉強して頂きましょう
レッスンも見本は示さずに、各自今までの総復習


おそらく原稿に専念せよ、ということなのだろう・・・と思う。





関連記事

Ccの想い出 - 2010.01.14 Thu

ふと思い出したこと。

パソコンを使う様になって数年経った頃、若い人にCcで送ってね、と頼んだ時のこと。
「Ccって何ですか?」更に「Bccは?」と訊かれました。

Ccは「カーボンコピーのことでね・・」と、又おばさんだかおばぁさんぶりを発揮;

その昔、まだパソコンが普及される前のこと・・・
私は1970年代後半からタイプライターなるものをよく使っていました。

ドイツでの仕事が増えた頃、折良くドイツ語のタイプライターを夫(当時はまだ夫ではなかった様な…)が友人からプレゼントされて、それを使わせて貰う様になったのです。
当初、パチパチと自己流で、しかも酷いドイツ語で打っていたところ、ドイツ西部に住むマネージャーさんと知り合い、手紙の書き方を事細かに指導下さる様になりました。
でも信用のないわたくし
この様に書きなさい、と模範が郵送されて来て、それをタイプする訳なのですが・・・(内心、これにサインしてそのまま送っては駄目!?と言いたかったです。私に学習させよう、という意図なので仕方ありませんが…。)
カーボン紙を二色用意し、打つ用紙の下に青(だったか?)そして又用紙、その下に赤、そして又用紙。
その様に重ねた上から手紙をタイピングする訳です。つまりカーボン紙を入れたら計5枚を一度に打つ。
そうして、一番上の直接打った用紙にサインをして相手に郵送、二枚目はそのマネージャーにちゃんと打った報告を郵送、そして三枚目は私の手元に記録として保管すること、という指示を頂きました。

月に数回その様な作業をしていた気がします。送って返事が来たら、その本文を打って(コピー機など郵便局の青写真しかありませんでしたから)マネージャに送る。そして更に礼状なり続きのやり取りをマネージャが又模範を送ってくる・・・と、そんなこんなでした。


それでCcに戻る訳ですが、そのタイプライターの名残がメールのカーボンコピー、という訳です、という話になったのです。
Bccは?というと「ブラインドカーボンコピーの略」で、送信先には見せたくないけれど同時にCcで送りたい時、Bccのところにアドレスを入れると、差出人とBccの人にだけ見える。
別に悪いことをする訳でなく(誰かが「ブラック」と言ったけれど、そうではなく)、一応この様に送信してありますよ、というお知らせに使う訳です。若しくは関わりのない多数の人宛に一斉送信する折、メールアドレスという情報が見えない様にする場合にも。


等という説明をし、はるか30年(35年?)昔のその作業を大変懐かしく思い出した次第です。

今はCcにであれBccにであれ、タイプライターだったら壊れてしまいそうな枚数分の人数宛に一斉送信出来て、文明の利器は凄い!!
でも、一旦このシステムが壊れたらどうなるのだろう?タイプライターに戻るのだろうか?
・・・まぁ、私が生きている間は大丈夫だろう、等思う昨今です



関連記事

ニューイヤーコンサート - 2010.01.13 Wed

ウィーンからの"Strauss Festival Orchester WIEN" の演奏会。サントリーホール。
毎年ながら演奏も演出もとても楽しかった。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートも素敵だが、私はこちらの小編成の、つまりシュトラウス自身が当時ヴァイオリンを片手に指揮をしていた形が好きだ。
おそらくシュトラウスもこの編成でのバランスを前提として作曲をしていたに違いない。
例えば、「皇帝円舞曲」の最後の管楽器の主要メロディは、フル編成でのオケでは弦に消されて聞こえたためしがない。

夫は創立当時からのメンバーで、帰国してからも出演している。

これからまだ各地を回るので、内容は書かずにおきましょう・・・
(お聴きになられる方々はお楽しみに!


関連記事

たかが椅子、されど椅子…と思い - 2010.01.11 Mon

ピアノの椅子でも自分にとって合わないと体調を崩す、と聞いたことがある。
それと、我が家のリビングの椅子の座面は凹んだ形なのだが、腰の調子が悪い時に座ると一気にギックリ腰になる気がする。

・・・最近ピアノにも殆ど向かわず、どうしたことか机の前に居る時間が 睡眠時間の次に 長い・・・
最近の体調不良の原因を探るに・・・


パソコンを使う机は2箇所あるのだが、片方は座面の小さな折りたたみ椅子。もう一箇所は一応高低の利く椅子なのだが、もう表面の布も破れているし、どんな高さにしても座り心地が悪い。
夫のパソコンを借りると・・・この椅子が又最悪で・・・一応高低も利く勉強机用の椅子なのだが、三脚で1万円だったという回転椅子で、しかも20年も経っている「元椅子」状態。
訂正:3点1万円で、そのうちの1点が椅子3脚。つまり1脚は1111円だったことになる。


いつも何かと日用品を頼むサイトからのメールを見ていたら・・・

え!?本当に???


(クリックで拡大ください)

100-SNC015_09.jpg


椅子



100-snc015_sale9800.jpg

2008年の型らしく値下げしたようだ。



即刻2脚注文した!!!(ひとつは夫用)

翌々日届いた品・・・
それはそれは大きな段ボール箱で、ちょっと覗いたら細かい部品だらけ。
しかもひとつが20kg!!2階に1人ではちょっと無理。さりとて玄関で組み立てて途中で失敗したら??

・・・という訳で、玄関に置いたまま男手の帰宅を待った。



本日、川崎で演奏会のあった夫と、聴きに行った娘夫婦が一緒に帰宅。
即刻若い2人が組み立ててくれた。

う~~ん、なかなか快適であるぞ!バイト代には替えられない!!


背にもたれたら確実に安眠・・・(それじゃぁ駄目じゃん!)
いや、それは冗談でも本当でも、今までの椅子とは比較になりません。
まるでネット喫茶のシートみたい!!(おいおい・・・)


これで仕事が捗ればスバラシイ(結果はまだ出ないけど)


因みに、このサイトで購入する様になったきっかけは・・・(小声で…コバエほいほい)

次に購入したのが以下。

ペリエ

便利な世の中になったものです
関連記事

疾風の如く - 2010.01.11 Mon

パソコンのヴァージョンは上がり、最新だと信じていたものがどんどん化石と化して行く。


私のパソコンは2007年に購入し、当時Office(WordだのExcelだの)は2004しか対応していなかった為、それを購入・インストール。自分では「新しい」と思っていたのが、最近箱を見て吃驚だった。

最近届く添付(特にウィン機からの)が不可解な状態で届き「???」だったのも納得が行った。Excelの数字の位取りが滅茶苦茶で届く!そしてiWorkを購入せよ、とコメントが出る。仕方なく30日のお試しを使うことにしたのだが。
それより前、暮れに壊れて工場行きになった折にも「まだ新しい」つもりでいたのだが。10.5.4のままにしてあったのを、10.5.8にアップグレイドすべくアドヴァイス頂いた。
これで最新!!と思っていたのが・・

夫が11月に同じ様なパソコンを買って、箱を開けたらSnowLeopardで驚いた。もう世の中は10.6??
やはり暮れに麦茶をこぼして壊したという娘のマック(10.5.8)・・・買った方が安いそうで、既に型が古くなって値下げしているものを購入したとか。値段を聞いて吃驚してしまった。きゅ、きゅう、9万円!?!?
なるほど、開いた時には10.6.1だったのが、すぐに10.6.2にアップデートすべくコメントが出ていた。

夫が購入したOffice2008がファミリー&アカデミック版で3人まで使える。そのひとつをインストールすべきか、甚だ迷っている。
又、リストアされた時に出されてしまったATOK2007、再インストールして大丈夫かどうか…。
目下「ことえり」だけで打っているが、使い慣れないので変換の度に困ってしまう。さりとて単語登録するには余りに多過ぎ!!

今の仕事が終わる迄は何とかこれで頑張るか・・・あと10ヶ月は補償されているから・・・
それとも??10万円以下で買えるのならなぁ・・・
ふぅっ・・・


______________________

ふと思うことあってATOKを再インストールした。

・・・案の定「登録」をしていなかったからだった。

これで安心。思った変換が一発で出る有難い状態!!

関連記事

年末年始 - 2010.01.10 Sun

今頃久々の日記です。
それも年末年始の。

12月30日
娘が黒豆と栗きんとんを作って届けてくれました。
私は…前述のパソコンすったもんだで年末の一日を使ったので、いえ、放置しておけば年賀状も作れない訳で…
30日、私は何をしていたろうか?記録していないので忘れてしまった。
おそらく年賀状を数種類作ったか、と。
我が家の年賀状は、差出人が夫、私、と別々のもの、連名のもの、そしてデザインも仕事用と身内(親類)では分けたり、と数種類作るのが毎年のこと。
義父の件があり、親類には元日に集合写真を撮って取り込むことにした。
最低限の足の踏み場だけ作った様な・・・

12月31日
(記憶によれば)朝一番で夫の車にて荻窪の西友とタウンセブンで買い出し。
開店より遙かにゆとりを持って出たのに満車で、ルミネに駐車。
我が家の雑煮は熊本流。細く切ったスルメイカと昆布と干し椎茸で出汁を取る。その他大きな干しエビも入る。これは今回は刺身用の大きな海老を買って、軽く焼いて焦げ目を付けて代用した。その他大根や里芋等々、食べる時に小松菜と柚の皮を椀に入れる。
家族4世代がテーブルにつける様に模様替えをしながら掃除した様な記憶が・・・これは30日だったか?思い立ってガッとやったので忘れてしまった。
一応お節の最低限を作り、小さな重箱3段重ね二組と、少し大きめの二段重ねとに盛った。

夕刻、外泊許可が出た義父を夫が相模原の方まで迎えに行った。
バルーンを付けたままの義父を車からおろして玄関まで連れて行くのも至難の業。
夫がおぶってもつかまろうとしないので、傍で支える。数メートルが何十メートルの如し。

娘の夫が仕事を終えて、二人でやって来たので義父の部屋で5人で早めの年越し蕎麦。
暮れに妹と娘が物置にあったテーブルと椅子のカビを丹念に時間をかけて拭き取ってくれ、義父の部屋に運び入れてあったのは正解だった(有難う!!)。
お蕎麦を頂いた後、娘夫婦が義父の導尿の管の世話をしてくれて助かった。卵でも医師と看護士連携プレーの有難さ。尤も元日早々研修医は仕事あり、早めに二人は去って行った。

私の長年の習慣として、年越しの瞬間だけはピアノに向かう。
流石に小学生時代の手になってしまった。弾いたのは指練習のみ。その他易しい曲を記憶を頼りに、計30分で挫折。
2010年はシューマンとショパンの生誕200年という記念の年なのだが・・・
ピアノの部屋を出たら、凄まじい異臭!!夫が義父の汚した大量のモノ(寝具、寝巻き、下着の類い)を一人で洗濯していた。
何という象徴的な年越しだろう・・・(一年の計は??だろうか・・・)


2010年1月1日
昼近くに娘がやって来た。
昼過ぎて息子一家(チビちゃんも含め)がやって来た。
娘の夫は生憎仕事(元日とは言え、いや元日だからこそ急患は多いのだろうなぁ…)。気の毒なこと。
バルーン装着のまま、耳も聞こえず目も見えない義父も、何とか介助されて二階に上がり、一緒にお屠蘇とお節で新年を祝うことが出来た。
義父と私は五黄の寅!!!
私はそろそろ弱い寅になりつつあります。この数年で本当に体力が無くなりました。気力が無いから???

新しいデジカメをやっと買ったので(とは言え、今迄のものより安かった。型が古くなると値下げをするのだそうで、それでも遥かに優れた機能!!今迄の写真は甚だ損をした気がする)集合写真や孫の写真を沢山撮った。

夕方寒くならないうちに息子一家を皆でぞろぞろと送って行った。
今度、今度、と言いつつ昨年夏の転居後初めてマンションを見てきた。

窓からの眺めも素晴らしく;

DSCF0031-2_convert_20100103212914.jpg


DSCF0038-2_convert_20100103213057.jpg



楽器が無ければこういう生活も良いなぁ・・・と思ったことでした。

後はひたすら、娘と私は年賀状を書きました。
撮った集合写真も取り込んで新しい賀状も作ったので。

今更なのですが、私は「宛名だけは毛筆で(筆ペンですが…)」とのこだわりが捨てきれず(最初の数通はうっかりボールペンで書いて投函してしまった!)。
時代も時代、そろそろパソコンで・・・と毎年思うのだが、やはりせめて年一回の挨拶くらい相手の住所と名前だけは、と思ってしまう。


1月2日、3日
もう記憶が薄れてしまった。
娘がやって来て、介護に追われる夫の代理で年賀状の宛名書き。夫の分と義父の分。
義父宛には千通から来る。最近は減った様だがそれでもハンパではない量。
段々役割がずれて、私ら夫婦宛の返信を娘が書いて、義父宛の返信を私が書くなど、頭の中の記憶が「???」。一応チェック印は付けているものの、今年は混乱している。
導尿のバルーンの世話は専ら娘。いくらバイト料を弾んでも、心から助かった三箇日だった。
最長の3泊という外泊許可を終え、義父は夫の車で3日夕刻病院に戻って行った。


1月5日
一日早い私達夫婦の結婚記念日。又同じメンバーにて鍋をつついた。
6日から夫は演奏旅行に出てしまうので(7~17日迄全国を廻る)。
"Strauss Festival Orchester WIEN" (夫は、30年位前だろうか?創設当時からのメンバー)

SCAN0731_convert_20100110083915.jpg

SCAN0733_convert_20100110173008_convert_20100110173203.jpg

(クリックでも判読可能かどうか・・・)



以降は思い出せない。
いや、無理矢理思い出してブログに書くこともなかろう。。。

あ、年末に剥がれかけた爪を、最低限を残して切った。でないと絆創膏で留めてあってもズルズルと動いて何をするにも不快極まりなく。

100107_convert_20100107213300.jpg


100107-4_convert_20100107215250.jpg




今年も宜しくお願い致します。・・・あ、これは元日に書いたのだった。
いや、何度書いても構わない。
色々な方々のお蔭で新年の1月も3分の1近くを過ぎました。有難うございます。
関連記事

本年も宜しくお願い致します - 2010.01.01 Fri

2010年を迎えました。
本年もどうぞ宜しくご厚情のほどお願い申し上げます。

新年のBGMはこちらからもお聴きになれます。



2010ブログ用賀状jpg_convert_20091231225056




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する